ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

シャッター

今日は映画の感想です。

シャッター
Shutter.jpg

2008年9月6日日本公開。
タイ映画『心霊写真』のハリウッド・リメイク。
奥菜恵のハリウッドデビュー作として話題のホラー映画。

カメラマンのベン(ジョシュア・ジャクソン)と新妻のジェーン(レイチェル・テイラー)は、新婚旅行で日本にやって来るが、滞在中に、あやまって車で女性をひいてしまう。しかし女性の遺体はどこを探しても見つからず、その後、2人の撮る写真に白いモヤが写るようになり…。(映画冊子より)



日本人監督が撮ったハリウッド映画。なのに原作はタイ映画で、
一概にハリウッド版和製ホラーとは括れない作品です。
でもまぁ原作『心霊写真』自体が和製ホラーの影響をモロに受けた作品だし、
舞台も日本、俳優も日本人が多いとなると、必然的に和製ホラーの色合いが強いです。
とはいえ、ホラー映画としては致命的に怖くないです。

怖くない理由としては怨霊メグミ役が日本の有名女優・奥菜恵だし、
(日本人にとっては)彼女本人にしか見えないというのも大きいですが、
やはり、どことなくバタ臭い恐怖演出にあると思います。
精神的な不気味さよりも視覚的な気色悪さを強調した恐怖シーンだったり、
怨霊にまさかのお色気シーンがあったり、過度なBGMだったりと…。
ホラーとしてはダメダメなんですが、それでも映画として悪くないと感じるのは、
実はこの作品がホラーではなく、サスペンス・スリラーだからです。

王道和製ホラーを代表する怨霊の貞子や伽椰子は無差別に人を呪うのに対し、
本作の怨霊メグミは怨みのある相手しか狙わない。
王道和製ホラーの主人公は、不条理に一連の心霊現象に巻き込まれることが多いが、
本作の主人公は狙われて当然の鬼畜野郎。
主人公の所業が、(特に日本人としては)目に余る下劣な行為だったし、
貞子や伽椰子も同情に値する境遇だったが、メグミはそれ以上に感じます。
なので観客はむしろ怨霊に感情移入することになると思います。

日本人女性蔑視的な真相は、日本人としてなんともいえない気分に。
監督が日本人だからまだマシだけど、もし白人監督だったら最悪でした。
逆に「日本人監督なのに…」と悔しく思ったのは、一部の配役です。
主人公夫婦やその友達が外国人なのは当然ですが、
なぜか一部の日本人役までに外国人を起用しているのがホントに残念。
特に重要な役である心霊雑誌の編集者役に『HEROES』アンドウ役で御馴染みの
韓国人カイソン・リーが起用され、あろうことか、カタコトの日本語喋ってるし…。
英語喋れる東洋人が必要なのはわかるけど、それなら日本在住の韓国人役でいいよ。
日本の俳優もせっかくの日本人役を外国人にとられるなんて情けなくないのか…。
俳優やるならハリウッドが最高峰なんだから、そこを目指せるように
英語を勉強するくらいの向上心を持ってほしいよ。
しかし、霊媒師役の山本圭まで日本語がカタコトなのはなんで??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/55-3a494e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad