ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

僕らのミライへ逆回転

ボクはアンジーの顔が怖すぎて『ウォンテッド』観れないんですが、
どんなに観たい映画でも、嫌いな役者が出てると観れないってことありますよね。
逆にボクは好きな役者(特に外タレ)もそんなにいないので、
役者目当てで映画を選ぶ事もまずないんですが、
出ているだけで期待値がアップする役者がひとりだけいます。
それがコメディ界の大スター、ジャック・ブラック。
今日は彼の主演作の感想です。

僕らのミライへ逆回転

2008年10月11日日本公開。
ジャック・ブラック、モス・デフ主演のハートフルコメディ映画。

何かとトラブルを引き寄せるジェリー(ジャック・ブラック)とつぶれそうなレンタルビデオ店の店員マイク(モス・デフ)は幼なじみ。ある日、発電所で感電し、超強力な磁気を帯びてしまったジェリーが全ビデオをダメにしてしまったのだ。慌てた2人は、自作自演で『ゴーストバスターズ』『ラッシュアワー2』など消えた映画を作り直すはめに。ところが、その手作りビデオは大好評で店は大繁盛。再開発を迫られている店長(ダニー・グローヴァー)を救おうと、2人は町の人々も巻き込んで次々作品を作り出す。だが、ハリウッドのビジネスマンたちが黙っているわけもなく…。

「Sweded」とは「スウェーデン製の特別版」みたいな意味で、
ジェリーたちがリメイクのとっさの言い訳として使った造語ですが、
それが転じて「手作りリメイク作品」という意味で使われるようです。
これが昨今、YouTubeでSwededブームを巻き起こしているんだそうです。

劇中でジェリーたちは新旧様々な名作映画をSwedingします。
『ロボコップ』『ライオンキング』『メンインブラック』などなど。
そのリメイクのチープさ、強引さが笑いを誘うのですが、
ボクの知らない元ネタ作品が半分くらいあって、意味がわからないことがしばしば…。
わかる元ネタは充分面白かったので、不勉強な自分を呪うしかないですが、
その他にも、外国のコメディって文化的に日本人に伝わりにくいことが多いです。
そこが日本ではアメリカのコメディ映画がイマイチ人気がない理由かもしれません。
ファッツ・ウォーラーというジャズピアニストが物語の重要なポイントになりますが、
その人に関する知識もまったくありませんし…。
それでもまぁまぁ面白いかったのですが、その辺に造詣が深い人は
ボクの何倍も楽しめるんだろうなと思いました。

まぁそんな知識はなくても、ジェリーとマイクが寂れた店を町の人も巻き込んで
盛り上げていくヒューマンドラマとして見ごたえはあるし、
心あたたまる感動のラストなので充分観る価値はあると思えるのですが、
それにもましてボクの心に強烈に残ったのは、
ハリウッドの映画会社の弁護士(シガーニー・ウィーヴァー)が、
店の評判を聞きつけて乗り込んでくる一連のシーンです。

弁護士はジェリーたちの作ったSwededビデオが著作権違反であるとして
巨額の損害賠償を提示し、業務停止を命令。
手作りビデオをすべて押収し、町のみんなで作ったビデオを
みんなの見ている前でロードローラーで粉砕…。
著作権は守るべきだと思うけど、映画って誰のものだろうと考えさせられました。
無断コピーの海賊版は言語道断ですが、コミニティ内で作られたパロディ作品を
コミニティ内で賃貸するのもやっぱりアウトなんですかね?
それにしても、ロードローラーで踏み潰すのは酷すぎる…。泣きそうになりました。
まぁコメディなんで弁護士を悪者と強烈に印象付けるための演出なんでしょうけど、
権利関係にうるさいハリウッド映画が、無断リメイクを擁護するような演出したのは
ちょっと意外かも…?

期待のジャック・ブラックですが、この作品では彼の良さは発揮できてないです。
『ゴーストバスターズ』のリメイク過程など前半のコメディ部分はいいけど、
シリアスな展開になるにつれて、彼とは作風が合わなくなってきているような…。
どちらかといえばマイク役のモス・デフの方が主役っぽいです。
アルマ役メロニー・ディアスも劇中ではブスっぽい設定だけど笑顔がかわいいです。
ジャック・ブラックは次回作『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』に期待します。

それにしてもこの映画、邦題が酷いね。
ダサいのはいいとしても意味がわからない。
原題の『BE KIND REWIND』はこの劇中のレンタルビデオ屋の名前であり、
「巻き戻してご返却下さい」って意味で、VHSの哀愁を感じるいいタイトルだけど、
何をどう解釈したらこんな変な邦題になるのやら…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/64-15d07dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad