ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

俺たちサボテン・アミーゴ

今年8本書いた「未体験ゾーンの映画たち」の上映作の記事もこれが最後です。
イベント自体はまだ続いているのですが、もう観に行かないので…。
もう1~2本観るつもりだったのですが、DVDのリリースカレンダーを見て、
上映作の数本が近日リリースされることを知ってしまい、観に行く気力が失せました。
たぶん一番早い作品『グレイヴ・エンカウンターズ2』が3月2日にリリースされます。
(関西では1月25日に終映済みですが)関東では今週末に本公開開始ですが、
1カ月も待たずにDVDリリースなんて、あまりに早すぎで、劇場で観る意義が薄まります。
他の上映作も3月9日に『バーニーズ・バージョン』、4月3日に更に3本と、
続々リリース日が決まっているので、ボクが今後観るつもりだった作品も、
すぐにDVDリリースされるだろうから、わざわざ観に行かずともレンタルで十分です。
もともとビデオスルー救済企画みたいなものだから、DVDリリースありきだけど、
劇場公開するなら、せめて4カ月はDVDリリースしないでほしいです。

ということで、今日はたぶん最後の「未体験ゾーンの映画たち」作品の記事です。
もう公開終了しましたが、5月10日にはDVDリリースされます。

俺たちサボテン・アミーゴ
Casa De Mi Padre

2013年1月19日日本公開。
ウィル・フェレル主演のコメディ。

老後をゆっくり過ごすためにアルマンド(ウィル・フェレル)は父が経営するメキシコの牧場に身を寄せるが、実は牧場は莫大な借金を抱えていた。腕利きのビジネスマンである弟ラウール(ディエゴ・ルナ)は、この問題を解決するとアルマンドと約束する。しかし二人が麻薬王マイティ・オンサ(ガエル・ガルシア・ベルナル)と出会ったことにより、最悪の事態を招いてしまう……。(公式サイトより)



メキシコを舞台としたウェスタン・コメディである本作。
冒頭で「本作はスペイン語だからスペイン映画である」みたいな小ネタがあるけど、
全編スペイン語で撮られてますが、アメリカで製作されたハリウッド映画です。
全米初登場9位デビューで、この結果をどう見るかは微妙なところだけど、
極端に字幕(外国語映画)嫌いなアメリカ人を相手にしてこの結果ならば、
なかなか善戦した方ではないかと思います。
『俺たち○○』でお馴染みの人気コメディ俳優ウィル・フェレルが主演ですが、
本作のためにわざわざスペイン語を撮影前に1ヶ月間も特訓したんだそうですが、
たぶん英語の方が客は入っただろうし、その努力が報われたといえば…。
まぁ俳優としては幅も広がったし、それなりに意味はあったかな。

かなり低予算だから、それほどヒットしなくても儲けは出ますが、
それにしたってホントに低予算丸出しです。
街のシーンがミニチュアだったり、登場する動物が人形だったり、
モブキャラがマネキンだったりと、かなりチープな映像が散見されます。
しかし本物の馬も使っているのに、あえて偽物の馬を用意して撮ったりと、
逆に手間がかかるんじゃないかと思えるところもあり、
それらのチープな映像は笑いを誘うために意図的に使われていることは明白です。
白いヤマネコの人形なんて、外見はヌイグルミ丸出しですが、
動きは結構精密なアニマトロニクスだったと思います。
コヨーテとヤマネコの闘うシーンも「法的な問題で公開できない」という理由で
ナレーション処理されますが、これも明らかなウケ狙いですね。
本当はデジタルなのに、さも下手にフィルムチェンジしているようなシーンなど、
技術的にもわざわざ拙く見せる演出もありましたが、
逆にいろいろ客を楽しませる工夫がされているなと感心しました。
実際に低予算だから映像がチープなのは間違いないけど、
それを逆手に取った面白いし凝った演出で、何度も笑えました。

R指定コメディの割に下ネタも少なく、とても観易いです。
唯一の下ネタとも言えるケツを執拗に揉み拉く濡れ場は、ちょっと見苦しかったですが…。
ストーリーはテレノベラ(中米のメロドラマ)を強く意識した内容で、
ある女性をめぐり、麻薬王と対決する物語で、良くも悪くもベタベタですが、
テレノベラのパロディとしてはそこが魅力なのだと思われます。
一度死んだ主人公が伝説のヤマネコの力で復活するという、
普通ではあり得ない展開もありますが、その荒唐無稽さがまた笑えます。
(復活する時のサイケな回想シーンも面白かったですね。)

でも観ている時は楽しいけど、如何せん内容が薄っぺらいので、
観終わったらすぐに忘れそうな内容で、ボクも鑑賞して約一週間しか経ってませんが、
すでに物語の細部はオボロゲで、これ以上感想も書けそうにないです。
なのでいつもよりかなり短い感想ですが、今日はこの辺で終わります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/943-6002aaf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad