ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

少年メリケンサック

今年に入って、佐藤浩市をよく観ます。
まだ2月中旬なのに、もう出演映画が3本…。
全部、役柄が違うけど、どれもかっこいいなぁ…。
てことで、今日はその3本目の感想です。

少年メリケンサック

2009年2月14日公開。
宮藤官九郎の監督・脚本によるコメディ。

レコード会社との契約満了日が間近に迫っていたOLのカンナ(宮崎あおい)は、ネットで少年メリケンサックというパンクバンドのライブ映像を発見する。しかし、社長のゴーサインを得て契約に向かった彼女の前に現れたのは汚いオヤジたち。なんとその動画は25年前のもので…。(映画冊子より)

いやぁ~、宮崎あおいってすごく可愛かったんですね。
今まで何度か彼女の出演作品を見てきたはずだけど、気づかなかったなぁ。
むしろ男より女子から人気あるみたいですね。

それはともかく、本作はパンク・ロックというサブカル音楽を題材にした物語で、
同じくサブカル音楽のデスメタルを題材にした『デトロイト・メタル・シティ』の
二番煎じ的な作品なのかもと思いながらも観に行きました。
音楽ジャンルと演奏者とのギャップを笑いにした作品という意味では同じですが、
内容はやっぱり全然違いますね。まぁ当たり前ですけど。

ボクは宮藤官九郎の脚本作は好きでテレビドラマではよく見るのですが、
どうも映画になると面白くないような気がして…。
特に監督デビュー作だった『真夜中の弥次さん喜多さん』はガッカリさせられました。
すごくよくできた、小気味好い脚本を書く人だと思うけど、
なんでしょうね、1時間ドラマぐらいがちょうどいいのかも?
でもまぁやっぱり好きなものは好きなので、今作も2時間を越える作品ではありますが
かなり期待して観に行きました。
その結果、やっぱり映画になると面白くないかな…、と。

最初の方はめちゃめちゃ面白かったです。
主人公・カンナ演じる宮崎あおいもカワイイし、
カンナと社長(ユースケ・サンタマリア)との掛け合いも最高でした。
でも中年パンクバンド"少年メリケンサック"のメンバーが集まりだすと…。
なんか風体も汚いし、下品だし、冒頭のキラキラしたポップな雰囲気が吹き飛びます。
まぁ、ベーシスト・アキオ役の佐藤浩市はカッコよくなっていくからいいけど…。
そうゆうギャップを狙った笑いだから仕方ないけど、
それにしてもヴォーカル・ジミー(田口トモロヲ)のキャラ設定が言語障害って…。

パンクみたいな一般人には優劣のわかりにくい音楽で、もともと下手なバンドが
25年の時を経てさらに下手になってるということをわかりやすく演出するには
ヴォーカルを劣化させるのが手っ取り早かったんでしょうが、
その方法が言語障害ってのはなぁ…。
安易すぎるというか不謹慎というか、いくらコメディとはいえ、
障害者だされるとさすがに笑いにくいなぁ…。
最後も症状が改善しただけか、もともと狂言だったのかよくわかんなかったし…。
(まぁ狂言ならなぜそんなことをする必要があったのか、さらにわかりにくいですが)

わかりにくいといえば、25年前のバンド結成の仕掛け人・金子(ピエール瀧)の
モキュメンタリー風インタビューのシーンもよくわからないかな。
狂言回し的な役割なのはわかるけど、なぜ彼がインタビューを受けているのか、
今頃になってYoutubeに過去のライブ映像を流したのか、
そこんところが曖昧になってます。
"全て伏線だった"みたいなうまい脚本を書く、クドカンらしくない演出です。

タレントとしてはあんまり好きじゃなかったけど、
ギタリスト・ハルオ役の木村祐一はいい味出してたし、
カリスマアーティスト・TELYA役の田辺誠一も何気に面白かった。
劇中のちょっとした"くすぐり"もクドカンらしくて楽しかったので、
全然つまらない映画ってことはないんですが、期待ほどではありませんでした。
パンク・ロックが好きだったら、もうちょっと印象が違うのかも?

とりあえず、宮崎あおいが可愛かっただけでも、観た甲斐はありました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/88-26c79456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad