ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ゴースト・イン・ザ・シェル

今日の気になる映画ニュース。

現地時間の昨日、『君の名は。』の北米公開が始まったみたいです。
オスカー候補の条件を得るために、昨年末に公開されたと思っていたけど、
一般公開されるのは昨日からだったみたいです。
上映館数は303館らしくて、これは予想以上の公開規模でした。
まぁハリウッドのメジャー作品はその10倍以上の公開規模ですが、
『シン・ゴジラ』の北米公開時の10倍以上だし、ジブリ映画並みなので、
注目度は思った以上に高いみたいです。
更に嬉しいことに、かなり高評価を受けているみたいで、
某有名批評サイトでの映画批評家の支持率が97%なんだとか。
これはオスカー作品『ムーンライト』と同等の支持率になります。
まぁ私は『ムーンライト』の支持率を不当に高すぎると思っているので、
比較対象としては微妙かもしれませんが…。
日本同様北米でも『Your Name』旋風が吹き荒れる、
というのは期待しすぎだけど、なるべく頑張ってもらいたいです。
世界興収も365億円を越えてるみたいなので、目指せ400億円ですね。

ということで、今日は日本のアニメが原作のハリウッド映画の感想です。
某有名批評サイトの支持率は46%…。

ゴースト・イン・ザ・シェル
Ghost in the Shell

2017年4月7日日本公開。
続きを読む

ムーンライト

今日の気になる海外ニュース。

人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のダニエル役ダニエル・ニューマンが、
同性愛者であることをカミングアウトしたようです。
シーズン6から出演している彼ですが、私もシーズン6まで見てるけど、
ダニエルがどんなキャラだったかはちょっと覚えてませんが…。
カミングアウトするのは勇気がいることだとは思いますが、
あまりメリットを感じないというか、個人的にはやめてほしいかも。
彼自身、関係者から「カミングアウトするべきじゃない。」
「ゲイが主役のヒーロー作品なんてない、俳優のキャリアが終わるぞ」
と言われたそうですが、その関係者の助言は適切だと思います。
男性客が女性主人公に感情移入し難くいのと同様に、
異性愛者はゲイの主人公に感情移入しにくいのは当然のことです。
俳優は人気商売なんだからマジョリティに迎合する方が得に違いない。
ゲイ俳優が異性愛者を演じていても嘘くさく感じてシラケてしまうけど、
何故か逆に異性愛者の俳優がゲイ役を演じると高く評価されるので、
ゲイ俳優はゲイであることを隠してゲイ役を演じたら、
リアルな演技でめちゃめちゃ評価されてキャリアアップできるかも。

ということで、今日はゲイ映画の感想です。

ムーンライト
Moonlight.jpg

2017年3月31日日本公開。
続きを読む

ジャッキー ファーストレディ最後の使命

今日の気になる映画ニュース。

シルベスター・スタローンが『エクスペンダブルズ』シリーズから降板するとか。
どうもプロデューサーと意見が合わなかったみたいですが、
同シリーズはスタローンが立ち上げたものだし、彼の物だと思ってたので、
ブルース・ウィリスのように、彼と衝突したら相手が去るしかなさそうだけど、
やっぱりプロデューサーって偉い人なんですね。
私としてはジェイソン・ステイサムがいる限り同シリーズは見続けるので、
これでシリーズ終了なんて事態は避けてほしいと思います。
いっそシュワちゃんにも卒業してもらって、若返りをはかればいいです。
まぁ新旧アクションスター総主演が売りのシリーズなので、
若返りなんてはかったら人気急落するかもしれないけど…。

今日も映画の感想です。

ジャッキー ファーストレディ最後の使命
Jackie.jpg

2017年3月31日日本公開。
続きを読む

フィフス・ウェイブ/トリプル9/きみがくれた物語

最近の気になる映画ニュース。

『トータル・リコール』の脚本家ゲイリー・ゴールドマンが
ディズニー長編アニメーション55作目『ズートピア』を著作権侵害で訴えたとか。
なんでも彼が2000年にディズニーの重役に対して提案した映画企画の
盗作だと主張しているみたいです。
それに対してディズニーは真っ向から否定しており、
「ヒット作を自分の手柄にしようとする無節操な試みだ」と批判しました。
そんな密室での提案を証明するのは難しいし、眉唾くさい気もしますが、
ディズニーにはパクリの前科があるから、絶対嘘だとも言い切れないかな。
有名なところでは『ライオン・キング』は『ジャングル大帝』のパクリだし、
『アトランティス』は『ふしぎの海のナディア』のパクリだし、
『オリビアちゃんの大冒険』の一部は『ルパン三世 カリオストロの城』のパクリ。
しかしディズニーはパクリを一切認めてませんからね。

そもそもディズニーは童話や伝説、神話などをアレンジしたものが多いけど、
パブリック・ドメインだからパクリだと訴えられないだけで、
アレンジ力は認めるが、ゼロから創造する力はあまりないのかもしれません。
だから札束で横っ面を叩いてピクサーやマーベル、ルーカス・フィルムを買収し、
「ヒット作を自分の手柄にしようとする無節操な試み」を行うのでしょう。
ただひとつ確かなのは、『ズートピア』はパクるほどの映画ではない。

今日はビデオ鑑賞した映画の感想です。

フィフス・ウェイブ/トリプル9 裏切りのコード/きみがくれた物語
The 5th Wave Triple 9 The Choice
続きを読む

キングコング/髑髏島の巨神

昨日の気になる映画ニュース。

11月公開が決まったアニメ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』ですが、
ちょっと懸念を感じずにはいられない状況になっています。
そもそもアニメという時点で懸念というか違和感はありましたが、
個人的に微妙だった庵野秀明の『シン・ゴジラ』の続編製作よりはマシかと
ある程度好意的に思うように心掛けていました。
『シン・ゴジラ』は日本ではヒットしたけど世界からは全く相手にされてないし、
ジャパニメーションとしてなら世界でも勝負できるかもと期待もしました。

しかし「三部作になる」なんて聞いてませんよ…。
『ゴジラ』初の三部作ですが、『モスラ』や『ガメラ』の三部作のように、
一作で完結する物語が3本作られるわけではなく、
ひとつの物語を3つに分けただけの3部作であることは想像に難くないです。
その物語が分割せざるを得ないような内容の濃い長編であるならまだしも、
東宝はヒットが見込める作品はすぐ分割し、2倍、3倍稼ごうとするため、
『GODZILLA -怪獣惑星-』にも白羽の矢が立ってしまったのでしょう。
(アニメ業界も三部作商法が大好きですね。)
もしかすると60分程度の中編が3本になる可能性もありますね。

端から前後編や三部作を謳う作品はライトな層から敬遠されるので、
三部作映画がヒットするのは極めて難しく、これも例に漏れなさそう。
第一部にはそこそこ客は入るかもしれないが、そこで見限られるでしょう。
なにしろ脚本が『まどマギ』の虚淵玄なので楽しい物語になるはずはなく、
鬱屈した後味の悪い展開になるのは想像に難くないです。
それどころか観客を置いてけぼりにするカオスな超展開も予想されます。
『エヴァンゲリオン』ファンを中心に絶賛される『シン・ゴジラ』同様、
『まどマギ』ファンからは好意的に迎えられるかもしれないけど、
怪獣映画ファンからは総スカンくらいそうな気がしますね。
いや、アニメファンと怪獣映画ファンって意外と親和性高いから大丈夫かな?
まぁヒットするのに必要なライトな一般客の動員は絶望的ですけどね。

ということで、今日はゴジラ関連作の感想です。

キングコング/髑髏島の巨神
Kong Skull Island

2017年3月25日日本公開。
続きを読む

FC2Ad