ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

モンスタートラック

今日の気になる映画ニュース。

『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した
アブデラティフ・ケシシュ監督がパルムドールのトロフィーを
オークションにかけると発表したそうです。
栄誉ある世界三大映画祭の最高賞のトロフィーを売り捌くなんて驚きですが、
たしかに彼のトロフィーに限ってはそれほど栄誉はないかもしれません。
彼が受賞した第66回大会では、審査員長だったスピルバーグ御大が
本来監督にのみ贈られるパルムドールを、主演女優2人に贈りたいと言い出し、
御大には誰も逆らえず、主演女優2人と監督が受賞する異例の事態に。
その年のパルムドールが3本あるというだけでも価値は薄まるが、
この経緯から主演2人の体当たり演技に対しての受賞なのは間違いなく、
監督はお情けで受け取っただけなのは、誰の目にも明らか。
後に監督は主演2人からも撮影手法を批判され不仲が囁かれますが、
そんな憎き相手のオマケで貰ったパルムドールなんて屈辱しかないでしょう。
売却理由を「新作の資金難で仕方なく…」と言ってるみたいですが、
こんなもの、手元に置いておきたくないという気持ちもあるんじゃないかな?

そもそもパルムドール自体に価値があるかも微妙なところで、
受賞監督でも新作が満足に取れないほど資金が集まらないわけで…。
まぁパルムドール作品は、『アデル』含め面白いと思ったことがほとんどないが、
芸術性だけで集客できない作品が多いですからね。
金にならない映画、及び監督に出資してくれる人は少ないでしょう。
ひとつ言えるのはケシシュ監督は二度とカンヌからお呼びは掛からないし、
受賞させ甲斐がないので、他の映画賞からも無視されるでしょう。
スピルバーグ御大から頂いたパルムドールを蔑ろにしたら、
映画界も御大を忖度して、彼は干されてしまうかもしれませんね。
パルムドール売却した金で作った新作が誰もが認める素晴らしい作品なら
また話は違うでしょうが、彼の動向には暫く注目です。

今日も映画の感想です。

モンスタートラック
Monster Trucks

2017年6月7日リリース。
続きを読む

20センチュリー・ウーマン

今日感想を書く映画で、今年劇場鑑賞した映画50本目になります。
鑑賞作品をかなり絞っているつもりでしたが、昨年とほぼ同じペースなので、
年間鑑賞本数も昨年同様130本前後になりそうです。

最近の気になる映画ニュース。

アメリカでは『ワンダーウーマン』が特大ヒットを飛ばしているみたいで、
オープニング成績だけで1億ドルを越えてしまったとか…。
まぁ腐ってもアメコミ映画だし、全米オープニング1位は予想してたけど、
ここまでの特大ヒットになるとは予想外でした。
これまで女性主人公のアメコミ映画もいくつかありましたが、
2004年の『キャットウーマン』の全米総興収4000万ドルが最高の成績でした。
やっぱりアメコミは男の子の文化で、女性キャラはウケないんだな、
と思っていたのですが、『ワンダーウーマン』は総興収3億狙えるスタートで、
どうやら『キャットウーマン』当時とは事情が違うみたいです。
たしかに『スターウォーズ』も二作連続女性主人公で成功してるし、
アメコミドラマでも『スーパーガール』が人気ですからね。
固定客の男性客に加え、女性主人公で女性客を取り込めたのが勝因か?
この流れで女性主人公アメコミ映画が増えそうな気がしますが、
男である私個人としてはアメコミ映画が女性向けに傾くことは歓迎できません。
フェミニスト映画ほど面白くないものはないので。

ということで、今日はフェミニスト映画の感想です。
このところずっと佳作が続いてたのに…。

20センチュリー・ウーマン
20th Century Women

2017年6月3日日本公開。
続きを読む

ゴールド 金塊の行方

一昨日からDVDレンタル開始された海外ドラマ
『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン2を見始めたのですが、
まだ5話までしか見てないけど、あまり面白くない気がして、
最後まで見るべきか打ち切るべきか悩んでいます。
私は勘が悪く、今のところ今後面白くなりそうな気配も感じないけど、
そうやって打ち切った作品に限って大評判になるんですよね。
シーズン3も決定しているみたいだし、やっぱり面白くなるのかも?
大好きな本家『ウォーキング・デッド』と比較しちゃうのがダメなんだろうな。
とりあえず前半7話まで見てから打ち切るかどうか考えよう。

今日も映画の感想です。

ゴールド 金塊の行方
Gold.jpg

2017年6月1日日本公開。
続きを読む

LOGAN:ローガン

ソニー(コロムビア)製作のアメコミ映画『ヴェノム』ですが、
『スパイダーマン/ホームカミング』とは繋がらないみたいで、
すなわち一大クロスオーバー『アベンジャーズ』シリーズこと
マーベル・シネマティック・ユニバースとも繋がらないわけです。
ソニー製作の『スパイダーマン/ホームカミング』が
ディズニー主導のMCUとシェアード・ユニバースになったのは、
映画会社の垣根を越えた奇跡的な出来事で嬉しかったのに、
ソニーは『ヴェノム』から独自のマーベル・ユニバースを構築するそうで、
また垣根を作るわけで、一歩後退してしまった印象で残念です。
(ソニー版マーベル・ユニバースの二作目は『シルバー&ブラック』らしい。)
原作では宇宙生物シンビオートであるヴェノムは
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とも関係浅からぬキャラなので、
スターロードたちとの共演もあるかと期待してたのに…。
なんでも『スパイダーマン/ホームカミング』もMCUなのは二作目までらしく、
三作目でソニー版マーベル・ユニバースに合流するとは考え難く、
その二作で終了し、またリブートしてソニー版に加わるのでしょうね。
ソニーは過去に『スパイダーマン4』も『アメイジング・スパイダーマン3』も
製作すると言いながら実現させてない結構いい加減な会社なので、
今後どう転ぶかは予想できません。
いい風に転がってくれたらいいのですが…。

ということで、今日は20世紀フォックス版マーベル・ユニバースこと、
『X-MEN』シリーズ最新作の感想です。

LOGAN:ローガン
Logan.jpg

2017年6月1日日本公開。
続きを読む

クレイジー・パーティー/ダゲレオタイプの女/メン・イン・キャット

タカラトミーの「メタルフィギュアコレクション」略して「メタコレ」。
手のひらサイズの可動フィギュアなのですが、つい大人買いしてしまいました。
「メタコレ」のMARVELシリーズのひとつ「デッドプール」がカッコ良すぎて、
ひとつ買ってしまったら最後、コレクション魂に火が付き、
MARVELシリーズ全種(ロゴ以外)買い漁ってしまいました…。
ついでにMARVELシリーズではなく、Disneyシリーズから出ていた
「ベイマックス」と「ベイマックス2.0」も元はMARVELキャラなので購入。
一体1000円前後なので、他のアメコミフィギュアに比べたら安いものですが、
総額1万5000円くらい使ってしまったかも…。
私は貧乏なくせに収集癖があると自覚してるので、
こういうものは買わないようにしてたのですが、もう後戻りできない。
来月中旬にも5体発売されるみたいで、全部買ってしまうんだろうな…。
MINIONシリーズやSTAR WARSシリーズも気になるが、手を出しちゃダメだ。

今日はDVDで観賞した映画の感想3本です。

クレイジー・パーティー/ダゲレオタイプの女/メン・イン・キャット
Office Christmas Party The Woman in the Silver Plate Nine Lives
続きを読む

FC2Ad