ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ハナミズキ

少し前に映画館で観た上映前の新作映画の予告ですが、
『大奥』→『SP THE MOTION PICTURE』→『SPACE BATTLESHIP ヤマト』→『GANTZ』と、
ジャニーズ映画一色だったのが印象に残っています。
他にもジャニーズ出演作では『十三人の刺客』『あしたのジョー』
『僕と妻の1778の物語』『REDLINE』なども近日公開ですね。
テレビでは求心力を失っているという噂のジャニーズですが、
映画では今まさにピークを迎えようとしている気がします。
それをあまり喜ばしく思わない人が多いのも知ってるけど、
『ちょんまげぷりん』なんて今年1~2を争う名作だったし、
ボクは(ひとつを除いて)注目してます。

ということで、今日はジャニーズ屈指の俳優による主演作の感想です。

ハナミズキ 君と好きな人が、百年続きますように

2010年8月21日公開。
一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにした純愛ラブストーリー。

東京の大学を受験すべく、大きな夢に向かってひたむきに突き進んでいる紗枝(新垣結衣)と、漁師としての家業を継ぐため、水産高校に通う康平(生田斗真)。互いを思い合う中、やがて二人は紗枝の上京をきっかけに遠距離恋愛を始めるが、故郷に残った康平は、都会の暮らしを通して美しさが増していく紗枝との別れを選ぶ。(シネマトゥデイより)



モチーフとなった曲、一青窈の「ハナミズキ」はサビの部分しか記憶になくて、
「君と好きな人が百年続きますように」という歌詞から、
「好きな人の幸せのために自分は身を引く」という意味の悲恋の曲だと思ってました。
だから本作を観て、ラストで普通にくっ付いちゃったのはかなり意外で、
帰宅後ちゃんとこの曲について調べてみました。
そしたら「ハナミズキ」は悲恋の曲どころか、
同時多発テロを受けて制作された反戦ソングだとわかり、さらに混乱しました。
そういえば本作にも同時多発テロやイラク戦争の話が出てきたけど、
それはほんの少しだったし、基本的には遠距離恋愛の話で…。
なにがどうモチーフになったのか全然わかりません。
ハナミズキの花言葉「返礼」ともあまり関係なさそうだし…?

曲との関係は全くわからないままですが、普通に観てて心に残ったのは、
東京一極集中の異常さと、東京に出るしかない地方の若者たちの苦悩です。
日本は首都圏に人口の4分の1が集中していて、依然人口流入してるんだそうで、
これは世界的に観てもかなり異常な過密っぷりです。
経済や行政も東京にばかり集中していて、地方では仕事の選択肢も少なく、
前途のある若者はどんどん上京しちゃいます。
これだと東京一極集中はさらに進み、地方は疲弊する一方です。

ボクは大阪市まで電車で20分ほどの郊外に住んでいるので、
それほど田舎ではないんですが、こんなに大都会・梅田が近くにあるのに、
どれだけの知人が上京してしまって、幼馴染や学生時代の友達が減ったことか…。
上京という残酷なシステムのせいで、どれだけの家族や仲間が引き裂かれているか…。
道州制導入でも何でもいいから、はやく地方分権を進めないと、
悲しい別れを強いられる人がどんどん増えますよ。

ウチの親もド田舎から集団就職的なやつで大阪に出てきたみたいだけど、
ちょっと実家に帰るだけでも半日以上、運賃数万円かかるし、
おかげで親の死に目にも会えなかったし、法事の度に出費が大変でした。
ましてやあまり稼げない若い世代の遠距離恋愛なんて絶対無理でしょ。
本作みたいに北海道~東京間では片道3万円くらいかかるんじゃないの?
本作では紆余曲折ありながらも4年間はうまくいってたけど、あんなの映画だからです。
それも誘惑の多いであろう美男美女ですからね。
若いのに絶対無理でしょ。

恋愛映画としては、ふたりをくっ付けようとする展開が強引過ぎると感じました。
各々別々の人と結婚するってところで終わっとけば、
モチーフになった曲の(ボクが思う)解釈とも合致するのに、
その後の展開がかなり無理やりで、カナダの件なんてもうファンタジーですよ。
ふたりを結びつけるために、婚約者を殺してしまうのも酷いと思う。
あ、殺したのは婚約者だけじゃないですね。
とにかく、人の死の上に幸せなんて築けませんよ。

地方の若者の苦悩は共感したし、よく描けてたと思うけど、恋愛映画としては安易すぎ。
人気アイドル俳優同士の共演なら、若い子たちが飛びつくだろうという意図が見え見え。
実際に若いお客さんが殺到して、興収初登場1位になって、
それでボクも興味を持ってしまったので、狙い通りだったわけですが…。
あ、でも主演ふたり(生田斗真&新垣結衣)の演技はよかったですよ。
特に生田斗真は薄幸感漂うキャラがうまいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/354-4f8b18e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad