ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

プロメテウス

今年一番楽しみにしている映画『アベンジャーズ』の公開まであと10日を切りましたが、
その当日の8月14日(火)は、正式な日本公開日ではなく、先行上映の日です。
正式な公開日は17日(金)なのですが、15日(水)も16日(木)も先行上映するので、
それなら14日が正式公開日でもいいんじゃないかって思います。
ボクは本当に楽しみにしていたので、先行上映初日に絶対に観に行くつもりでしたが、
正直14日に先行上映されるのはムカつきます。
なぜ14日なんて平日が公開日になったかと言えば、もちろんお盆というのもあるけど、
主な理由は日本最大のシネコンであるTOHOシネマズのサービスデーだからでしょう。
毎月14日は誰でも1000円で観賞できるため、かなりの集客が見込めるのです。
それはお客さんにとっても有難いサービスだと思うけど、
本当に本作を楽しみにしていて、初日に観たいと思っているような大ファンは、
みんな1300円以上(ムビチケなら1400円以上)する前売り券を購入しているはずで、
通常料金1000円で観れる日に通常料金より高い前売り券を使うことになります。
はっきり言って、ファンを蔑ろにした、悪質な公開日の決め方だと思います。

今月25日(土)公開の『るろうに剣心』も、先行上映で実質22日(水)から公開です。
これはおそらく水曜のレディースデーで集客するためでしょうが、
それなら22日を正式な公開日にすればいいです。
例えば『マダガスカル3』は誰でも1000円のファーストデーの1日(水)が公開初日ですが、
先行上映なんて形はとらず、ちゃんと1日が正式な公開日になっています。
『アベンジャーズ』や『るろうに剣心』の配給方法に比べて、誠実さを感じます。

といことで、今日は先行上映で観た映画の感想です。
本作は24日(金)が正式な公開日ですが、4日(土)に先行上映されました。
ただし4日から正式公開日までずっと上映するわけではないので、
これが先行上映の正しい用い方だと思います。
(ただお盆にも先行上映するらしく、正式公開日には大方の人は観終わってそうです。)

プロメテウス

2012年8月24日日本公開。
『エイリアン』のリドリー・スコット監督によるSF大作。

人類が長年にわたって追い続けている、人類の起源にまつわる謎。地球で発見された古代遺跡から、その答えがあるかもしれない未知の惑星の存在が浮かび上がる。科学者たちを中心に編成された調査チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んで問題の惑星へと向かう。惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにして息をのむ。誰も到達できなかった人類誕生の真実を知ろうとチームの面々が探査に没頭する中、思いも寄らない事態が迫ろうとしていた。(シネマトゥデイより)



リドリー・スコット監督の『エイリアン』シリーズの5作目というフレコミで
企画がスタートした本作ですが、本作の予告編などでもわかるように、
本作は意識的に『エイリアン』シリーズではないかの如く装って宣伝されています。
監督自身も「同じ世界だけど、続編ではない」みたいな曖昧な発言をしており、
ボクも本作が本当に『エイリアン』シリーズなのかは確信がありませんでした。
でもいざ観てみると、本作は紛れもなく『エイリアン』シリーズの最新作でした。
本作が『エイリアン』と密接にリンクしていることは、重大なネタバレで、
本来ならば正式公開日の前に書くべきじゃないこととは思いますが、
本作は面白い作品だけど、それは『エイリアン』との関連性に依存するところもあり、
『エイリアン』も知らない人が本作を観てしまうのは、非常に勿体ないと思うので、
お節介ながら書いてしまいました。
まぁ『エイリアン』のシリーズ一作目すら観たことがないなんて稀だろうけど、
もし内容をほとんど覚えていないのであれば、復習して本作に臨むのがいいかと思います。
それから本作が『エイリアン』の関連作であるという以上の情報は持たない方が、
本作は楽しめるので、これ以上のネタバレには触れない方がいいです。
つまりこの記事も、未観賞の人はもう読まないでください。
「観に行かないから別に読んでも構わない」と思っているあなた。
こんな素晴らしい作品をミスミス観逃すなんて手はないですよ!

企画段階から言われていたことですが、本作は厳密にはシリーズの続編ではなく、
第一作目のプリクエル(前日譚)という位置づけになります。
ちょっとおさらいを兼ねて1作目のリンク部分のあらすじを紹介すると、
今から100年(?)ほど未来の話、シリーズの主人公であるリプリーの乗る宇宙船が、
宇宙での資源調達を終えて地球へ帰る途中、謎の惑星から発信される救難信号を受信し、
彼女たちはその惑星に立ち寄ることになります。
惑星に降り立った彼女たちの前に現れたのは、異星人の壊れた宇宙船で、
中ではその操縦手と思われる巨大な異星人が、腹を突き破られ死んでいました。
エイリアンの寄生体チェストバスターにやられた異星人の死骸でしょう。
救難信号は彼が出したものでしょうが、彼は死んでかなり経っていたようでした。
その異星人のことを、公式では「スペースジョッキー」と称しますが、
本作はそのスペースジョッキーが題材となっている物語です。
エイリアンも出てこないことはないけど、頭部の長いいわゆるエイリアンは、
ラストのサービスカットにチョロっと出てくるだけです。
(形状も一般的なものとはかなり違い、「ディーコン」というタイプらしいです。)

2089年、考古学者のエリザベスは、スコットランドのスカイ島の古代遺跡で、
35000年前に描かれた星座の壁画を見つけますが、その星の配置が、
世界各地の古代文明の壁画に描かれているものと一致することに気付きます。
しかしその星座は、古代文明では観測できるはずのないもので、
彼女はそれを未知の地球外生命体からの招待状であり、
その星座の星まで行けば、人類の起源が解けるのではないかと考えます。
それに賛同したウェイランド社の協力のもと、宇宙探索船「プロメテウス号」に乗り込み、
地球外生命体と接触するため、その星を目指して地球を発ちます。
彼女はその地球外生命体のことを「エンジニア(技術者)」と呼ぶのですが、
それは彼らが地球人を想像したと推察しているからです。

エリザベスたちは長い航海の末、その星に降り立ちますが、
そこにあったのは人工的な謎の遺跡。
さっそく内部を調査すると、オルメカヘッドのような地球人そっくりの巨石人頭像や、
謎の有機的な液体の入った筒、そして巨大な異星人の死骸を発見します。
この巨大な異星人こそが『エイリアン』の異星人スペースジョッキーであり、
エリザベスの探すエンジニアは当然スペースジョッキーだったということです。
本作では星座による招待状、『エイリアン』では救難信号でしたが、
メッセージを受け取ってその星に行くと、スペースジョッキーの死骸があるという展開は
全く同じなので、本作は単なるプリクエルというだけでなく、
『エイリアン』シリーズ一作目のリメイク的な側面もあるような気がしました。
その後も仲間のひとりが謎のクリーチャーに寄生されて…、という展開も一緒ですが、
全く既視感はなく、それなのに一作目を見た時の何が起こるか分からないハラハラ感だけは
本作からも感じることが出来たのが不思議です。

謎のクリーチャーですが、前述のようにエイリアンはラストカットにしか出てこないので、
本作のクリーチャーはエイリアンのものとは形状も性質も異なります。
でもいわばよく知られたエイリアンの進化前の姿なのだろうと思います。
遺跡内で発見された筒は、エイリアンで言うところの「エッグチェンバー」で、
その中には蛭のような生物がいるのですが、その蛭が成長し蛇のようになったものが、
「フェイスハガー」のプロトタイプだと推測されます。
体液がエイリアンのように強い酸になっていました。
しかしこの蛇はチェストバスターを寄生させるというよりも、
脳内に寄生し宿主自体を操ることが出来るようです。
エリザベスは蛭に寄生した恋人と性交渉したことで、
クリーチャーを胎児を宿してしまいますが、このイカみたいな胎児が
チェストバスターのプロトタイプで、たぶん放っておけばディーコンになるのかな。
しかし彼女はそうなる前に帝王切開で胎児を摘出してしまいます。
驚いたことに、摘出された胎児はそのままの姿で巨大に成長し、
クラーケンのような凶暴なクリーチャーになり、襲った相手に寄生体を植えつけます。
このように、エイリアンとは似て非なる未知のクリーチャーというのがミソで、
どんな姿でどんな生態なのかわからないから、ハラハラさせられるんですよね。

エリザベスたちの調査の結果、やはりエンジニアは地球人の創造主だと判明します。
というよりも、同じDNAを持っていることから、地球人の祖先であると思われます。
『エイリアン』では、スペースジョッキーは固い外骨格に覆われた禍々しい異星人で、
死んで化石化していると考えられていましたが、実は外骨格と思われたのは宇宙服で、
それを剥ぐと地球人にそっくりの、ちょっと巨大な人間だったのです。
彼らは35000年以前に地球に飛来し、地球人になったのか地球人を作ったのかは不明ですが、
とにかく地球人は彼らが創造したようです。
しかし約2000年ほど前に、彼らは地球人を絶滅させるため、
エイリアンの試作品と思われる生物兵器を製造し、地球に送り込むつもりでした。
エリザベスたちが降り立った星は、エンジニアの故郷の星ではなく軍事基地です。
しかし地球に向かう前に、実験事故により自らが生物兵器に寄生され、
軍事基地はほぼ全滅してしまうのです。
この経緯は全てエリザベスによる推測でしかありませんが、たぶんその通りです。
10年以上前に監督がシリーズ5作目の構想について語っていたのですが、
それこそがスペースジョッキーの顛末を撮りたいという内容で、
エイリアンはスペースジョッキーの生物兵器であるというアイディアを述べていました。
しかしやはり事故で自らがエイリアンの餌食となり、
その死骸をリプリーたちが発見する一作目に繋がるという構想です。
まだ本作ほどは練り込まれてはいませんでしたが、ほぼ当時の構想通りですね。

ここで疑問に思うのは、なぜエンジニアは自ら創造した地球人を絶滅させようとするのか?
作中でもエリザベスが、唯一の生き残りであるエンジニアに問いかけるのですが、
エンジニアから答えを得ることはできず、謎のままで終わってしまいます。
しかし本作の題名が「プロメテウス」であることを考えれば、その答えの糸口は掴めます。
単なるエリザベスたちの宇宙船の名前ではありません。
プロメテウスとはギリシャ神話に登場する神で、人類は彼が神々を模して創造しました。
つまりエンジニアにあたる存在だったわけです。
エンジニアが巨大なのも、プロメテウスがタイタン族だったことを踏まえているのですね。
神話ではプロメテウスは人間に火を与え、神に近づけようとするのですが、
人間を傲慢だと考えていた最高神ゼウスは、そのことに腹を立て、彼を磔の刑にします。
その後、人間にも災いを与えるために、災いを詰め込んだ箱を、人間の女に贈るのですが、
その女性がプロメテウスの義妹パンドラで、その箱が有名な「パンドラの箱」です。
その神から人類への最悪な贈り物が本作ではエイリアンの試作品であり、
エッグチェンバーが卵ではなく筒状の入れ物だったのは「パンドラの箱」がモデルだから。
つまりエンジニアと呼ばれる異星人は、ギリシャ神話の神々のようなもので、
プロメテウスのように35000年前に地球人を創造した個体もいれば、
ゼウスのように2000年前に地球人を滅ぼそうという個体もいるということで、
今回エリザベスたちが出会ったのは、ゼウス系の個体だったのでしょう。

ではなぜゼウス系の個体が地球人を滅ぼそうとしたのかですが、
そこでヒントとなるのが、約2000年前に実行しようとしたという年代です。
地球で2000年前に何があったかと言えば、
もちろんキリストの誕生、そしてキリスト教の成立でしょう。
自分たちを模して創られた地球人風情が神格化されるという事態は、
本当の神であるエンジニアたちにとって面白くないに違いありません。
その時点での地球人全滅計画は、生物兵器の事故で失敗しましたが、
彼らの懸念の通り、地球人は増長し、ついには自分たちを模したアンドロイドを作ります。
本作に登場するアンドロイドのデヴィッドは、わざとロボットのように振る舞いますが、
おそらくちゃんと心を持った新しい生命体も同然で、それを作った地球人は、
完全に神の領域を犯しているといえるでしょう。
エリザベスが科学者にもかかわらず信仰心の強いクリスチャンなのも、
その答えを導き出すためのヒントだったように思います。
彼女の異星人による人類起源説は、一見キリスト教を冒涜しているようにも思いますが、
実はダーウィンの進化論に異を唱えているのであり、キリスト教らしいとも言えますね。
ギリシャ神話とキリスト教という、異なる神の体系を組み込んだ、興味深い物語です。

映像の出来栄えとか、世界観の魅力とか、本作の素晴らしさをもっと伝えたいですが、
今日はもう時間がないので、これくらいにしておきます。
最後に、本作は『エイリアン』のプリクエルではあるものの、
これが正史に繋がるものとしては作られていないと思われます。
いわば『猿の惑星:創世記』や『バットマン ビギンズ』のようなポジションで、
ここから新シリーズとしてスタートするリブート作品と捉えるのが正解かも。
だから『エイリアン』とは別の歴史を辿る続編が製作されるかもしれませんね。
正直『エイリアン』シリーズは、『エイリアンズVS.プレデター』にぶち壊されたし、
監督主導で新シリーズとして立ち上げなおした方がいいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/738-34ec80c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad