ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

『アリス・イン・ワンダーランド』の興行成績、もう7週連続1位ですか…。
今週末も際立った作品公開されないし、まだ記録は伸びそうです。
今年に入ってもう22週くらい経ってるんですが、
その間週末興行成績1位になった作品はたったの5作品しかありません。
アメリカのランキングは毎週か隔週くらいで1位が変わるし、
ボクなんかは公開週に観ないと気が済まない性質なんで、
アメリカみたいに公開週に観客が集中するのが普通だと思うんですが、
日本人は新作に興味がないのか、流行ってるものしか観ないのか、少し不思議かも…。
まぁ公開週でも劇場が空いてるのはありがたいですけど。

ということで、今日は先週末2位だった映画の感想です。
先週末はディズニーが1、2フィニッシュでした。

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

2010年5月28日日本公開。
同名の洋ゲーを実写映像化したファンタジーアクションアドベンチャー。

シャラマン王に見込まれて養子となった、ペルシャ帝国第3王子のダスタン(ジェイク・ギレンホール)は勇猛果敢な若者だった。ある日、敵国への武器供給の情報を得た王の腹心の弟ニザムと王子3人は協力し、軍を率いて聖地アラムトの制圧を成し遂げる。だが、聖地への進軍は王の怒りを買い、王は武器供与の証拠を示せと息子たちに迫るのだった。(シネマトゥデイより)



本作の原作はPS2の洋ゲー『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』ですが、
ボクはそんなゲームがあったなんて全く知りませんでした。
日本ではけっこう洋ゲーは敬遠されがちだし、あまり有名じゃないのかな?
でも映画化されるくらいだから世界的には大人気なんだろうな、
…なんて思いながら観に行ったんですが、
主人公ダスタンが城壁の足場をグイグイ登っていくシーンを見て、
「あ、このゲーム知ってる!」と記憶が呼び起こされました。
直の原作である『~時間の砂』は全く知らないのは間違いないけど、
『プリンス・オブ・ペルシャ』シリーズのSFC版を友達が持ってました。
だからなんだって話ですが、要は原作ゲームのイメージを
かなり忠実に映画化してるのかも、…と感じたということです。

でも基本は映画オリジナル・ストーリーなので原作ゲームなんて知らなくても大丈夫。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』のチームが制作した(?)だけあって、
良質なアクションアドベンチャー映画として楽しめます。
ストーリーはイラク戦争でのアメリカの横暴を揶揄った内容ですが、
ディズニーのファミリー向けファンタジーなので、そんなに毒は強くないです。
誰でも気楽に楽しめる映画だと思います。

ただ唯一にして最大の欠点はオチが簡単に読めてしまうこと。
しかもかなり早い段階でわかってしまうと思います。
まぁオチが読める映画なんて腐るほどあるけど、本作のオチはガラガラポン系なんで、
読めた段階でそれ以降の経過がどうでもよくなるかもしれません。
主人公がどんな活躍しても、誰が死んでも、「どうせガラガラポンだし…」みたいな。
ファミリー向けだしわかりやすいのは大歓迎だけど、
予想を裏切れとまではいわないまでも、もうちょっと捻ってくれてもよかったかも…。
ただ大オチとは別に、ちょっとしたミステリー要素もあるんで、
ラストが読めるから退屈だった、ということはありませんでした。

主人公のダスタンを演じたジェイク・ギレンホールは
あまりアクション映画に出演するタイプじゃないですよね。
かなりワイルドな感じのヒーローでしたが、意外と似合ってました。
彼は明日公開の『マイ・ブラザー』でも主演します。
こちらはたぶん本来のイメージに近い役だと思います。
それにしても2週連続で主演映画が公開になるとは、人気者ですねー。
おそらく『マイ・ブラザー』の方が本作の公開にあわせてきたんだと思うけど…。
どちらも兄弟の確執を描いた作品だというのも興味深い一致です。
人気者といえば、本作でヒロインのタミーナ王女を演じたジェマ・アータートンも、
絶賛公開中のアクションアドベンチャー『タイタンの戦い』でもヒロイン役でした。
同じ古代ファンタジーだし、似たような役どころだけに、
キャスティングする人はもうちょっと考えた方がいいんじゃないかな?
どことなくオリエンタルな美人で、好きだけどね。

原作では『~ケンシノココロ』『~二つの魂』という続編があるそうです。
なので興行次第では本作もシリーズ化されるかもしれませんね。
ディズニーはファンタジー映画の人気が陰りを見せた頃に、
『ナルニア国物語』シリーズを放棄したわけですが、
またファンタジー映画ブームが来てるっぽいので、
『ナルニア国物語』で空いた枠を埋める意味でも、可能性は高いかも?
まぁディズニーは意外とシビアなんで、興行次第では容赦なく打ち切るし、
一作完結にしといた方が無難だけど…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/298-5e5720af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad