ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

リトリート・アイランド

共和党の大統領候補レースからサントラム元上院議員が撤退したそうで、
どうやら共和党の大統領指名候補はロムニー知事になることが確実になったそうです。
予想どおりですが、個人的には残念な結果です。
まぁ共和党の候補が誰になろうと、本選はオバマ大統領が勝利するでしょうが。

撤退といえば、TBS系列で約19年ぶりに復活した
プライムタイムの映画枠「水曜プレミアシネマ」ですが、
初回の『ライオン・キング』の視聴率がたったの5.6%だったようで、
早くも「撤退するのでは?」なんて噂も…。
期待していたんだけど、やはりウィークデイの映画枠は難しいのかな?
本日放送の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は地上波初登場だから、
(まさか今週末公開の『バトルシップ』に便乗したのかな?)
2桁くらいは取れそうな気もするけど、裏に『ピカルの定理』が引っ越してきたし…。
とにかく映画は習慣的に見るようになるものなので、
今は苦戦しても1年も我慢すればそれなりに健闘できるようになるはずです。
撤退しないで踏みとどまってほしいと思います。

ということで、今日はリトリート(撤退)な映画の感想です。

リトリート・アイランド

2012年4月4日DVDリリース。
イギリス発のサイコ・スリラー。

大西洋の孤島を訪れたケイトとマーティン夫妻。島にはほかに誰もいないはずだったが、突然ジャックという男が現れ、島の外で伝染病が蔓延していると告げる。(キネマ旬報社より)



たぶん低予算のインディペンデント映画で、キャストはほぼ3人だけで、
舞台もほぼコテージの中だけという、ワン・シチュエーション・サスペンスです。
なかなか楽しめましたが、オチが肝要なストーリーであるため、
これから見る予定ならば、オチバレには気をつけなければなりません。
オチを知ってしまってから見たら、楽しさ半減どころではなく、もう見る価値なしです。
申し訳ありませんが、この感想記事はオチに触れてしまっていますので、そのつもりで。

妻が妊娠・流産したことで、ギクシャクしているマーティンとケイト夫妻は、
関係修復のため、無人島のコテージを借り、休暇を過ごすことに。
無人島にきて数日たったある日、コテージの前に満身創痍の謎の男が現れる。
ジャック・コールマン二等兵と名乗るその男によれば、
本土では毒性の強い新型インフルエンザが蔓延しており、いずれこの島も汚染されるので、
今すぐにコテージを密閉し、外に出てはいけないというのだ。
あまりに唐突な話で、その男をにわかには信用できないと思う夫妻だが、
とりあえず従うことにし、その男と密閉したコテージでの共同生活することになる…。

…という話ですが、本作の要点はその男ジャックの伝染病話の真偽です。
本土との通信は途絶えており、確認を取ることはできません。
感染者の侵入を防ぐため、コテージの窓やドアにはバリケードが作られ、
外の様子すら容易に見ることはできなくなります。
夫マーティンはジャックの話をけっこう信用して、彼に協力的に動きますが、
逆に妻ケイトは全く信用しておらず、彼に反抗的な態度を取ります。
ボクもジャックの話は眉唾だと思いましたが、嘘だとしたら彼の目的がわからないし、
けっこう真剣にコテージを密閉していたので、意外と本当なのかなと思ったりと、
真偽がわからなくなりました。
徐々にジャックの態度がおかしくなり、やっぱり彼は不審者じゃないかと思う反面、
逆にそれこそがミスリードなんじゃないかと怪しく思えたり、
なかなかオチを予想しきれませんでした。
だけどその真相は、真偽のどちらでもない、全く予想外のもので、感心しました。

実は伝染病が存在するのは本当だけど、本土に蔓延しているのは嘘で、
なんと伝染病の保菌者はジャックであり、伝染病が蔓延していたのは外ではなく、
彼らのいたコテージ内だったのです。
ジャックは自分の体内にある病原菌がパンデミックを起こさないように、
自らを無人島に隔離しにやってきた、自己犠牲的精神の持ち主であり、
図らずも接触してしまった夫妻も、やむなく隔離するために嘘をついていたわけです。
伝染病から保護されていたつもりが、実は自分たちが隔離されていたというのは、
パンデミック系スリラーでは間々ある展開ですが、心理スリラーとして描くことで、
真相を悟られにくくする、うまい演出だったと思います。
まぁもちろんヒントも多少はあるので、勘のいい人はすぐわかるのかもしれないけど。

ストーリーはスリリングで楽しめたのですが、キャストがちょっと地味すぎるかな…。
三人劇なので演技派であることは大切なことですが、華がないです。
ジャック役のジェイミー・ベルは、不穏な雰囲気でなかなかよかったけど、
夫マーティン役のキリアン・マーフィーは主演には物足りない貧相さだし、
妻ケイト役のタンディ・ニュートンもヒロインとして魅力に欠けます。
中盤でマーティンはケイトをジャックに取られるんじゃないかとヒヤヒヤするのですが、
ハッキリ言ってケイトは、他の男が言い寄ってくるようなタイプではないです。
内容的にはもう少し若い、美男美女のカップルの方がよかったんじゃないかな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/865-bada7b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad