ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』見に行きました。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix


2007年7月20日日本公開。
『ハリー。ポッター』シリーズ第5弾。

原作は読んだんで話の内容は知ってたけど、あの長たらしい原作をどうやって
2時間ちょっとにまとめたのか、それを見届けに行ったって感じですかね。
原作を読んでない子と一緒に言ったんですけど、その子はちゃんと楽しめたみたいなんで
けっこううまくまとめられてたんではないでしょうか。
でもボクにとっては…

この巻のハリーの最大の敵は例のあの人じゃなくてアンブリッジ教授であり、魔法省です。
でも映画では嫌味な彼女たちをやり込めるところがほとんど省略されちゃってるんで
なんだか消化不良というか爽快さに欠けるかなぁと…

配役ですが、ハリーたちメインメンバーが老け込むのは仕方ないとして、
チョウ・チャンは原作のイメージとは全然違うなぁと…
白人にはどう見えるかわかんないけど、正直そんなにかわいくないし…
その代わりといってはなんだけどルーナ・ラブグッドは原作とちがってかなりかわいい。
往年のハーマイオニーに迫る勢いです。
でもルーナのエピソードはほとんど描かれませんでしたねぇ。
ルーナとネビルはとても好きなキャラなんで、もっと丁寧に描いてほしかったかな。

丁寧に描いてほしいといえば、スネイプの学生時代の話はホント瞬く間でしたね。
あれは今までのハリーとの確執の根源の部分だからもっとしっかり描くべきだったと。
今後に繋がる部分だとも思えるんだけど…
仕方がないとはいえ、けっこう色々な伏線を無視しちゃってますよね。
ちゃんと次回作で辻褄合わせられるのか心配です。
もっとも監督にしても、自分の担当する回さへヒットすればいいんだろうから、
後先心配したりはしないんでしょうねw

とはいえ、最後の死喰い人とのバトルは原作より良かったと思う。
原作はなんかゴチャゴチャしてて、発想力の貧弱なボクにはわかりにくかった。
それでもシリウスの最期は なんかよくわからなかったけどw

そういえば、もうハリポタの完結編(英語)が発売されてるんですよね。
まぁ翻訳版のカタカタ名前の羅列だけで耳から煙が噴出すボクには敷居が高すぎますけど…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/6-60eb9581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad