ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ワイルド・スピード ICE BREAK

さすがにゴールデンウィークは映画館も大混雑しますね。
人気作は席を取るのも大変で、ひとりならどうとでもなるけど、
ふたりで観に行くとなると二日前に予約しないといい席ないかも。
昨日『ワイルド・スピード』を知人と観に行ったけど、
一日前に予約したらかなり前方の席しか取れなくて…。
個人的にはちょっと後ろ目の方が好きなんだけどな。

今日も映画の感想です。

ワイルド・スピード ICE BREAK
The Fate of the Furious

2017年4月28日日本公開。

本作は大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾です。
アクション映画が8作も続き、しかも人気が衰えるどころか増すなんて、
かなり異例のことだから、邦題にもナンバリングして強調すべきです。
どうも本シリーズは10作目で完結することになっているらしく、
8作目の本作は最後の三部作の1作目という位置付けになっているとか。
とはいえ前作の全米興収がシリーズ最大の3億5300万ドルの超ドル箱なので、
本作を含めあと3作で本当に終了するのかは疑わしいものだと思いますけど。
一応3作の他にホブスとデッカードのスピンオフも企画されていますが、
今となっては2作目はブライアンのスピンオフだったとも言えるので、
(外伝的な3作目もハンのスピンオフと言えなくもないかな?)
スピンオフを別に作るというのもちょっと違和感があるんですよね。
そもそも私は『ワイルド・スピード』の主人公はドムだと思ってないし。

シリーズを語る上で避けて通れないのは、やはり前作撮影期間中に
交通事故で他界してしまったポール・ウォーカーのことでしょう。
彼が演じたブライアンはシリーズ1作目と2作目の事実上の主人公であり、
ドムと並ぶシリーズの二枚看板のひとりでした。
前作が遺作となり、シリーズから強制降板となってしまったことで、
シリーズ続行すら危ぶまれたわけだけど、やはり超ドル箱シリーズなので、
主演の死くらいでは終わらず、本作が製作されたわけです。
私はポール・ウォーカーを知ったのはこのシリーズでしたが、
いつも日本車(日産車)を愛車にするブライアンに親近感を覚えて、
ブライアンが好きでシリーズを見続けていたところがあるので、
正直彼亡き『ワイルド・スピード』は観たいと思えなかったので、
前作で終了してくれていてもよかったです。
ブライアンの退場で一枚看板となったドム役のビン・ディーゼルは嫌いだし…。

ディーゼルのことが嫌いな理由はガキ大将みたいな風貌や
ウォーカー差し置いてシリーズの顔面しているのも気に入らないけど、
本作製作中のエピソードにドン引きして、ますます嫌いになりました。
なんでも本作で撮影されるはずだったいくつかのシーンで、
ディーゼルが勝手にドタキャンして現場にも現れず、
何百人ものスタッフやエキストラを半日待たせたこともあったとか。
その役者としての姿勢に激怒したホブス役のドウェイン・ジョンソンが、
インスタグラムでディーゼルを「プロ失格、チキン野郎」とディスると、
焦ったディーゼルは「俺はキャスト全員に感謝している」みたいな
弁明にもなってないチキンなコメントをインスタグラムに投稿して…。
どうもその後、プロデューサーを交えて三者会議が開かれたようで、
一応2人は和解したことになっているらしいですが、
「ファミリー(チーム)の大切さ」を謳っている本シリーズで、
ドタキャンでチームに迷惑かけたり、他のキャストと揉めるなんて…。
特に本作はこれまで以上にファミリーが重要なテーマなので、
本作の説得力までなくなってしまう愚行で、デーゼルには幻滅です。

それでもブライアン不在でドム主人公の本作を観に行ったのは、
やはりデッカード役のジェイソン・ステイサムが好きだからです。
前々作のラストシーンにカメオ出演し、前作では最大の敵として登場した彼。
シリーズのライバルともいえる大人気カーアクション『トランスポーター』から
電撃移籍ともいえる彼の出演は当時めちゃめちゃ驚きました。
(それに伴い主演が交代した『トランスポーター』シリーズは完全に没落。)
そんな彼が本作にも続投し、今度は味方として活躍するわけですが、
本シリーズはドムとブライアンの二枚看板から、
今はドムとホブスとデッカードのトロイカ体制に移行した感じです。
ハゲのトリプル主演ですが、タイリース・ギブソン演じるローマンもハゲで、
チームの過半数がハゲというハゲ祭になってます。

トロイカ体制と言っても、カーアクション映画である本シリーズの
真の主人公はクルマだと思っています。
もともとはスポコンカーの映画で、スポコンカーといえば日本車なので、
ハリウッドの日本車映画ということで観始めたシリーズでした。
(ドムすら始めはマツダRX7が愛車でしたからね。)
しかし4作目からはマッスルカーが主体となり、日本車はブライアンだけに…。
更に個性的なキャラが増えて来たことで、カーアクションからドラマに比重が。
更にドウェイン・ジョンソンらアクション俳優の起用も増えて、
普通のアクションも増えてどんどんクルマの出番が減ってる感じです。
それでも普通のアクション映画に比べたらカーアクションは多めだし、
ひとつひとつのカーアクションは大規模になっていると思いますが、
もう少しクルマの扱いを良くしてほしいなと思うというか、
ぶっちゃけ「もっと日本車を扱え!」と思いますね。
前置きが長くなりましたが、以下、ネタバレ注意です。

4作目で死んだと思われていたドムの恋人レティでしたが、
5作目で実は生きていたと判明し、6作目で再会しますが記憶を失っており、
7作目の前作の最後に漸く記憶を取り戻し、ドムと結婚します。
そして本作の冒頭で、ドムとレティはキューバのハバナへハネムーンに。
キューバには一台のクルマに長く乗り続ける文化があるみたいで、
街中には旧車だらけで、旧車マニアの2人には最高の旅先です。

ハバナで借金取りから借金のカタに愛車シボレー・フリートラインを
取られそうになっている青年と出会い、ドムは困っている彼を助けようと
借金取りに自分の愛車インパラを賭けてストリート・レースを申し込むのです。
でも借金取りの要求で、ドムが乗るのは青年のフリートラインに…。
フリートラインは旧車というか半世紀以上前に作られたボロ車で、
キューバ一速いと噂の借金取りに勝てそうになく…。
ところがドムはフリートラインをドアを外すなど極限まで軽量化し、
「プアマンズ・ターボ」というプルタブを使った細工をエンジンに施します。
この細工はブライアンが得意だったものですが、
前作でチームを去ったブライアンに対するドムのオマージュですね。
その細工が功を奏してレースに勝利するも、フリートラインは爆発炎上。
ドムは愛車インパラを代わりとして青年にあげてしまうのです。
気前がいいなと思いますが、そもそも愛車を長年乗り続ける
キューバ人の気質に感銘を受けて、青年の愛車を取り返してあげようと考え
レースを申し込んだはずなのに、自分で青年の愛車をぶっ壊して、
代わりに別のクルマをあげるなんて、なんか本末転倒な気がしますね。
借金取りとはレースの中で友情が芽生えます。
そんなドムがひとりで買い物をしている時にある女性が近づいてきます。
シャーリーズ・セロン演じる彼女から「部下になりなさい」と言われ、
ドムは当然拒否しますが、ある写真を見せられて、従わざるを得なくなるのです。

一方、外交保安部のホブス捜査官は、ベルリンの反体制派から
大量破壊兵器EMP(電磁パルス)を奪還する極秘任務を受けて、
友人であるドムのチームに協力を依頼します。
ドム、レティ、ローマン、テズ、ラムジーが協力し、EMPをあっさり奪還。
ところがハバナの女性の命令でチームを裏切ったドムがEMPを持ち逃げ。
それによりホブスは逮捕されてしまいます。
なんで任務に失敗して逮捕されるんだ、と思いましたが、
公に出来ない極秘任務なので、任務中の破壊行為の罪に問われたようです。
バッチを取り上げられ、刑務所にぶち込まれたホブスでしたが、
なんとそこには前作で彼が逮捕した凄腕暗殺者デッカードも収監されていて…。
なんか前作の最後でデッカードがぶち込まれた牢屋は
もっと警備が厳重だった気がするけど、移送されたのかな?

ある日、牢のロックがハッキングで解除され、囚人たちが牢から暴れ出し、
刑務所は看守たちと囚人たちとの大乱闘になるのです。
ホブスとデッカードもその混乱に乗じて脱走することになるのですが、
ゴム弾受けてもビクともしないパワーファイターのホブスと、
パルクールなどのマーシャルアーツの使い手デッカードとの、
バトルスタイルの対比が面白かったです。
ロックを解除したのは政府諜報機関の謎の男Mr.ノーバディで、
2人を脱走させるためにハッキングしたみたいです。
ノーバディは脱走したホブスをチームと再会させ、ドムが裏切ったのは
アノニマスも恐れる世界一のハッカー、サイファーに唆されたからだと説明し、
サイファーとドムと捕まえるようにチームに依頼するのです。
「神の目」を作った天才ハッカーであるラムジーを越える人物がいるとは…。
テズもメカニックであり超一流ハッカーだと思ってましたが、
シリーズを重ねるごとにハッカーのパワーインフレが起こってます。
ちなみにベルリンでの騒動の影響で、チームは最重要指名手配犯の
ベスト6から11を独占したそうですが、現在4人なのに5人分独占はおかしい、
と思ったら、どうもベスト7はブライアンという裏設定があるみたいです。
まぁそのベスト6から11を独占というのもノーバディのジョークでしょうが。

ドム抜きでサイファーを捕まえるなんて無理だというチームのために、
ノーバディはなんとデッカードをチームに召喚します。
ただチームにとってはデッカードは前作の敵だし、
なにより仲間のハンを殺した男なので受け入れ難い提案ですが、
猫の手も借りたいのか意外とあっさりチームに迎え入れます。
正直チームのハンに対する仲間意識もその程度なのでしょう。
デッカードの弟オーウェン(5作目の敵)がサイファーの元部下で、
彼もサイファーに遺恨があるみたいで、敵の敵は味方ということですね。

ラムジーは追跡システム「神の目」を起動してドムの居場所を探しますが、
なぜかロンドンや東京など世界中にドムの反応が…。
どうやらサイファーは「神の目」をハッキングしていたみたいです。
前作での「神の目」はもっと万能な印象でしたが、そんな完璧でもないのか。
しかしハッキングを逆探知して本当の居場所を特定すると、
なぜか彼らのいるノーバディの秘密基地から反応があり…。
と思った瞬間、サイファーとドムが基地を襲撃してきて、
「神の目」を奪われて逃げられてしまうのです。
こんな簡単に襲撃されるなんて、基地の警備体制を疑いますが、
サイファーもわざわざ自ら乗り込んでくる必要があったのか…。
レティにドムとのキスを見せつける嫌がらせがしたかっただけかもしれないが、
脳震盪グレネードで気絶させるだけで誰も殺さないのも不思議かも。
ローマンは「ブライアンに協力してもらおう」と言いますが、
レティが「ブライアンとミアは巻き込めない」と反対します。
何かにつけてブライアンの名前を持ち出してくれるのは嬉しいけど、
この状況でドムの本当の家族であるブライアンとミアに
何も知らせないなんて不自然すぎるので、あまり名前を出さない方がいい気も。

サイファーにキスされたドムですが、もちろん彼女のことが好きになったから
彼女の命令に従っているわけではありません。
レティ不在時の恋人エレナと、彼女と自分の間に生まれた息子を
人質に取られているため、仕方なくサイファーに従っているのです。
うーん、再登場するなんて思ってなくて、エレナのことはあまり覚えてません。
前作でも少しだけ登場したホブスの部下の女性警官だったかな?
エレナが妊娠、出産していたことはドムも知らなかったみたいです。
彼女の子はマルコスという名前だそうですが、それはミドルネームで、
彼女が「ファーストネームはパパに」と言った時点で、
「ああ、これはあの名前になるな」と予想出来てしまいました。
本作の最後にドムから案の定「ブライアン」と命名されるのですが、
なんかまるでブライアンが死んでるかのような展開で違和感があります。
まだ生きてる叔父(叔母婿)の名前をもらったりするかな?
ちなみにドム役ディーゼルも自分の娘にポーリーンと名付けたそうですが、
ブライアン役の故ポール・ウォーカーにちなんで命名したそうです。
ドムは自身がファミリーと呼ぶチームを裏切り、
リアルなファミリーを助けることを選んだわけですね。

そんなエレナ母子を監禁しているサイファーの基地はジェット機なのですが、
監視衛星などの死角を飛ぶ「幽霊フライト」をしているので発見されません。
しかし死角の出来方にはパターンがあるため、それを計算することで、
ドムがNYにいることが判明し、チームが急行します。
チームにはノーバディによってデッカードの他にも新メンバーが加わり、
それがノーバディの部下であるリトル・ノーバディ(本名不明)なのですが、
スコット・イーストウッド演じるリトルは明らかにブライアンの代役。
イケメンの白人で雰囲気も近いし、なにより彼の乗るクルマはスバルなので、
日本車を愛車にしているという設定も引き継がれているのでしょう。
日本車愛用キャラが投入されたのは嬉しいけど、
人数合わせのために取って付けたようなポジションなのが微妙…。
むしろイーストウッドが乗るなら日本車よりもグラン・トリノだろ。
彼の他にも大女優ヘレン・ミレン演じる謎の老婦人が登場し、
ドムはサイファーの目を盗み彼女とコンタクトを取ります。

その後、ドムはサイファーの命令で、訪米中のロシア国防大臣から
核のフットボール(核ミサイルのスイッチ)を奪う作戦に取り掛かるのです。
これが物凄い作戦で、なんとサイファーが半径3kmのクルマをハッキングし、
ハッキングした何十台、何百台ものクルマをオートドライブにして
国防大臣の車列を襲わせるんですよね。
立体駐車場から車列目掛けてクルマの雨を降らせたりと圧巻ですが、
国防大臣のクルマだけハッキングした方が早い気もするけど、
電子制御されてないアナログなクルマだったのかな?
そんなに電子制御されたクルマが多いはずないし、これは大袈裟ですが、
本当にクルマをハッキングして遠隔操作できるのであれば、
こんな事態も現実に起こり得るわけで、オートドライブ技術に対する警鐘です。

ドムはハッキングされたクルマに襲われて動けなくなった防衛大臣から
核のフットボールを回収し逃走しようとしますが、彼の行く手をチームが遮ります。
しかしやはり急造チームなので、新人リトルの勇み足でチームワークが乱れ、
まんまと切り抜けられてしまうのです。
リトルはブライアンの代わりのくせに使えない奴です。
やっぱり頼りになるのはデッカードで、ひとりでドムを追いますが、
ドムに発砲され射殺されてしまうのです。
まぁあの不死身のステイサムが撃たれたくらいで死ぬはずないので、
この時点でデッカードが本当に死んだと思った客はいないでしょうが。
レティが隙を突いてドムから核のフットボールをひったくりますが、
さすがにドムはレティまで射殺できず取り返せません。
しかしすぐにサイファーの右腕ローズに奪い返されてしまいます。
サイファーはレティを殺せなかったドムへの罰として、
エレナを射殺し、息子を殺されたくなければ命令に従えと脅します。
あまりにあっさり殺されたエレナですが、やっぱりシリーズ的にも
ドムの妻はレティなのでエレナのことが邪魔だったのかな?

まんまと核のフットボールを持ち去られてしまいましたが、
レティを襲ったサイファーの右腕ローズのことを調べることで、
サイファーが企んでいる計画が判明します。
どうやら反体制派が占拠したロシア・ウラドビンの潜水艦基地から
原子力潜水艦を奪って、核ミサイルを発射するつもりのようです。
原潜の基地をサイファーに奪われる前に反体制派に奪われている時点で、
ロシアの核の管理力はヤバすぎるだろ。
ドムはアイス仕様に改造したダッジ・チャージャーで単身基地に突っ込み、
ベルリンの反体制派から奪ったEMPで基地の警備システムを無効化し、
その隙にサイファーがジェット機から原潜をハッキングしてジャックするのです。
ラムジーがハッキングし返そうとしますが、やはりサイファーの方が凄腕で…。
しかしチームの別動隊が原潜に乗り込んで、核発射に必要なチップを奪取し、
とりあえず核ミサイルが発射されることだけは阻止できます。
ハッカー同士のハイテクな攻防よりも、チップを原潜から剥がすという
アナログなやり方の方が効果的だったりするんですね。
サイファーは原潜の奪取を強行し、外洋へと出向させます。
チームはアイス仕様のクルマや戦車で凍った海面を走り原潜を追います。
ドムはローズと合流し、チームの様子を遠くから眺めることしか出来ず…。

一方、サイファーの乗るジェット機に2人の男が飛び乗ります。
NYでドムに殺されたはずのデッカードと、その弟オーウェンです。
ドムは元チーム(5作目)のテゴとリコの協力を得てデッカードの射殺を偽装、
NYで密会した老婦人はなんとデッカードの母親だったらしくて、
彼女の口利きでデッカードとオーウェンのショウ兄弟に、
後のブライアンである息子救出を託したのでした。
うーん、テゴとリコに連絡できるならレティたちとも連絡できそうな気が…。
オーウェンも元気に回復したんですね。
前作ではまだ意識不明で入院していて、もう再起不能そうだったのに。
しかし6作目でドムたちチームに半殺しにされたオーウェンが、
ドムの息子救出に協力するのはちょっと違和感がある気もするけど、
それだけショウ兄弟にとって母親の命令は絶対ということなのかな。
母親マグダレーン・ショウが只者ではないことは明白ですが、
まだ素性が明かされていないので、それは次作以降のお楽しみかな。
デッカードはドムの息子を発見し抱きかかえながらサイファーの部下と戦うが、
赤ちゃんをあやしながら敵を撃ち殺していくギャップが面白いです。
やっぱりステイサムはちょっとコメディっぽいキャラだと活きますね。

人質だった息子をデッカードが救出してくれたことで、ドムは自由になり、
手始めにチームを狙撃しようとしていたローズの首をへし折り、
原潜を止めるためにチームに合流するのです。
サイファーは遠隔操作する原潜で凍った海面の下から体当たりを仕掛けたり、
魚雷を発射したりしてチームを攻撃しますが、なかなか上手くいかず、
ついに原潜から熱追尾型ミサイルを発射してくるのです。
核ミサイルの発射は止められても他のミサイルは止められなかったのか。
ドムはチームを守るために囮となり、自らミサイルの標的になり、
なんとミサイルを誘導して原潜にぶつけ、沈没させるのです。
今までもジェット機とかプレデターと戦ってきたけど、
まさかクルマで原潜まで倒してしまうとは…。
ここまで来ちゃうと次作から何と戦うのか気になりますね。

一方、ジェット機ではデッカードがサイファーを追い詰めますが、
彼女はパラシュートで逃げてしまいます。
これで彼女が次作に続投することは確定的となりましたが、
正直メインの敵としては小物感があるので、続投は好ましくないな。
本作でも圧倒的な能力や権力でドムを従わせていたわけではなく、
ただ人質を取るという三下の手口だったし、右腕もローズ程度のカスだし、
何作も対決するような強大な敵って感じではないです。
本作でもそうですが、そもそも女性の敵キャラだと殺すのも忍びないし、
ラストもバトルで決着を付けられないので盛り上がりに欠けます。
たぶん次作では一度は敵だったホブス、デッカード、オーウェン同様、
ドムのチームに協力する形で登場することになり、
更に強大な敵が現れることになるんじゃないかと思います。

チームはNYに戻り祝勝パーティを開きます。
ホブスもノーバディから外交保安部復帰を依頼されますが、
娘のために暫く休暇を取ることにしたみたいです。
娘の少女サッカーチームの監督したり子煩悩なホブスも和みます。
デッカードも奪還したドムの息子を連れてパーティに参加し、
すっかりチームの一員のように居座っていますが、ハン殺しの遺恨は?
オーウェンはパーティに参加してませんが、彼は仲間ハズレか。
この場で息子のファーストネームが披露されますが、
やはり叔父ブライアンがいないところでするのは不自然な気がしますね。
チームは抜けても親戚付き合いはしているはずなのに…。
まぁ無理なのはわかってるけど、如何せんブライアン・ネタを盛り込み過ぎで、
ここまで露骨だと安易に感動を狙ってるんじゃないかと思えて逆に冷めます。
気持ちはわかるが、チームを抜けたブライアンばかりではなく、
死んだハンやジゼル、そしてエレナのことももっと言及するべきでは?

さて、次作となる9作目は2019年4月19日、
完結編となる10作目は2021年4月2日に全米公開だそうです。
撮影中のトラブルに事欠かない本シリーズですが、
無事にシリーズ全うできることを祈ります。

関連作の感想
ワイルド・スピード MAX
ワイルド・スピード MEGA MAX
ワイルド・スピード EURO MISSION
ワイルド・スピード SKY MISSION

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/1812-88ba0867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad