ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

アドレナリン:ハイ・ボルテージ

シュワちゃん、セガール、スタローン、ヴァンダム…。
往年のアクション俳優たちは軒並み当時のキレを失ってしまった昨今、
今一番勢いのあるアクション俳優といえば、世界一カッコイイハゲでお馴染みの
ジェイソン・ステイサムをおいて他にはないです。
というか、今仲間内でジェイソン・ステイサムが流行ってます。
いや、やたらと映画に出てるし、世界的にもかなり流行ってますよね。

アドレナリン:ハイ・ボルテージ

2009年9月26日日本公開。
ジェイソン・ステイサム主演のB級アクション映画『アドレナリン』の続編。

自分をハメた悪党との死闘で瀕死の重態に陥った殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)だったが、運ばれた病院で心臓を奪われ、バッテリー式の人工心臓を移植される。ところが、それは充電しないと止まってしまうという代物で、シェブは電流を求め、エンジンバッテリー、スタンガン、発電所とところ構わず充電するために奔走する。(シネマトゥデイより)

前作『アドレナリン』のラストで宿敵ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティージョ)と
ヘリコプターから落下し、絶対死んだはずのチェリオス(ジェイソン・ステイサム)、
だけどこの映画が(B級のわりには)大ヒットしたのを受けて、見事に復活です。
転落直後に謎の中国人組織に搬送されて、劣悪な人工心臓を移植され、
なんとか一命を取り留めます。
まぁこの中国人組織は別にチェリオスを助けたかったわけではなくて、
死にかけのボスに移植するために、彼の頑丈な臓器やイチモツがほしかっただけ。
ところが心臓だけ取り出したところで彼に逃げ出されてしまうわけですが、
それにしてもヘリからの落下で死ななかったのはいいとして、
どのみち前作で射たれた中国毒で死ぬのでは?
しかもそんな汚染された心臓、ボスに移植しない方がいいのでは?
なんて冒頭からツッコミどころ満載な設定ですが、
そんなことはどうでもよくなるクレイジーな映画です。

前作はずっとアドレナリンを分泌しとかないと死ぬという設定でしたが、
本作は1時間ごとに人工心臓に充電しないと死ぬという設定。
(邦題の"アドレナリン"全然関係なくなっちゃってるし…。)
正直、前作の方がかなり切羽詰った状況だし、スリリングな設定ですよね。
なのでちょっとパワーダウンしちゃうんじゃないかと思ったんですが、
全然そんなことはなく、むしろすべてにおいて前作を上回っている感じです。
特にクレイジーさが半端なく、痛快なバカ映画に仕上がっています。
公然猥褻シーンもパワーアップして、R18+(18禁)になっちゃってます。
でも脈絡なくチェリオスのイカレタ幼少時代の話が挿入されたり、
対決シーンがチープな特撮怪獣映画みたいな演出になったり、
妙にナンセンスというか、トリップしちゃってる実験的な演出もあるので、
若干戸惑いましたが、そのお陰でクレイジーさに拍車がかかってます。

問答無用の怒涛の展開で、本作だけ観ても問題なく楽しめるとは思いますが、
前作はオサライしておいたほうが更に楽しめるかな?
前作のラストがそのまま本作のオープニングってのもあるけど、
特に登場人物の関係で前作を観ておいたほうが面白く観れると思う。
チェリオスが生きてただけでも驚きだけど、実は彼だけじゃなくて、
死んだ人が双子の兄弟として登場したり、ありえない姿になって再登場したり…。
前作でかなりチョイ役で登場してた人がまたチョイ役で再登場したり…。
ほぼフル続投みたいなものです。
新登場のキャラもいい感じで、特にクレイジー女優でお馴染みバイ・リン演じる
アジア系娼婦・リアのぶっとびっぷりが魅力的です。
あ、ついでにステイサム主演の『トランスポーター』も観といたほうがいいです。
ひとつ笑いが増えるはず。

でもなんだかんだで、やっぱりジェイソン・ステイサムがいいですね。
もうこんなエログロバカ映画に出なくてもいいクラスの俳優なのに、
いい意味でいつまでも安っぽい。
バカっぽいことを真面目にさせたら彼の右に出るものはいません。
なんかマイブーム過ぎて、彼を見るだけでニヤケてしまう…。
そして、そんな彼の最新作が来年(全米)公開の『ジ・エクスペンダブルズ』。
全然全容はわからないんですが、とにかくキャストだけでも笑けます。
ステイサムはもちろん、主演シルベスタ・スタローンをはじめ、ジェット・リー、
ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーまで、
新旧多種多様なマッチョ・スターが大集合です。これは絶対笑えるはず!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/178-1ca8618b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad