ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

今日の気になるアメコミ映画ニュース。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のジェームズ・ガン監督が
シリーズ第3弾にも続投すると発表しました。
続投することはともかく、第3弾が製作されることが決まってることに驚きです。
同シリーズはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属しますが、
MCUは13作目『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』からフェーズ3に突入し、
2019年公開の22作目『アベンジャーズ』第4弾でフェーズ3は完結しますが、
それ以降の予定が明言されたのは初めてじゃないかな?
(あ、『スパイダーマン/ホームカミング2』が初めてか。)
おそらくフェーズ4ということになるのでしょうが、公開は早くても2020年。
まだまだ先の話すぎて現実味がありません。

正直、僅か3年で計10作も公開される予定のフェーズ3も、
本当に予定通りに行くのかかなり疑わしいと思っています。
ジェームズ・ガン監督は同シリーズの人気キャラである
ロケットとグルートをスピンオフさせたい意向もあるみたいです。
どんどん先のことを決めるのはいいが、目の前の予定を確実に熟すのも大事。
今は敵なしのMCUだっていつまでも人気が続くとは思えないし…。
2028年まで構想はあるらしく、1作目『アイアンマン』が2008年でしたが、
20年も人気が続くなんてちょっと考えられませんね。
私は続く限り付き合うつもりでいるけど…。

ということで、今日は20年続いた映画シリーズの感想です。

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)
名探偵コナン 2017

2017年4月15日公開。
続きを読む

パージ:大統領令

今日の気になる映画ニュース。

『スター・ウォーズ』エピソード9にレイア姫が登場しないことで確定したようです。
エピソード8撮影後にレイア姫を演じるキャリー・フィッシャーさんが急逝し、
エピソード9はどうなるのかと話題になっていましたが、
遺族(弟)が彼女の映像を使う許可を発表したことで、
エピソード9にも出演すると見られていましたが、ルーカスフィルムの社長曰く、
彼女が亡くなった時点で、出演は考えてなかったみたいです。
(遺族はギャラが入らなくてガッカリ?)
まぁ普通に考えたら、故人を出演させるなんて発想自体が奇妙です。
『ローグ・ワン』でもCGでレイア姫が若い頃の姿で少しだけ登場しましたが、
今のご時世、CG技術で可能になってしまうことから生まれた降板騒動で、
なんか凄い時代だなと思ってしまいますね。

個人的にはキャラとキャストはある程度分けて考えるべきだと思います。
長期シリーズものだとキャストが亡くなることもあるし、
契約が切れるなど諸事情で降板することだってありますが、
それでキャストと同時にキャラもシリーズから姿を消すのは違う気がします。
なるべく同一キャストの方がいいけど、無理ならキャスト交代でいいです。
ハン・ソロもスピンオフしますが、若手キャストに交代するわけだし、
レイア姫だけそんなに拘ることもない気がするんだけど…。
エピソード7の時もレイア姫の劣化を嘆く声も多かったのに、
いざ降板云々となるとこんなに騒がれるなんて…。

今日も映画の感想です。

パージ:大統領令
The Purge Election Year

2017年4月14日日本公開。
続きを読む

グレートウォール

一年二カ月ぶりに3D映画を観る破目になりました。
私は映画を3Dで観ることに割増料金に値する価値はないと思っているので、
必ず2D版を選択することにしているのですが、たまに2D版がない作品が…。
今日感想を書く映画もそうで、梅田、なんば、伊丹、西宮、
近隣全てのTOHOシネマズで3D版、或はMX4D版での上映しかやっておらず…。
たまたま公開日が割引のあるTOHOシネマズ・デイだったので、
3D割り増し分を多少相殺できたため、観に行く決心をしましたが、
そうでもなかったらビデオリリースまで待ってたと思います。
ちゃんと客のニーズを汲んで2D版も上映してくれと思いますが、
おそらく本作は客入りが見込めないため単価をあげようとしたのでしょう。
つまりはその程度の出来の作品だということです。
間違っても割り増しがボッタクリなMX4D版で観てはいけません。
いや、2D版でも観る価値があるかどうか微妙です。

