ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

闇の子供たち

世の中、憤りを感じる事って多いですよね。
老後の不安や物価高騰や環境問題などなど…。
自分だけでは憂うことしかできませんが、
意外と本当に解決できないなんてほとんどなくて、
然るべき立場の人なら簡単に解決できるんじゃないかなんて思います。
自分がその立場にないことにまた憤るんだけど…。
今日は重たい映画の感想です。

闇の子供たち

2008年8月2日公開。
タイで実際に行われている人身売買、幼児売買春を題材に描かれた衝撃の社会派映画。
梁石日の同名小説の映画化。

※不愉快な表現をしている可能性があります。

タイ駐在の新聞記者、南部浩行(江口洋介)が、若いフリーカメラマン、与田博明(妻夫木聡)の協力を得て、闇ルートで取引されている臓器の密売に関する取材を開始する。しかし金のために子供の命までも容赦なく奪われるその実態は、想像を遙かに超えるおぞましきものだった。一方、理想を秘めてバンコクのNGO団体に加入した音羽恵子(宮崎あおい)も、子供たちがさらされているあまりにも悲惨な現実を目の当たりにしていく…。

映画は娯楽としか思ってないボクが絶対見ることないはずだった映画。
一緒に行った子に「妻夫木くん出てるし、『アイランド』より少し暗い程度だよ」と
半ば丸め込まれて見に行くことになりました。
その前にボクが誘った映画『ハムナプトラ3』がクソだっただけに引け目もあったし。
でもこの映画はそんな軽い気持ちで見たら痛い目にあいます。

タイで心臓移植を受ける日本人の子供のドナーはタイ人の生きた子供…。
小学生くらいの少年少女が人身売買で売春宿に売られ強制的に働かされ、
時にはエイズや薬物で死ぬ子供も…。客には日本人も多いらしい。
映画のストーリーはもちろんフィクションだけど、
タイではこんな人権侵害が実際に横行しているとのこと。
そこに日本人が関与していることは日本人として憤りを感じるが、
それ以上に、この現実をどうにもできない自分の無力さに心が絞めつけられます。

ここでいくらその悲惨さを訴えても、ボクの文章力では限界があるので他に任すとして
この映画が、映画としてどうだったかということを書きます。

まず、こんな重い作品にトレンディー俳優をキャスティングしたことについて、
江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、いずれも実力派ではありますが、
やはり作品の本質を伝えるためには彼らには華がありすぎると思います。
特に移植手術を受ける日本人の子供の父親役だった佐藤浩市ですが、
(多少金持ちではあるが)一般的な家庭の父親という設定のはずが、
彼の隠しきれないセレブリティなオーラのせいで、そうは見えません。
主役の江口洋介は本当に現地在住の日本人に見える役作りで良かったです。
まぁ、彼らを配することで社会派映画を見ないような人たちも見てくれるし、
重すぎる話のひとときの清涼感にもなってるのでボクは助かりましたが。

ストーリーについて、
新聞記者(江口洋介)がジャーナリストとして心臓移植の闇のルートを追求する話と
NGOの日本人(宮崎あおい)が売春宿から少女を救い出そうとする話が
平行して描かれていきます。
心臓移植の話の方は、記者があの手この手で事実を暴こうと策を弄したり、
若いフリーカメラマン(妻夫木聡)の成長を描いたりと、
不謹慎ながら、映画的でワクワクさせてくれるストーリーでした。
売春宿の方は、そこでの行為や、子供たちの悲惨な境遇が描かれるシーンが多く、
見てて辛かったです。(でも悲惨すぎて目を背けられない…。)
NGOの方は、悠長な売春宿潜入や子供救出方法など、偽善にしか見えなかった。
特に宮崎あおい演じる音羽は、自分探しでNGOをしているだけの日本人のくせに、
タイ人の子供を救うために異常なまでに執念を燃やしているのが違和感があったし、
心臓移植を受ける子の両親に不条理に食ってかかるシーンはマジでウザかった。
まさにボクが想像していた自己満足のためのNGOって感じです。
最後の裏切り劇や銃撃戦は意味がよくわからなかったです。

どうしても気に入らないのは、人身売買のバイヤー(プラパドン・スワバーン)に
子供のときのトラウマを設定して、"実はいい人?"みたいな演出をしていたことです。
ストーリーに深みを与える意図はわかりますが、人買いなんて最低のクズでしょ。
更に言えば、子を売る親もクズ、子供を買う日本人はもっとクズです。
タイやマレーシアに買春ツワーに行く日本人は全員○ね!

あと、もしロリコンの方が読まれてたら言っておきたいのですが、
この映画は子供の裸の映像はありませんから、そんな期待はしないように。
それと「幼女買春ができる」とタイに行かないように。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/48-d6f9abb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad