ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

山形スクリーム

8日から旅に出ます。なので8日から1週間くらい更新ストップします。
高速道路が1000円乗り放題なので、とりあえず行けるトコまで行く予定です。
ボクは今まで行ったことのない関東から東、東北の方に行きたかったけど、
なんだかんだで九州の方に行くことになりました…。残念です…。
今年は邦画界では東北ブームと言われていて、東北舞台の邦画が多いんだそうです。
といっても、『重力ピエロ』『ウルトラミラクルラブストーリー』
そして今日感想を書く『山形スクリーム』くらいしか思い浮かびませんが…。

山形スクリーム

2009年8月1日公開。
個性派俳優・竹中直人が監督したホラー・コメディー。

美香代(成海璃子)が所属する歴史研究会の女子高生たちは、落ち武者伝説が伝わる山形県の御釈ヶ部村(おしゃかべむら)に研修合宿に向かう。東京から来た彼女たちは村をあげての歓迎を受け、そのイベント式典で“スーパーほこら”施工式が行われた。しかしこれにより、800年にわたり封印されていた落ち武者の呪いが解かれてしまい…。(シネマトゥデイより)

最近は俳優や芸人、歌手がメガホンを取ることって多くなりましたよね。
まだ若手俳優の小栗旬までもが監督デビューするとか…。
昔は映画監督ってのは撮影技術を身につけた偉い人がなると思ってたけど、
まぁそうゆう人をアドバイザーにでもすれば、誰でも監督できるってことかな。
でもその手の作品って、総じてイマイチなことが多いです。
たまにマシなのもあるけど、監督が本職じゃない割には頑張ってる、くらいの感じ。
で、本作も個性派俳優・竹中直人がメガトンを取った作品です。
竹中直人さんは独特の味のある唯一無二のコメディ俳優で、ボクは好きですが、
最近、本作の宣伝でテレビによく出てるけど、各所で滑り倒してて、
この映画観る前からちょっと不安になりました。

で、恐る恐る本作を観たわけですが、う~ん、やっぱりイマイチ…。
でもまぁ全く笑えないわけでもないし、本職の監督じゃないんだからこんなもんかな?
…って、もう監督した映画6本目じゃないですか!
6本もキャリアあってこんな駄作撮っちゃうのは、さすがにちょっと酷いんじゃない?
今までの監督作全部観てるわけじゃないけど、コメディ映画は自分の土俵のはず。
稀代のコント師、無二のコメディ俳優としてここはハズしちゃいけなかった。
これだけ寒い出来だと、コメディアンとしての評価まで下がっちゃいますよ。
これが処女作なら2本目は無かったはずです。

ジョージ・A・ロメロ的なゾンビ映画を、純和風の落ち武者で
やってみようという発想はよかったと思います。
それをちゃんとホラーとしてやれば、そこそこ面白かったかも。
でもコメディアンの性ですかね、コメディにしちゃったもんだから…。
コメディならコメディで突き抜ければいいものを、微妙にホラー要素も残して、
更に恋愛や感動まで描いちゃったもんだから、
なんだかすごく中途半端な感じに仕上がっちゃってます。

温水洋一が温水洋一役で出演してたり、意外な人が意外な役をやってたり、
そうゆう興味深さはあるけど、コメディとしては顔芸みたいな古典的な笑いと
ハイセンスすぎて面白さが伝わらないようなシュールな笑いがゴチャマゼになってて、
なんだか分かり難いというか、笑い難いです。
ほとんどのお客さんは黙りこくってたけど、爆笑してるオジサンが数人いたので、
RGS世代の人にはツボなのかも?

こんなナンセンス・コメディにストーリー性は求めちゃダメだけど、
とにかく支離滅裂で、頭っから最後までツッコミどころ満載。
いちいち指摘するのは野暮なんで、どうしても気になったひとつだけ…。
祠の施工式の前に、すでにひとり落ち武者復活してるんですけど…?
これもハイセンスなシュールなギャグなのかな?

特に中盤、『山形スクリーム』というだけあって映画『スクリーム』のような
ブラック・コメディ的なホラー演出も数多く見られますが、
キャーキャーキャーキャー、とにかく悲鳴がうるさいです。
まぁある意味、看板通りなんだけども、映画館のいい音響設備で
女子高生の金切り声を延々と聴くのは拷問です。

その女子高生役の女の子たちですが、主役の成海璃子はいつもより魅力不足…。
和装のときはかわいいけど、セーラー服の時は…。
他の友達の女子高生(桐谷美玲・紗綾)がやたらレベル高いからそう思うのかな?
短いスカートで走り回る姿はちょっとセクシーです。それだけが救いでした。

あと、ウリとして、EXILEのAKIRAが主演級の出演をしています。
演技がうまいかとかはよくわからなかったけど、
劇中でまとも(?)に山形弁喋ってるのは彼だけだったかも…。
そもそも平家の落ち武者と特に縁が深いわけでもないだろうし、
他に山形らしい演出もされていない感じだったけど、
なんで山形を舞台にしたのかが不明…。やっぱり東北ブーム?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/156-adba08ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad