ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ハンサム★スーツ

漫画『賭博黙示録カイジ』が実写映画化されるそうです。
『カイジ』はボクの少ない愛読漫画のひとつだったので楽しみではあるんですが、
カイジ役が藤原竜也って…。全然イメージが違うんですけど…。
『デスノート』の時も思ったけど、藤原竜也ってただのイケメン俳優じゃなくて
個性派俳優でもあるので、イメージが固定化されてる漫画の登場人物とは相性が悪い。
藤原竜也は嫌いじゃないけど、カイジはやっぱり萩原聖人でしょ。
まぁ見てみないとミスキャストとは言い切れないけど、
今日は明らかにミスキャストな映画の感想です。

ハンサム★スーツ

2008年11月1日公開。
バラエティ番組の放送作家・鈴木おさむ著の小説を映像化したコメディ映画。

ブサイクな顔&メタボな体型で彼女いない暦33年の琢郎(塚地武雅)。定食屋を営む彼は、美人アルバイト・寛子(北川景子)に恋するがフラれてしまう。そんな時、着るだけでハンサムな男・杏仁(谷原章介)に変身できるスーツに出会い…。(映画冊子より)

なんかこの映画の設定って、どこかで見たことあるなぁと思ったら、
ジャッキー・チェン主演の映画『タキシード』に似てますよね。
『タキシード』は場合はかっこよくなるだけじゃなくて、強くもなりましたね。
パクリとまでは言わないが、かなり強めの影響は受けてる気がします。
設定も新しくないが、オチも見る前からわかってしまうので、
物語としてはかなり下手な部類だと思います。
映画の売りとして渡辺美里の「My Revolution」など、80年代末期から90年代初頭の
J-POPを多用しているのですが、劇中で使用される古いギャグも相まって、
映画自体にカビ臭い印象を与えています。

でもまぁコメディですから、物語性なんてどうでもよくて、
要はブサイクな男が、スーツを着るとハンサムになるという
ギャップの笑いを楽しむコント作品なんだろうと思いますが、
ただそうだとすると、明らかにキャスティングミスだと思います。

谷原章介は少し古いタイプの男前だが、どの世代が見ても男前なので
ハンサムという言葉にはピッタリ当てはまると思うけど、
一方、ドランクドラゴン塚地は正直それほどブサイクじゃない。
劇中にも定食屋の常連客など、塚地よりも明らかなブ男はたくさん出てくるのに、
あたかも塚地だけが尋常じゃないほどのブサイクな扱いを受けていたのは
違和感というか、むしろイジメに近い不愉快感すらあります。
特に序盤の琢郎(塚地)のブサイクさを面白おかしく強調するシーンでは、
全然笑えないし、あまりの温度差に背筋が凍る思いがしました。
とにかく琢郎はデブだけど決してブサイクじゃない。
設定からして間違っているコントが面白いはずがないです。
ブサイクというならば、彼の相方や原作者の鈴木おさむの方が10倍ブサイクです。
(鈴木おさむは自分の番組に嫁を重用する職権乱用野郎なので嫌い。)

序盤はホントに酷かったが、谷原章介が出てきたあたりからはそこそこ楽しめました。
谷原章介の容姿とギャップのあるブサイクな演技は、痛々しくも滑稽で笑えます。
主人公・琢郎が杏仁(谷原章介)でいる時間も長くなり、
塚地のブサイク弄りも少なくなってきたのもいい感じです。
なにより谷原章介の嫌味のないハンサムっぷりが絶妙です。
彼以外のイケメン俳優だとホントに嫌味に感じると思います。

この映画は「ブサイクのなにがいけない?」「内面が大事」ってことがテーマだけど、
一度会っただけなのに寛子(北川景子)が琢郎(塚地)に好感を持つのはおかしい。
あれだと寛子はただのブス専にしか見えないし、それだと結局外見重視ということに。
ボクには寛子が内面的にもいい子だとは感じなかったし…。
杏仁(谷原章介)も内面は"いい人"琢郎なんだから、結局は内面も外見もいい男です。
それだとやっぱり外見がいい分、琢郎より杏仁の方がいいという結論になると思う。
まぁそれは仮に琢郎がブサイクということが前提なので、
琢郎には杏仁にはない愛嬌があるので、どちらがいいともいえませんが。

ハンサムスーツを開発した会社として、実在の紳士服店"洋服の青山"が出てくるが、
「男は見た目」と言い切ってしまう役回りなんで、ちょっとイメージ悪いですね。
それでもこの映画に協賛・タイアップしてるんだから、実際にそうゆう会社なのかな。
今までに青山でスーツ何本か買ったけど、ちょっと行きたくなくなったかも。
でも"紳士服はるやま"なんかも"女子大生がプロデュース"とかキモイ企画やってるし、
男は別に女の子にモテたいがためにスーツ着てるんじゃないぞ、と。
ハンサムは就職や営業に有利なのは確かだけど、ブサイクはスーツじゃ治りません。

谷原章介の好演以外、見るべきところのない映画でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/69-ca209243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad