ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

WALL・E/ウォーリー

ボクはピクサーの大ファンなので最新作『WALL・E/ウォーリー』も
当然期待していたわけですが、
なぜか今作に限って、今までCGアニメを敬遠していた家族や、
あんまり映画自体に興味がない友達なども「見たい」と言ってました。
早くも『ファインディング・ニモ』を超えそうな予感がします。
崖ポニョともいい勝負するんではないでしょうか。
でも今月末には同じくCGアニメの『ティンカー・ベル』が公開になるし、
ディズニー同士で客の食い合いになるかも?
それどころか、正月に向けて『MAJOR』『BLEACH』『鬼太郎』『たまごっち』と
子供向けアニメ映画が目白押しで、壮絶な潰し合いに突入しそうです。
まぁ『WALL・E/ウォーリー』の1人勝ちでしょうけども。

WALL・E/ウォーリー
WALL-E.jpg

2008年12月5日日本公開。
ピクサーの最新CGアニメ。未来を舞台にしたSFファンタジー。

29世紀。人類に見捨てられ荒廃した地球に残り、たった1人でゴミ収集を続けるロボット・ウォーリー。ある日、彼の前にピカピカの美しいロボット・イヴが現れる。700年間孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、彼女が宇宙船にさらわれてしまい…。(映画冊子より)



ピクサーのCGアニメの技術は定評があるので、そのあたりは安心して見れますが
それにしても素晴らしいです。
今年も『カンフーパンダ』『スター・ウォーズ』『ホートン』等、
ハリウッド製CGアニメはそこそこ見てきたけど、
10年くらい先に行ってるんじゃないかと思うほどの美しい映像。
特に始めの30分ほどの荒廃した地球でのシーンは誰もが見惚れてしまう出来です。
そのシーンは無声映画のような作りになっているので、より映像に集中できます。
動植物のほとんど出てこないので、CGアニメの欠点である有機物の表現が不用なのも
功を奏しているのではないでしょうか。
もうリアルというよりも、もはや実写を超えていますね。
でも中盤以降の宇宙や宇宙船内のシーンは、CGの真骨頂でもある反面、
ツルテカな表現ばかりなのでありがちというか、目新しさに欠けますね。

この作品もあまりネタバレしてはいけないタイプの作品なので多くは書けませんが、
ストーリーはディズニーのアニメなので安心して見れますが特に奇抜さもないです。
大まかにはノアの箱舟的な発想でつくられた淡いラブストーリーだと思うけど、
日本人にとってはどこか手塚イズムを感じるSFです。
根底のテーマは『火の鳥』的で『鉄腕アトム』的なものを感じました。
そこが他のバタ臭いCGアニメよりも今作が日本人受けする要素かもしれないです。

ストーリーは普通、CGも素晴らしいが次第に見慣れてきます。
この映画の一番の見どころはやはりウォーリーをはじめ、ロボットキャラです。
ロボットの造形は、正直そんなに魅力的なものではないと思いましたが、
限られた稼動部を駆使して感情を表現する姿はなんとも人間的で可愛らしく、
いつまでも見続けていたいほど魅力的です。

ウォーリーは感情豊かで好奇心旺盛で子供のようなロボット。
献身的で賢いが、700年間もひとりぼっちだったため、
恋愛に関してはプラトニックすぎて、ちょっとストーカー気味なところも…。
ハイテクなのに妙にアナログな機能が搭載されているのも面白いかも。
宇宙からやってきたイヴは当初、男女とも区別のつかない未来的な造形で、
強く攻撃的なロボットらしい印象を受けたが、
次第に女の子的な可愛らしい面がチラホラ…。ツンデレですね。
特にウォーリーよりお姉さん的な頼もしい印象です。
ウォーリーがイヴにひとめぼれするのは無理ないが、
イヴがウォーリーを意識しだす理由があいまいだったかも。
十分魅力的な2体ですが、下手するとこの2体以上に人気者になりそうなのが
微生物除去小型ロボット・モーです。
そのチョコマカした動きの愛くるしさ、危なっかしさは絶品です。
その他にも個性的なロボットはいっぱい出てきます。
そんなに掘り下げられてないけど…。

余談ですが、もうすぐ『地球が静止する日』が公開になります。
"人間が滅べば地球は助かる"とう話らしいです。
日本映画『感染列島』も"地球にとって人間は病原体"という話らしいですね。
奇しくも人間がいなくなった後の地球がテーマなのが今作と共通してます。
『ウォーリー』の世界では地球に人間がいなくなって700年も経つのに、
ほとんど変化がなく荒廃したままなのはおかしいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/73-97d15795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad