ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

フットルース 夢に向かって

ボクは今でこそ年間100本以上映画を観ていますが、
映画にハマりだしたのはほんの数年前で、
それ以前は1シーズンに1本観に行く程度でした。
だから偉そうに映画の感想なんて書いてますが、映画の知識はスカスカで、
特に古い映画は、誰でも知ってるものですら知らなかったりします。
映画のことを語るなら、古い名作くらいは押さえておくべきかなとは思いますが、
新しいもの好きなので、古い作品にはあまり興味が湧かないんですよね…。

その点では旧作のリメイクというのはとてもありがたいです。
オリジナルを観た人は、「リメイクなんて…」と思うでしょうが、
ボクにとっては、新作でありながら、過去の名作を知れるチャンスです。

といことで、今日は当時社会現象にもなった映画のリメイク作品の感想です。

フットルース 夢に向かって

2012年3月9日DVDリリース。
1984年の青春ドラマのリメイク。

アメリカのとある小さな町に都会から転校してきたレン。その町では、数年前に起こった事故が原因でダンスが禁じられていた。厳しい規律に憤りを覚えた彼は、自分たちの自由を取り戻すべく仲間を集めてダンスパーティを企画するが……。(公式サイトより)



1984年の同名青春映画のリメイクです。
全米初登場2位で、リメイクにしては評論家からも好評を受けたものの、
日本では劇場公開されず、ビデオスルーとなってしまいました。
主演を筆頭にスター不在だったのが原因かな?
当初の予定通り、ザック・エフロン主演なら、劇場公開確実だったろうに…。
ボクはオリジナルは観てないのですが、本作はなかなかよかったです。
今でもマクドがCMに使ってるけど、テーマソングは超有名だし、
キャッチーな内容なので、劇場公開してもそれなりに勝負できただろうと思いました。

ジョージア州ボーモントでは、3年前にダンスパーティ帰りの高校生が交通事故で死亡し、
その高校生の親であるムーア牧師(デニス・クエイド)の発案で、
未成年の集会で低俗な音楽をかけたり、人前で踊ることが条例で禁止されてしまいます。
交通事故の原因は飲酒運転なのに、ダンス禁止なんて、なんかズレた条例ですよね。
ただダンスパーティは未成年の飲酒の温床になるのは間違いなく、
子どもを守りたい親心としてはわからなくもないです。
まぁ禁止されると逆にやりたくなるのが未成年なので、
学校や警察の目を盗み、ゲリラ的にダンスパーティをやってるようですが、
もし見つかると、交通違反のようにキップが切られるようです。
3回キップを切られると、部活を退部させられるみたいだけど、たいした罰でもないね。
ボクなんかは人前で踊りたいとも思わないし、ダンス禁止条例なんて屁でもないけど、
高校生のダンスパーティって、学校ヒエラルキーの象徴みたいなところがあるし、
禁止されたら喜ぶ高校生もけっこういそうですよね。
ジョージア州みたいな田舎だと、ダンスくらいしか娯楽がないから、
ほとんどの高校生がしてるのかな?

そんなボーモント高校に、やってきた転校生のレン(ケニー・ウォーモールド)が、
そのダンス禁止条例を撤回させようと奮闘するストーリーです。
レンはダンスが得意ですが、別にダンスが禁止されていることに不満があるわけではなく、
自分を問題児扱いするムーア牧師や高校の校長にたいする反発から、
条例を撤回させる運動を始めるというのが面白いです。
その方法もダンスパーティを強行したりだとか、レジスタンス運動的に行うのではなく、
ちゃんと市議会のルールに則り撤回を求めます。
理不尽な条例に対し、正攻法で責める展開がいいですね。
ただ、一介の高校生の主張が通るほど市議会は甘くなく、条例は撤回されません。
結局、条例の及ばない隣町でダンスパーティを開いて幕が下りるのですが、
ここは最後に一発逆転で条例が撤回されるような展開がほしかったです。

ただもし撤回されても、レンの条例撤回案は、かなり議会側に歩み寄った内容で、
プロムのような比較的フォーマルなダンスパーティを開催したいというもので、
本当に高校生たちが求めているよなランチキ騒ぎは依然としてできないので、
それほど状況は変わらないかもしれません。
酒が全くないダンスパーティなんて、何が楽しいのかよくわからないし、
酒も飲まないでシラフで踊れる人の気がしれませんよね。
本作は出演者がプロのダンサーなので、ダンスをするだけでも見応えがあるけど、
素人が踊るだけのダンスパーティなんて全然面白くなさそうです。

その見応えのあるダンスシーンですが、
都会のダンスホールでの大人数のカントリーダンスのシーンや、
エンドロール前の「Footloose」に乗せてのダンスはかなり盛り上がったし、
レンと友達が姪っ子たちとダンスの練習をするシーンは可愛かったですが、
本作はダンス映画のわりには、それほどダンスシーンがあるわけでもなく、
その点では少し不満だったかな…?
バスレースなんてどうでもいいから、もっとダンスに時間を割いてほしかったです。
ラストのダンスパーティでのケンカもいらなかったかな…。
あんなトラブルが起こりやすいから、ダンスパーティは禁止されるんですよね。
あそこは何事もなく円満に解決した方がストーリー展開上もよかった気がします。

オリジナルの主演はケヴィン・ベーコンなんですね。
いろんな映画に出る俳優だとは思ってましたが、ダンスも出来たとは意外です。
本作にもカメオ出演のオファーをされたそうですが、断ったみたいで残念です。
踊ってるとこ見たかったな…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/857-f30b96f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad