ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

運命の元カレ

月初めこそ快調でしたが、今月中はあまり観る映画がありません。
というか、月末31日からはGW映画の怒涛の公開ラッシュが始まるので、
それに備えて、今月は映画の出費を抑えるため、あまり観に行かないことにしています。
でも、そうするとブログの更新がスカスカになるので、
ビデオスルー作品の感想で、少しでも間隔を埋めたいと思います。
そこで近々リリースされる注目のビデオスルー作品を紹介したいと思います。

まず全米初登場2位の『フットルース 夢に向かって』が明後日(3月9日)リリース。
同5位の『わらの犬』は3月21日、同5位の『恋するモンテカルロ』は4月4日、
同2位の『ミスター・アーサー』も4月4日、同3位の『イルカと少年』は4月25日です。
以上は全米でヒットしたのに日本劇場公開されなかったハリウッド映画ですが、
それ以外では、ジージャー主演のタイ映画『チョコレート・バトラー』が5月2日、
ミニモイ3部作の完結編『アーサーとふたつの世界の決戦』が5月7日リリースになります。
いずれも劇場公開されてもおかしくなかった作品なので、要チェックです。

ということで、今日は全米初登場8位のビデオスルー作品の感想です。
さすがに8位では日本劇場公開は難しいかな…?

運命の元カレ

2012年3月2日DVDレンタル開始。
アンナ・ファリス、クリス・エヴァンス共演のロマコメ。

独り身の寂しいOLアリーは、雑誌にある記事を見つける。それは、「異性との肉体関係20人以上の場合、96%の確率で結婚できない」というものだった。さらには平均人数10.5人とあり、アリーの今日現在の関係数は19人……。あと1人で未婚への道をまっしぐらというデータに衝撃が走り、元カレの中からパートナーを見つけ出す決意をするのだが……。(公式サイトより)



ロマコメは苦手なジャンルのひとつだったけど、最近は何気に見る機会が増えて、
いつの間にかちょっと楽しくなってきました。
ロマンスを楽しむというよりは、コメディとしてですけど。
ロマコメって最もその時の流行を敏感に反映させるジャンルだと思いますが、
恋愛に関してオールドスクールのボクには、昨今の恋愛事情は想像を絶するもので、
勉強になって興味深い半面、ホラー以上の怖さを感じたりもして、面白いです。

雑誌の恋愛記事が大好きなアリー(アンナ・ファリス)は、
ある雑誌で「女が生涯で寝る相手は平均10.5人」だということを目にします。
彼女は隣でその記事を見たオバサンの「ずいぶん大勢ね」という発言に驚愕。
「大勢?少なすぎるわよ」と…。
しかし友達にも調査したところ、彼女たちの平均も10人未満です。
さらに記事には「国内では20人以上と寝た女性の96%は未婚」との調査結果が書いてあり、
現在経験人数19人のアリーは、生涯未婚にならないように20人目を夫にする宣言をします。
ボクは生涯の経験人数は片手に余るだろうと思っているので、
平均10.5人には遠く及びませんが、世間の平均としては、意外と少ない気がします。
特にアメリカ人は性にだらしないというイメージがあったので、
この調査結果が本当ならば、少し認識を改めないといけません。

しかし宣言した夜、泥酔して好きでもない(むしろ嫌いな)男と寝てしまい…。
アリーはこれ以上経験人数は増やせないので、元カレの中から結婚相手を決めることにし、
隣人のコリン(クリス・エヴァンス)の協力を得て、元カレを探します。
その方法は、主にグーグルやフェイス・ブックなどネットで検索するのですが、
それでけっこう見つけちゃうんだから、ネットって怖いですよね。
それはそうと、結婚のために経験人数増やさないで結婚相手を探すなら、
なにも元カレから選ばなくても、婚前交渉しなければいいだけだと思うんだけど…。

元カレに次々と当たっていくアリーですが、すでに既婚者だったり、
彼女が気に入らなかったり、逆にフラれたり、実はゲイだったりと、
結婚相手になりそうな元カレはなかなか現れず…。
そんな中、元カレ探しに協力してくれた隣人コリンといい仲になり始めます。
元カレの大本命である資産家の息子ジェイクに接近できたアリーは、
彼と結婚を決めようとするが、真面目な彼と尻軽なアリーでは釣り合うはずもなく…。
経験人数が20人以上の女性が結婚できないかどうかはわかりませんが、
オールドスクールなボクからすると、そんな女性は結婚相手には考えにくいかな…。
物怖じしてしまって、付き合うのも躊躇するかも…。
経験人数と結婚できるか否かは関係ないと思うけど、結婚できる相手は狭まると思います。
特にジェイクのようなセレブと結婚するなら、経歴はきれいな方がいいでしょうね。
その点では隣人コリンはアリーを上回る遊び人で、彼女にはお似合い。
結局、遊び人は遊び人と結婚するほかないのかもしれません。
将来どう転ぶかわからないので、経験人数は安易に増やさない方が、
結婚の幅は広がるのかもしれませんね。

物語としては、失敗ばかりの元カレ探しの過程は、コメディとして面白かったです。
しかしコリンとのロマンスや、妹の結婚絡みのシーンは、ちょっと退屈だったかな。
結婚式のスピーチはそこそこ感動したけど、コリンと半裸でバスケするシーンは意味不明。
アリーの粘土細工の趣味も、もう少し展開に活かせていればよかったと思います。
あと、内容には直接関係ないけど、「経験人数20人以上で結婚できない」なら、
20人に達した時点でアリーはもう手遅れってことなんだけど…。
本作の場合は「21人以上で結婚できない」か「20人まではセーフ」と表現するべきです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/854-b634b51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad