ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます

思えば、2008年に初めて観た映画は『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』でした。
そして今年2番目に観た映画がコレです。今日はその感想を。

ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます

2008年1月10日より全国順次公開。
「週間少年ジャンプ」の人気ギャグ漫画がFlashアニメとして映画化。

スター養成学校に通うピヨ彦は、部屋のトイレが別世界になっている事にびっくり。さらに何者かに追われ、そのうえ異空間から紛れ込んできたという女性・アルト王女まで現れ、学校の講師・ジャガーと笛科の仲間たちと共にクローゼットに逃げ込むことに…。

人気ギャグ漫画の映画化ですが、ボクはこの原作漫画が好きなので
去年公開された同漫画の実写版も観ました。
邦画の漫画の実写化は残念な作品が多いのですが、
あれは特に悲惨な作品だったと思います。
作り手が作品を理解していないのが失敗の大きな要因ですが、
ナンセンスギャグ漫画を実写化すること自体が無謀なことだと感じました。

さて、今作は実写ではなくアニメでの映画化なのでちょっと安心です。
しかし、普通のアニメではなくFlashアニメということで少し不安もあります。
Flashアニメは嫌いではないのですが、あの手の作品はいかに作り手の個性を
出せるかが勝負で、もともと独創性で勝負するナンセンス漫画とでは
個性がぶつかり合い、喰い合いになりかねません。
今作はFlashアニメ『秘密結社 鷹の爪』で御馴染みの蛙男商会の制作です。
『鷹の爪』も個性的な作品でボクもけっこう好きなのですが、
やはり原作ファンとしては原作の世界観を大事にしてほしいし、
作り手のエゴが全面に出てしまうと、それこそ実写版の二の舞になりかねません。

で、期待と不安が半々で観てきたのですが、心配は比較的杞憂に終わりました。
異空間をまたに架けるオリジナルストーリーで、原作らしさは全然ないし、
原作のレギュラーキャラ以外は蛙男商会側の個性が強く出たデザインばかり。
そこに宮崎アニメのパクリのようなキャラやアニメ化された坂東英二までが登場し、
世界観はもうシッチャカメッチャカなのですが、
そんな世界の中でも笛科メンバーをはじめとするレギュラーキャラは
ちゃんと原作らしい立ち振る舞いをするので、
一度限りのアナザーストーリーとしてはありかなと思えます。
まぁそれでも原作のナンセンスぶりからすると、かなり控えめになっていますが、
Flashアニメなのでアニメーションが制限されるし仕方ないですね。

キャラ以外は全く『ピューと吹く!ジャガー』の映画ではないようなものなのですが、
原作ファンへのサービスなのか、笛科メンバー以外にも原作キャラがたくさん出ます。
ハメ字郎、ポギー、ハミー、間池留などレギュラーキャラはもちろん、
ビューティ田村、アレクサンドロシェフチェンコビッチ郎までチョイ役で登場。
中でもニャンピョウはけっこう重要なキャラとして活躍します。
笛科の中ではジャガーよりハマーがいい味出してます。
ギャグ部分はほぼ原作絡みなので、原作知らない人は笑うところ少ないかも。
でも、ゲストキャラ坂東英二の登場箇所はかなり面白く仕上がっています。

原作ぽくはないのですが、宮崎アニメのヒロインのようなヒロインをはじめ、
全てのパーツを揃えればなんでも願いを叶えてくれる龍を呼び出すことが出来る笛を
集めるというごこかできいたことあるようなストーリーなど、
蛙男商会お得意のパロディ要素もそこそこ楽しめます。
原作と蛙男商会が絶妙にハイブリッドされたなかなかいい作品でした。

『ピューと吹く!ジャガー』の原作者・うすた京介の短編『エト -ETO-』の
ショート・ムービーが同時上映されているのですが、
こちらは映像製作会社・パンダ工場の制作で、キャラクター・ストーリーともに
うすた京介の世界観を忠実に再現しています。
が、残念なことに感動的なストーリーで笑いが少なく、
ギャグアニメを見に来た客からしてみれば退屈な時間かも。
しかも約20分もあるし…。
まぬけな宇宙人と地球の子供たちとの交流を描いたいい話だったけど、
あのタイミングではみたくなかったかなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/80-6ba83ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad