ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

マダガスカル2

ここ最近ずっと映画の感想ばかり書いてきましたが、今日でひとまず終わり。
先週は『ダウト』から『ドラえもん』まで、節操なく映画漬けの1週間でしたが、
映画の感想は観てから暫く寝かせて書くと評論くさくなって嫌なので、
何を措いても優先して書いています。
逆に音楽の感想は、暫く聴き込まないと何も書けません。

マダガスカル2

2009年3月14日日本公開。
CGアニメ映画『マダガスカル』の続編。

マダガスカル島を出ることにしたライオンのアレックス、シマウマのマーティ、カバのグロリア、キリンのメルマンたちは飛行機で大空に飛び立つが、すぐに燃料が切れてしまう。不時着した場所は、何と広大な大地が広がるアフリカだった。そこには、自分たちと同じ種の動物たちがいて…。(シネマトゥデイより)

ボクは極度のピクサー贔屓なので、ドリームワークスのCGアニメに対しては
抵抗感があるというか、敵愾心があるというか…。
でも実際に観てみると、やっぱりドリームワークスも面白いんですよね。
ピクサーの方が圧倒的に絵が綺麗だし、ストーリーもとても健全なのですが、
ドリームワークスはクセのある絵で、ちょっとシニカルな内容。
ドリームワークスのアニメを観るとピクサーのアニメが子供っぽく感じてしまいます。

そのドリームワークスから、大ヒット作『カンフー・パンダ』の熱気も覚めやらぬ中、
続けて公開されたのが今作『マダガスカル2』です。
前作『マダガスカル』ではNYの動物園で育ったライオンとその仲間の草食獣たちが、
マダガスカル島に漂着し、そこで肉食獣としての本能と戦うことになるという、
単なる動物アニメとしてみると度肝を抜かれる衝撃的な話で面白かったのですが、
今作は舞台をマダガスカルからアフリカ・サバンナに移し、
今度は野生の掟と戦うことになるんですが、前作で続編を想定してなかったためか、
アフリカ大陸が舞台なのに『マダガスカル2』という変なタイトルに…。
原題は『Madagascar: Escape 2 Africa』なのでまだマシですけど…。
そもそもよく考えたら、NYから漂流してマダガスカルに漂着するのって、
地理的に変ですよね…。まぁそれは前作のことだからいいけど…。

今作は前作の衝撃から比べると、幾分ソフトな話です。
メインとなるライオンのアレックスの話は、本能よりもダンスが好きで
同じ種族の仲間から除け者扱いされる設定なんかは『ハッピーフィート』そのもの。
まぁ説教くさい『ハッピーフィート』に比べれば、今作は1000倍いいですけどね。
そこに加えてシマウマのマーティのアイデンティティーの問題や、
サルの労働問題、ニューヨーカーたちの身勝手さなどシニカルな話と、
カバのグロリア、キリンのメルマンのロマンスなど盛り沢山な内容を
面白おかしく、100分くらいに凝縮しています。
前作から比べてもかなり健全で子供向けになってるかも。
でも一点、人間のおばあちゃんをアレックスがぶん殴ったり、
ペンギンが車で轢いたりするところはちょっとブラックすぎると思いますね。
ある意味敵役だし、スーパーおばあちゃんではあるんですが…。

この作品はもちろん本国でもヒットしているんですが、内容が面白いからという他に、
アレックスにベン・ステイラーを起用するなど声優が豪華だというのもあります。
ドリームワークスのよくやる手です。
でもここは日本。
もう春休みだし、子供が中心のアニメを字幕でやっても仕方がない。
ボクの観に行った劇場も吹き替え版しかやってませんでした。
日本語吹き替えには玉木宏、柳沢慎吾、高島礼子、岡田義徳とタレントを起用。
ボクはアニメの声優にタレントを起用するのは、積極的に賛成はできませんが、
それは本職の中にタレントが混ざると浮くからであって、
ほぼ全員タレントなら全然問題ないですね。
むしろ実生活で声が浮いてるのは本職の方だし、当然といえば当然か。
今作もメインどころは全員タレントなので全然大丈夫です。
前作から引き続いての起用ということもあって、声の演技も小慣れたものです。
特にキツネザルの王様役のおぎやはぎ小木が最高。ハマり役すぎる!
メインテーマ曲「I Like To Move It」も小木が日本語でカヴァー(?)してますが、
原曲を越える出来で耳に残ります。「踊るの好き、好き♪」ってやつ。
他の人たちもけっこうハマってるし、もはや本来のキャストよりこっちの方が
『マダガスカル』観てるって感じがしますね。
それにしても予告編の日本語吹き替えは本職の声優がやってるようなんですが、
あれって何ででしょうね?違和感があります。

ジャングル、サバンナときて、次回作は南極が舞台かな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/99-adb13efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad