ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

スウィーニー・トッド

今日も昨日に続いて映画の感想です。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Sweeney Todd


2008年1月19日公開。
監督ティム・バートン、主演ジョニー・ディップの6度目のコラボ作品。
ゴールデングローブ賞作品賞、主演男優賞受賞。

まず始めに感じたのは、「あ、この話知ってるかも」ってことです。
なんの予備知識もなくティム・バートンとジョニー・ディップの作品てだけで見に行きましたが、
オリジナルじゃなくてミュージカルの映画化だったんですね。
もっと元をたどればイギリスの都市伝説なんだそうで、
スウィーニー・トッド自体も実在したとかしないとか…。
ボクはミュージカルは見たことないけど、元の話を断片的に記憶してました。
というかこの「理髪師とパイ屋の話」はかなり有名な話なので
全く知らないって人はほとんどいないはず。

というのもあって、ストーリーとしては特に新鮮さはありません。
基本的にミュージカルなので歌セリフが多く、冗長だと感じることもありました。
2時間もあるわりには内容は薄いかなと。
スウィーニー・トッドがただの復讐から猟奇的無差別殺人になる過程も
猫の挽肉を気持ちわるがってたパイ屋女主人が人の挽肉を使おうと思い立つ心情も
うまく描ききれてないなと感じました。
でもこの映画にはそれを補って余りある映像美があります。
ティム・バートンらしいゴシック調の陰鬱なロンドンの雰囲気は秀逸です。

始めのうちはまるでゲーム画面のような非現実的な映像に酔いしれていたのですが、
話が確信に迫りその映像美にもなれてくる頃に、
今度は残忍な猟奇的シーンの連続。血飛沫が飛びまくります。
まるでスプラッター映画の如く、まさかここまで直接的なシーンがあるとは思わなかったので
ちょっとビックリしました。
でもそんな残酷なシーンもショッキングだけどグロさはなく、
さすがはティム・バートンだなと思わされます。
でも見た後ちょっと食欲がなくなるかな。
一緒に行った子が帰りに「ケンタッキー食べたい」と言い出したときは
「正気か!」と思いましたね。まぁおいしかったけど…。

ラストはネタバレになるので書きませんが、
予想が出来る結末だったとはいえ、なんとも救いのない話で…。
それにしてもジョニー・ディップってかっこいいですよねー。
来日するときはスウィーニー・トッドやジャック・スパロウからは想像もできない
オッサン丸出しの格好でお世辞にもかっこいいとは思えないのに、
あれも役作りなのかもしれませんねー。

まだ今月中に映画2本ほど見る予定です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/15-12e10fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad