ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

イヴの時間

先月PS3を買ったんで、『龍が如く3』(4はまだ)をプレイしてるんですが、
さすがにPS2からのグラフィックの進化に度肝を抜かれました。
プレイシーンも凄いけど、ムービーシーンの人間のリアルさにビックリです。
毛の一本一本から、目頭や口元の生々しさ、皮膚のぶつぶつまで表現されていて…。
でも、すごいリアルに描かれてるのに何故か今までより人間らしさを感じなくて、
ぶっちゃけキモくて凝視できません。
人間は人間に似ているものに好感を感じるけど、あまりに似すぎると嫌悪感を感じる、
こうゆうのを"不気味の谷現象"っていうそうですね。

先日、阪大の教授が実在の人間と全く同じ外見のロボットを開発し、
モデルの女性とそのロボットが対談してる動画が公開されていたのを見ましたが、
驚くほど人間ぽいのに、寒気がするほど不気味でした。
特に日本人はアトムの影響か、ロボットを人間に似せることに関心が高いですが、
ボクは人間なんて非効率な形だし、わざわざ人型にする必要はないと思います。
R2-D2みたいなロボットでも充分愛嬌を感じますしね。
人型でもドラえもんやコロ助くらいの外見がちょうどいいです。

ということで、今日は全く区別の付かないロボットがテーマのSF映画の感想です。

イヴの時間 劇場版
イヴの時間

2010年3月6日公開。
WEBアニメ『イヴの時間』に、新作シーンを加えて"完全版"として再編集した劇場版。

子どものころからアンドロイドを人間視することなく、便利な道具として利用してきた高校生のリクオは、ある日、自家用アンドロイド、サミィの行動ログに不審な文字列が刻まれていることに気づく。親友のマサキと共にログを頼りに喫茶店、イヴの時間を訪れたリクオは、人間とアンドロイドを区別しない店のルールに驚く。(シネマトゥデイより)



炊事洗濯から送り迎えまでしてくれるアンドロイドが、
家電として一般家庭にまで浸透している未来の日本。
アンドロイドの外見は人間と区別がつかないほどにまで進歩しているが、
人間と同じように扱われることはなく、道具として扱われていた。
もちろん人間もアンドロイドは命令に従うだけで心なんてない…、
と思っていたのだが…。

ロボットに心は宿るのか…、ってテーマの作品は古今東西たくさんあります。
古くは『ピノキオ』とか『フランケンシュタイン』とか『鉄腕アトム』とか、
最近では『A.I.』『アンドリューNDR114』『アイ・ロボット』など。
『ターミネーター2』とか『WALL・E』なんかにもその要素はありますね。
SF作品では好んで描かれる哲学的なテーマで、ちょっとマンネリ感もあるけど、
思考実験として興味の尽きないテーマです。
ボクは人工知能でロボットに自我が芽生えることはないと思ってますが、
ロボットに限らず、物には魂が宿ると思っています。
鎌倉時代の説話集『宇治拾遺物語』にもそんなことが書いてあったし、
百鬼夜行とか九十九神とか、日本人は昔からそう考える人が多いですよね。
(だからヌイグルミとか食玩の人形とか捨てられなくて困る…。)
アニミズム…、ってのはちょっと違うかもしれないけど、
それが日本が世界に誇る"MOTTAINAI"の根幹だと思います。

本作は基本は萌えアニメだし、そんなに硬い話じゃないですが、
何気に人種差別だとか対物性愛だとか家電リサイクル法だとか、
社会構造の寓話的なところもあったりで、シニカルで興味深いし、
笑えるところもあり、ちょっと泣けるところもあったりで、よく出来てます。

劇中のアンドロイドは実は感情があるが、普段は機械的に従事しているため、
人間はそのことに気付かず、ある意味アンドロイドを差別的に扱っています。
アンドロイドを擁護する人間は何かと叩かれ、アンドロイド入店禁止の店も多い中、
アンドロイドと人間を区別しない非合法な喫茶店がひっそりと営業を続けています。
そこに集まったアンドロイドか人間かわからないお客さんたちの群像劇です。
観客も登場人物がアンドロイドか人間か見分けが付かないので、
それを予想するミステリー的な楽しみもあります。
(ボクの予想はけっこう外れてました…。)

もとが15分くらいの一話完結アニメを繋ぎ合わせた作品のために、
お客さん1組1組の素性を明かしていくオムニバス作品のような構成になってます。
仰々しい伏線らしきものはあるけど、特に大きく話が展開するわけでもなく、
どうやら第1シリーズの完結編だったらしくて、今後もまだ続きそうです。
第2シーズンも再編集されて劇場版化されるかわかりませんが、
もしされたらまた観てみたいかな…?

オムニバス形式なんで、まぁ面白いのやそうでもないのもありましたが、
人間にはほど遠い旧型ロボット絡みのふたつの話が特に面白かったし、感動しました。
ボクはやっぱり萌え萌えの女の子型アンドロイドより、
ロボットらしいロボットの方が愛着を感じるみたいです。
てか、ボクが俗っぽいからか、女の子型アンドロイドって、
ラブドールとして作られたようにしか見えないんですけど…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/265-24c5de5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad