ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ひるね姫 -知らないワタシの物語-

今日はプレミアムフライデーですね。
政府と経済界が勝手に毎月末金曜日をプレミアムフライデーに定め、
国民に普段よりもプレミアムな生活をしろと言って、
午後三時に仕事を終えることを推奨しています。
でも私の職場はそんなことお構いなしで、普段通りに仕事させられます。
いや、むしろ月末なので普段よりもちょっと忙しいくらいですが、
月末に忙しくなる職場って多いと思うけど、なぜわざわざ月末に定めたのか。
特に今日なんて、月末どころか年度末ですよ。
やっぱり政治家とか経済界のトップのようなセレブリティな連中は、
一般労働者とか現場のことなんて全く理解してないんでしょうね。

そんなわけで私にはプレミアムフライデーなんて縁がない、
と思ってましたが、どうやらMOVIXなど松竹系シネコンでは、
プレミアムフライデーの午後三時から映画が1100円になるそうで、
映画ファンとして安い期間が増えることは有難いことです。
でも現在、近所のMOVIXでは観たい映画が上映されておらず…。
今日公開の『ムーンライト』か『ジャッキー』でも上映されていたらよかったのに。
残念ながら今回のプレミアムフライデーは活かせそうにありませんが、
MOVIX以外のシネコンもこのサービスを導入してくれたらいいのに…。
そんなことをしたらシネコン従業員がプレミアムな生活できないけどね。
うーん、やっぱり矛盾をはらんだ制度ですね…。

今日も映画の感想です。

ひるね姫 -知らないワタシの物語-
ひるね姫 知らないワタシの物語

2017年3月18日公開。
続きを読む

SING シング

先日『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』を
なりゆきで鑑賞しましたが、久々の実写邦画だったけど、わりとよかったです。
副題で壮絶にネタバレしていなければ更によかった気もしますが、
その副題に興味をそそられて観たのも事実なので難しいところです。
ただ「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃった」のは事実でしょうが、
「ホントの話」と言うには脚色されすぎているような気もしますね。
おそらく全米制覇という結果以外は全てフィクションじゃないかな?
女子高生のチアダンスもそれほど素晴らしかったとも思えなかったし、
これで全米制覇できるとしたら、かなりレベルが低い大会なんですね。
アメリカはチアリーディングの本場だからチアダンスはマイナー競技なのかも?
以上、邦画のプチ感想でした。

ということで、今日も洋画の長文感想です。

SING シング
Sing.jpg

2017年3月17日日本公開。
続きを読む

モアナと伝説の海

1966年から続いくテレ朝の映画枠『日曜洋画劇場』が終了したそうな。
2013年から不定期放送になったので、近々こうなるとは思っていたが、
日本人の洋画離れを象徴する出来事のようで、
洋画ファンとしては残念というか、危機感を覚えてしまいます。
まぁ洋画ファンはビデオレンタルやNetflixを利用すればいいだけですが、
無料で気軽に洋画を見られる機会が減り新規ファン獲得が難しくなったかも。
まぁ最近の『日曜洋画劇場』は邦画ばかり放送している印象だったので、
終了するまでもなく有名無実化してましたけどね。
『金曜洋画劇場』としての最後の放送も『相棒』の劇場版になりそうだし、
どうせ今後もテレ朝製作の邦画はこの枠で流すでしょう。

一方、フジテレビの一応映画枠『土曜プレミアム』では
『アナと雪の女王』を地上波初放送し、平均19.7%の高視聴率を記録しました。
本編はノーカットだったけど、エンディングで番宣まがいの演出をしたため、
かなり叩かれているみたいで、せっかくの高視聴率も喜べない状況です。
結局、日本のテレビ局風情に取り扱うのは荷が重いのでしょう。

今日も映画の感想です。

モアナと伝説の海
Moana.jpg

2017年3月10日日本公開。
続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

最近の気になる映画ニュース。

本家アカデミー賞に続き、先週、日本アカデミー賞も発表されました。
そもそも全く価値を認めていない映画賞ではありますが、
最優秀作品賞を含め『シン・ゴジラ』が7冠を達成したようで、
賛否両論ある作品で私は圧倒的"否"側の人間だったため、
またしても全く共感できない結果になってしまいました。
昨年は日本映画をあまり観れてなくて、ノミネート作(優秀作品賞受賞作)も
『シン・ゴジラ』と『怒り』しか観てないが、それでも『怒り』が圧勝な気が…。
ただ『シン・ゴジラ』は昨年最もヒットした実写日本映画なので、
それが最優秀に選ばれるのはある意味順当なことな気もします。
候補作中最もマイナーな作品が選ばれた本家アカデミー賞より納得かも。
ただ最優秀長編アニメーション賞は昨年最もヒットした『君の名は。』ではなく、
『この世界の片隅に』が受賞しており、ちょっと意外だったかも。
でも『君の名は。』はアニメで初の最優秀脚本賞を受賞していて、
こちらの方が快挙と言えるかもしれません。
まぁ所詮は無価値な映画賞での快挙なので無価値ですが。

ということで、今日は今年初めての日本映画の感想です。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
ドラえもん2017

2017年3月4日公開。
続きを読む

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突

今日の気になるニュース。

昨日、NASAが39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する
七つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
そのうち三つか四つはハビタブル惑星だそうです。
ハビタブル惑星とは生命居住可能領域「ハビタブルゾーン」に存在する惑星で、
地球と似た条件なため地球外生命体がいる可能性があるそうです。
ハビタブル惑星は今までも発見されているが、一気に複数発見は異例で、
発見された数だけ地球外生命体の存在する可能性も増えるわけです。
とても夢のある話ですが、ちょっと遠すぎる惑星の話で、
我々が生きているうちに生命体の有無が確認されることはなさそうです。
結論を知ることが出来ない可能性を提示されるのはある意味生殺しで、
モヤモヤするのでその可能性を知りたくなかったような気も…。
こういうネタからインスパイアされて製作されるSF映画もありそうです。

ということで、今日は宇宙がテーマの映画の感想です。

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突
Ice Age Collision Course

2017年3月3日ビデオリリース
続きを読む

FC2Ad