ということで、今日はマット・デイモン主演の3D映画の感想です。
そういえば一年二カ月前に観た3D映画もマット・デイモン主演だったな…。

グレートウォール
The Great Wall

2017年4月14日日本公開。
続きを読む

ハードコア

昨日の気になるアメコミ映画ニュース。

アメコミ映画『ヴェノム』の全米公開日が来年10月5日に決まったそうな。
この報を聞いた時には「え、製作してたの?」と驚いてしまいました。
2007年に公開されたサム・サイミ監督の『スパイダーマン3』に登場したヴィラン
ヴェノムを主人公にしたスピンオフ映画ですが、
サム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズは4作目の製作が中止され、
リブートとなる『アメイジング・スパイダーマン』シリーズが開始されており、
その時点で旧シリーズのスピンオフ企画も当然中止されたものと…。
『アメスパ』もスパイダーマンの『アベンジャーズ』(MCU)合流が決まり、
完結を見ぬまま2作目で打ち切られてしまって、再リブートであり
MCU16作目となる『スパイダーマン/ホームカミング』が今年公開になるけど、
『ベノム』がどんな立ち位置の作品になるのかが気になります。
まさか今更サム・ライミ版シリーズのスピンオフではないと思いますが、
再リブート・シリーズ、つまりMCUの中に組み込まれるのかどうか、
それとも完全なスタンドアロンとなり再リブートとも絡まないのか。
もしMCUになるなら、MCU20作目となり、MCU初のヴィラン主人公の誕生です。
まさか『アメスパ』の中止されたヴィラン・スピンオフ『シニスター・シックス』も
企画はまだ生きているんじゃ…。
ヴィランチーム「シニスター・シックス」のひとりとなる予定だったヴァルチャーが
『スパイダーマン/ホームカミング』のメイン・ヴィランとして登場するし、
「シニスター・シックス」にはヴェノムも加わるという噂もあったし…。
今後もマーベル系アメコミ映画の動向には目が離せません。

今日も映画の感想です。

ハードコア
Hardcore Henry

2017年4月1日日本公開。
続きを読む

LION/ライオン 25年目のただいま

今日の気になる映画ニュース。

なんでもアカデミー賞の長編アニメーション部門の選考ルールが改定され、
候補選びの段階から全アカデミー会員が投票できるようになったそうです。
今まではアニメーション映画関係者を中心に候補5本を選んでたみたいですが、
全会員が選ぶので公開規模が物を言うようになりそうで、
目に付きやすいハリウッド・メジャー作品が有利となり、
小規模公開になる日本のアニメ映画も不利になることが懸念されています。
確かにあり得る話で、日本アニメ映画界にとっては残念なことですが、
アカデミー賞はアメリカの映画賞だし、そこに割り込む必要はないとも思います。
どうせオスカーを受賞するのはメジャー作品に決まってるんだし。
2002年に『千と千尋の神隠し』が受賞したけど、
あの頃はハリウッドのCGI技術もまだまだだったから勝てただけだしね。

ただ、日本映画が候補入りするチャンスが減ってしまうと、
日本人のアカデミー賞への関心も低くなりかねず、
それはハリウッドにとっても日本にとってもあまりいい事ではないかな。
もう長編アニメーション部門の対象は完全にハリウッド作品だけにして、
外国語アニメーション部門でも新設してくれたらいいのに…。

ということで、今日はアカデミー賞作品賞候補作の感想です。
作品賞はもともと全会員によって候補が選ばれますが、
興収1600万ドル程度のマイナー作品だった本作が選ばれるんだから、
意外と長編アニメーション部門も公開規模に左右されないかも。
公開規模より公開時期(年末有利)が重要かも。

LION/ライオン 25年目のただいま
Lion.jpg

2017年4月7日日本公開。
続きを読む

FC2Ad