ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

大決戦!超ウルトラ8兄弟

昨日、映画3本見たので、昨日に続いて今日も映画の感想です。
昨日の『パコ』の他には『おくりびと』と今日感想を書く『ウルトラマン』を見たけど
自分でもムチャクチャなラインナップでハシゴしてるなと思います。
もちろん、こんなのにまともに付き合ってくれる人はいなかったので、
『パコ』と『おくりびと』は別々の人と見ました。
『ウルトラマン』は寂しくひとりだったけど…。

大決戦!超ウルトラ8兄弟

2008年9月13日公開。
平成と昭和のウルトラマンたちが集結した特撮ヒーロー映画。

かつてはテレビの中のウルトラマンに熱狂していたものの、いまや市役所の職員として平凡な生活を送るダイゴ(V6長野博)。ある日、横浜港で砂漠の蜃気楼と共にウルトラマンの姿を見た彼は、それから自分がヒーローに変身する夢を見るようになる。

感想の前にひとつ断っておかないといけないのは、
ボクは『ウルトラマンティガ』以外のウルトラマンシリーズは
まともに見たことがありません。
あとはテレビで放映されていた『ウルトラマンガイア』の映画を一本見ただけです。
ですので、全くウルトラマンシリーズのファンではないんですが、
そのガイアの映画が、けっこう変わった設定の作品で妙に鮮明に覚えています。
現実世界にテレビの中のウルトラマンガイアがやってくる話で、面白かったです。
今作の設定とかなり似ていると感じたので、今作にも興味を持ちました。
今作はティガに変身するダイゴ(V6長野)が主人公だし、ちょうどいいかなと。
しかし、実際に鑑賞してみてものすごく後悔しました…。
ある程度覚悟はしてましたが、これは一見さんお断りの超マニアック映画です。

ストーリーは最新ウルトラシリーズの『ウルトラマンメビウス』の世界が元となり、
その平行世界である現実(に非常に近い世界)が舞台となるパラレルワールドもの。
平行世界ではそれぞれウルトラマンティガ・ダイナ・ガイアである
ダイゴ・アスカ(つるの剛士)・ガム(吉岡毅志)の仲良し3人組は
この世界ではふつうの冴えない青年。
昭和ウルトラマンシリーズのウルトラマン・セブン・ジャック・エースである
ハヤタ(黒部進)・モロボシ(森次晃嗣)・ゴウ(団時朗)・ハヤタ(高峰圭二)も
この世界ではふつうの商店街のオッサンたち。
そんな世界に平行世界から怪獣とメビウスであるミライ(五十嵐隼士)が現われる…。
と、大まかに説明するとなんともワクワクするような話になりそうなものだけど、
蓋を開けてみればクソツマラナイ物語に仕上がっています。

本作の主人公はダイゴだし、アスカ、ガムの平成ウルトラマンの3人の活躍が
軸になると考えるのが普通だけど、見せ場が多いのはむしろ昭和ウルトラマンの4人。
しかも変身する前のオッサン姿でありえない活躍を見せてくれます。
ダイゴは出ヅッパリではあるものの、ただ振り回されているだけという印象。
むしろこの設定ならミライを主人公にした方が物語として面白いと思うなぁ。
(そうなるとガイアの映画と全く同じになるけど…。)
正直、こっちはウルトラマンの活躍を見たいし、オッサンの活躍なんてどうでもいい。
チビッコたちもあれで満足なのかな?

あと、人間関係などの設定が不親切すぎる。
過去のシリーズのヒロインが各々の恋人や妻役で出てたり、
懐かしい人たちがカメオ出演しているみたいなんですが、
その辺りの人間関係は観客側で勝手に補完してくれというスタンス。
それはそれでファンサービスだから仕方ないけど、
とにかく俳優が中年、初老ばっかりで華がないよ。
(長野くんやつるの剛士はタレントとしての華があるからいいけど。)
オバサンヒロインたちのフラダンスを長々見せられるチビッコの気持ちも考えるべき。
怪獣も過去の作品に登場したやつみたいですが、チョイスがマニアックすぎる。

なので、この映画のターゲットはメビウスを見ているような現役チビッコではなく、
こどもの頃に昭和ウルトラマンを見ていて、いい歳になっても卒業できない
中年以上のウルトラマンオタクのために作られた作品だといえます。
現に上映中、中年のオッサンどものテンション上がりまくりで、
オッサン俳優が出演するたびにドヨメキ、そこかしこで感想の言い合い。
過去のシリーズの映像が流れれば、勝手に解説を始め、拍手しだすキ○○イも。
こんなにザワついた劇場は初めてだと思うくらい最悪の環境でした。
チビッコは走り回るのは仕方ないとしても、いい大人が映画のマナーくらい守れと。
もちろん、ちゃんとマナーをわきまえたオジサマの方が多いんですが…。

劇場マナーはともかく、映画としてもただのノスタルジーを狙っただけのクソ脚本。
整合性がまったくとれていない設定なのはもちろんのこと、
物語の鍵であるはずの赤い靴の少女や悪の親玉の正体すらちゃんと説明されないし。
一本の物語として成立させる気はまったくないんでしょうね。
なにより現実世界が舞台なのに、あんな非現実的なラストはありえない。
特にメモリアルイヤーでもなさそうなのに、なぜこんなお祭り的作品を作るのかも謎。
つるの剛士の人気にあやかったとしか思えないお気楽な作品です。

とはいうものの、ボクもティガの変身シーンだけは感激したかな。
だからといって声を上げたりはしませんが。
あと、ウルトラマンは造形的にダサいと思ってたけど、メビウスはなかなかいいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/57-dc80df2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad