ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

K-20 怪人二十面相・伝

アニメ映画がどんどん封切られる中、チビッコたちはもうすぐ冬休み。
映画館が混雑してチケットも買いにくいなんてことになるかもしれません。
お正月ゆっくり過ごすためにも、正月映画は今のうちに見ておいた方が楽かも。
でも年末はやっぱり忙しいので、これが今年最後の映画になるかな?

K-20 怪人二十面相・伝

2008年12月20日公開。
江戸川乱歩の小説『少年探偵団』シリーズに登場する怪盗、
怪人二十面相にスポットを当てた北村想の同名小説を映画化。

1949年、架空都市・帝都では、富裕層ばかりを狙い金品を盗む怪人二十面相が世間を騒がせていた。サーカスの曲芸師・平吉(金城武)は、財閥の令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)の結納式を写真に撮る仕事を引き受けるが、それがもとで怪人二十面相に仕立てられ…。(映画冊子より)

本作は原作から江戸川乱歩の探偵小説の二次創作物になります。
明智小五郎をはじめ、乱歩の小説を読んだ事ない人でも知ってるような
ポピュラーな登場人物がでてくるのですが、かなり既存のイメージと違いますね。
推理らしい推理もせずキザったらしい明智に、裏表のありそうな小林少年…。
人を平気で殺す怪人二十面相…、そしてその正体。
ここまでくると二次創作物とはいえ、さすがに乱歩への冒涜じゃないかとも思います。

舞台は第二次世界大戦(太平洋戦争)を回避した架空の日本・帝都。
そこでは華族制度がまだ残り、極端な格差社会・階級社会となっていた、という設定。
今の現実の日本も格差社会になってきていますが、
この架空の日本の階級社会は富の9割はごく一部の華族が独占し、
階級間での結婚も認められないという厳しいもの。
太平洋戦争、GHQにありがとうと言いたくなるような設定です。
そんな中、華族ばかりを狙い窃盗を繰り返す怪人二十面相は、
ふつうなら半ば義賊扱いされて民衆から人気を集めそうなものですが、
どうゆうわけか民衆も華族で富豪な明智探偵を英雄扱いしています。
とはいえ、孤児は別として普通の市民の生活は、
さほど貧窮しているようにも描かれていないので、
せっかくの舞台設定が生かしきれていない印象です。

レトロな世界観、奇術、騙し合い、ニコル・テスラの無線送電装置など、
どことなく2006年公開の米映画『プレステージ』を彷彿とさせます。
怪人二十面相の衣装や立ち回り、平民と貴族の恋などは『マスク・オブ・ゾロ』、
腕からワイヤーを発射して街を駆け回る平吉は『スパイダーマン』ですね。
他にも怪人の衣装や、最後の決戦が『バットマン』ぽかったりと、
いろんな映画のおいしいところを寄せ集めた印象を受けました。

でもだから悪いってことはなくて、おいしいところを集めたらやっぱりおいしいです。
邦画のわりにはダラダラした部分がなく、2時間を越える上映時間ですが、
最後まで飽きずに見ることができました。
またレトロな街並みは『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが手がけただけのことはあって
架空の都市がVFXで臨場感たっぷりに再現され、かなり圧巻です。
単なるお気楽映画として作られたのではない事は感じました。
正直、期待していたよりは面白かったと思いますが、
俳優陣がちょっと地味だし、興行的にはどうなんだろ…?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/77-54e114f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad