ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ICHI

仕事関係で切羽詰ってブログの更新を停止してたけど、
ようやく一息ついたので久しぶりに更新できます。
書きたいことは溜まってますが、今日はいつもどおり映画の感想です。

ICHI

2008年10月25日公開。
任侠活劇の名作『座頭市』のリメイク。
『座頭市』の主人公・市を女性に設定しなおしたアクション時代劇。

人とのかかわりを避けて生きる盲目の三味線弾き・市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は野党集団に囲まれるが、そこに旅の侍・十馬(大沢たかお)が現れる。なぜか刀を抜こうとしない彼を守るため、市はやむなく仕込み刀を抜くことに…。(映画冊子より)

北野武監督・主演でリメイクされたのもまだ記憶に新しい『座頭市』。
なんでまたこのタイミングでリメイクするのかは謎ですが、
おそらく、映画に引っ張りだこの人気アイドル女優・綾瀬はるかで
『あずみ』のような美少女剣客モノを撮りたいと企画が上がったけど、
アイドル映画では興行収益が見込めない。
ならば名作時代劇『座頭市』とくっつけて年配にも見てもらおう、みたいな。
思惑どおり、お客さんの半数以上は中高年でした。(PG-12だし。)
ボクは綾瀬はるか主演のアイドル映画として見に行きましたが。

ストーリーは用心棒にチンチロリンにヤクザの抗争と、『座頭市』の王道(?)ですが、
とにかく暗くて湿っぽくて、『座頭市』特有の爽快感みたいなものが全くありません。
それというのも、主人公・市は悲しい運命を背負っているため常に深刻な顔で暗く、
その雰囲気に映画全体が飲まれてしまっているからでしょう。
綾瀬はるかは目鼻立ちがハッキリしてて、しかめっ面してても美人だけど、
せっかく女の子の設定なんだからもうちょっと愛嬌のある方がいいんじゃないかな。

『座頭市』には欠かせない殺陣シーンですが、
市の殺陣はカット割りまくりのスローモーション使いまくりなので疾走感全くなし。
綾瀬はるかにアクションは無理だったんじゃないかと感じます。
それ以前に、座頭市といえば卑怯とも思えるほど強いというイメージがありますが、
市は雑魚相手には無敵だが、指南役級の相手には足元にも及ばない程度の強さ。
座頭市独特の圧倒的強さからくる爽快感も全くないです。
その程度の強さの彼女ですから、一番おいしい決戦シーンは他に持ってかれます。
というよりも、後半の主役は彼女ではなく、藤平十馬(大沢たかお)です。
いや、始めから主役は十馬だと思ってみた方が楽しく見れるかも。
(市に感情移入すると重苦しくて耐えられない。)

結局、主演女優をどう綺麗に撮るかってことに重点を置いたアイドル映画なので
他のキャストなんてどうでもいいんだろうけど、
野党の頭領・万鬼役の中村獅童やその手下役の竹内力とか、ベタすぎてアレでしたが、
味方となるヤクザの2代目・虎次役の窪塚洋介は飄々として意外とよかったです。
レゲエもいいけど、役者としてももっと活動したらいいのになぁ。

とまぁ、アイドル映画としても時代劇としても駄作感は否めません。
ていうか、綾瀬はるかにダボダボの服着せてる時点で彼女が主演している意味が…。
でも11月15日公開の『ハッピーフライト』の方は全然見に行く気になれないなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/66-cb9f31ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad