ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

スパイダーマン/ホームカミング

最近の気になるアメコミ映画ニュース。

アメコミ映画『ヘルボーイ』のリブート版で、女優ミラ・ジョボビッチが
メインヴィランのブラッド・クイーンを演じることになったそうです。
今年11月に日本公開される『マイティ・ソー/バトルロイヤル』でも、
メインヴィランが女優ケイト・ブランシェット演じるヘラになりますが、
女性キャラがメインヴィランになるのはマーベル映画で初らしいです。
男子の嗜みであるアメコミ映画にも男女同権の波が押し寄せてるわけですが、
『ワンダーウーマン』の大ヒットで女性ヒーローでも成功できる前例は出来たが、
女性ヴィランというのはちょっとどうなんだろうと思うところがあります。
例えヴィランでも男のヒーローが女性をぶん殴るなんてシーンは見たくないし、
でもヴィランはぶん殴ってこそ爽快感もあるというもので、
女性ヴィランは扱いが難しいと思うんですよね。
女性ヒーローの相手として女性ヴィランが登場する分には構わないけど…。

ということで、今日はアメコミ映画の感想です。

スパイダーマン/ホームカミング
Spider Man Homecoming

2017年8月11日日本公開。
続きを読む

ウィッチ

今日、ランチを食べに行ったら、今日からお盆メニューに変わっていて、
平日ランチセットがなく、結局いつもの1.5倍の料金を払うことになってしまった。
私はお盆休みもないのでお盆のことなんてすっかり忘れてたけど、
世間はそろそろお盆なんですね。
明日から期待の映画『スパイダーマン/ホームカミング』が公開なので、
さっき座席予約したら、金曜日のわりにけっこう席が埋まってて、
何事かと思ったら、なんか明日は「山の日」とかいう祝日らしいですね。
今年から新しく導入された祝日らしいですが、カレンダー通りに働いておらず、
もちろん普通に出勤なので、そんな新祝日が増えていたとは驚きました。
世間は明日から土日を含めて3連休、お盆も含めたら5連休になるのか。
うーむ、羨ましいな…。

今日も映画の感想です。

ウィッチ
The Witch A New-England Folktale

2017年7月22日日本公開。
続きを読む

君の名は。

『怪盗グルーのミニオン大脱出』が週末興収ランキングで三週連続一位。
最終興収も50億円超えは確実ではないかと思われます。
やっぱり日本のミニオン人気は凄いですね。
一方気になるのは、先週5位となった実写版『ジョジョの奇妙な冒険』。
私は原作のファンだけど、三池崇史監督だから観る気はなかったが、
期待はしてないかったけど、まさかの5位スタートとは予想外の滑り出し。
三池監督に漫画やアニメを実写化させたらロクなことにはならないことが
やっと世間でも浸透してきたのかな?
<第一章>と銘打たれ、シリーズ化するつもりだったようだけど、
こんな低調な滑り出しでは先行きは暗いですね。
原作でも特に人気の第四部の実写化ですが、今回はほんの序盤だけで、
このペースだと第四部描き切るには全六章は必要な気がします。
でもきっと<第二章>で終わるんだろうな。
いや、三池監督がヘソ曲げて今回で打ち切りかもね。
ヒットの見込みがなければ東宝も早めに打ち切りたいだろうしね。
これに懲りて二度と三池監督なんて起用しないように。

今日は昨年の映画の感想です。

君の名は。
君の名は。

2016年8月26日公開。
続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王

最近の気になるアメコミ映画ニュース。

20世紀フォックスが『ドクター・ドゥーム』を映画化するらしいです。
昨年『ファンタスティック・フォー(FF)』のリブートに大失敗したので、
もう『FF』関連作は諦め、『X-MEN』シリーズに専念すると思ったけど、
まさかFFのライバルであるドクター・ドゥームを祭り上げるとは意外でした。
リブート版『FF』のヴィランとしても登場していましたが、
まさかその失敗作からのスピンオフということはないでしょうね。
どんな内容になるか予想できなさ過ぎて心配になりますが、
次も失敗したら本当に『FF』は終わりなので、なんとか頑張ってほしいです。

今日も映画の感想です。

トランスフォーマー/最後の騎士王
Transformers The Last Knight

2017年8月4日日本公開。
続きを読む

ビニー/信じる男

今日の気になるアメコミ映画ニュース。

ワーナーが『ワンダーウーマン』でオスカー作品賞ノミネートを狙っているとか。
ロビー活動で猛プッシュするみたいですが、さすがに無理じゃないかな。
実現したらアメコミ映画初の快挙になるらしいけど、
あの『ダークナイト』ですら助演男優賞が限界だったわけで…。
(しかも候補者の死でお情けのノミネート、受賞のようなものだったし。)
まぁ昨今のハリウッドは性差別(女優軽視)が問題視されているので、
『ワンダーウーマン』は珍しい女性主演のアメコミ映画ということで、
(偽善的)意識高い系アカデミー会員から指示を集めて、
もしかしたらノミネートくらいはされるかもしれませんね。
どのみちオスカー受賞は不可能だと思いますが…。
それにしてもアメコミ映画がオスカーを狙おうという根性が気に入らないな。
業界人が政治的に決めるアカデミー賞なんて相手にせず、
客を満足させる娯楽を追及してこそのジャンル映画だと思うのですが。
アメコミ映画をオスカー狙いで作り始めたらブームは終焉するだろうな。

今日も映画の感想です。

ビニー/信じる男
Bleed for This

2017年7月21日日本公開。
続きを読む

FC2Ad