ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

2014年アメコミ映画ベスト5

昨日も更新するつもりでしたが、なんだか体調悪くて、寝てしまいました。
それで今朝、病院に行くと、インフルエンザだと診断されてしまい…。
これではあと数日は仕事に行くことも出来ず、図らずも正月休み延長です。
今も38度を超えていますが、タミフルが効いているのか昨日より楽なので、
今日は布団の中から更新します。

さて、前回は日本映画のベスト10を発表したので、今回は外国映画ですが、
ボクはアメコミ映画が好きすぎるので、普通にランキングを作ると
アメコミ映画が上位を独占してしまう偏ったランキングになるため、
先にアメコミ映画だけでベスト5を作ってしまうことにします。
今回選んだ5本は外国映画ベスト10でも全部ラインクインしちゃいます。

昨年は非常にアメコミ映画の多い年でした。
ボクが観ただけでも10本以上はあります。
ただ、その線引きは微妙で、『トランスフォーマー/ロストエイジ』もアメコミ映画だし、
グラフィックノベルも含めれば、『ヘラクレス』や『アイ、フランケンシュタイン』、
『300 帝国の進撃』などもアメコミ映画になりますからね。
なので今回はアメコミヒーロー映画に更に限定したいと思います。
更にアニメ映画ベスト5で扱った『ベイマックス』や『LEGO(R)ムービー』も除外します。
そうすると実質6本から5本を選ぶことになりますが、
それが全て面白いんだから、アメコミ映画恐るべしです。

ということで、2014年アメコミ映画ベスト5の発表です。

1位『X-MEN:フューチャー&パスト
X-Men Days of Future Past
普通ならリブートされると、旧シリーズはなかったことにされるものですが、
この作品はリブートされた新シリーズ2作目でありながら、
旧シリーズの最終作という位置づけでもある興味深い物語です。
まぁ結局は旧シリーズの物語はなかったことになるオチではあるんですが…。
残念ながら『X-MEN』シリーズは今年公開されませんが、
20世紀フォックスからは『ファンタスティック・フォー』がリブートされます。
そして来年、スピンオフ『デッドプール』と続編『X-MEN:アポカリプス』が公開です。

2位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
『アベンジャーズ』シリーズこと、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)第10弾。
超マイナーなヒーローチームが主人公だし、今までのMCUとの関連性も薄い上に、
スペースオペラ・コメディなので、どうなることかと思ったけれど、
ある意味ディズニーらしい、とてもキャッチーで面白い作品に仕上がっていました。
たぶんガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々は今年公開の
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』には登場しないでしょうが、
再来年続編が公開予定で、その後『アベンジャーズ』最新作に合流するかな?

3位『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
Captain America The Winter Soldier
MCU第9弾、戦争アクション映画だった前作とは全く趣が変わるので、
どうなることかと思いましたが、ポリティカルアクションとなり、
前作を超える面白い作品に仕上がっています。
事実上『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の前日譚であるのも興味深いです。
今回はアベンジャーズの味方だったはずのS.H.I.E.L.D.を敵に回しましたが、
再来年公開予定の『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』では、
アベンジャーズの仲間であるアイアンマンとの戦いとなる予定です。

4位『アメイジング・スパイダーマン2
The Amazing Spider-Man 2
リブート2作目、やはり『スパイダーマン』シリーズはヒーローがひとりだけなので、
ヴィランの出来によって面白さが大きく左右される気がしますが、
その点、今回のヴィランであるエレクトロはめちゃめちゃ魅力的なので、
とても面白い作品に仕上がっていますね。
次回作はなんとヴィランチームを描いた『シニスター・シックス』になるようで、
『アメイジング・スパイダーマン3』はその次になりそうですが、
MCU下での再リブートも検討されているらしく、その動向に注目です。

5位『マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor 2
MCU第8弾、『マイティ・ソー』の単独シリーズとしては2作目ですね。
前作、そして『アベンジャーズ』で敵対したロキとの共闘が熱いです。
浅野忠信演じるモーガンが事実上お払い箱だったのは残念でしたが…。
もちろんソーは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にも出演しますが、
単独シリーズの続編は再来年の『マイティ・ソー:ラグナロック』になるみたいです。
でも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にはソーは出ないらしいし、
ソーを女性化しちゃう計画もあるとかで、その動向が気がかりです。

さて、今年公開されるアメコミヒーロー映画は4本と少な目です。
まず昨年末公開予定だった『ミュータント・タートルズ』が今年2月に延期され、
7月にはMCU第11弾『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、
9月にはMCU第12弾『アントマン』、秋には『ファンタスティック・フォー』のリブート。
DC(ワーナー)が2年連続でアメコミ映画を公開しないのは残念で、
どんどんマーベルと水をあけられてしまっている気がします。
MCUは映画2本公開となりますが、テレビドラマでそれ以上の広がりを見せており、
日本では今週漸くDVDリリースとなった『エージェント・オブ・シールド』は、
現在シーズン2が放映中で、キャプテン・アメリカの恋人ペギーを主人公にした
『エージェント・カーター』もそろそろ放送開始するみたいです。
また別のチャンネルでは『デアデビル』と『A.K.A.ジェシカ・ジョーンズ』がスタートし、
その後も『アイアン・フィスト』『ルーク・ケイジ』『ディフェンダーズ』と続きます。
これらは全てMCUの一部として明言されているので、
いずれは映画シリーズ(特に『シビル・ウォー』)とも関係してくると思われますが、
日本でもなるべく間をおかずにリリースしてほしいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/1448-e5de9a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad