ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

久しぶりに映画の感想です。
今は映画を見たいバイオリズムに入ってりるので、しばらくは映画漬けです。

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

2008年1月12日公開。
うすた京介原作のギャグ漫画「ピューと吹く!ジャガー」を実写化。

2008年に入って初めて劇場で見た映画です。
もともと原作漫画は読んでて、ボクの数少ない購読漫画のひとつです。
ちょっと見てみようかなと思ったまではいいけど、この映画めちゃめちゃ上映館が少ない。
ボクの活動圏内でも大阪府に1件、兵庫県に1件のみ。
当然大きい劇場での上映はなく、ミニシアターです。
「これじゃ客が殺到して大混雑するんじゃないの?」
と思ったのですが、いざ行ってみるとガラッガラ…。
ボクの見た回ではお客さんの数を両手で数えられます。
コメディ映画なんであんまりお客さんイッパイでも笑いにくいけど、
全然いないってのはもっと笑いにくいですね。

で、内容ですが、この冷遇も頷ける凄まじい出来です。
ジャガーたちが笛科の存続のために必要な金を工面するために幻の珍笛を狙うという話。
原作が毎週読み切りのギャグ漫画なのでオムニバス形式になるかなと思いましたが
ちゃんとストーリーがつくられてました。もちろん原作にないオリジナルです。
ボクはそんなに原作原理主義ではないので、むしろそこは評価します。
あらすじもそう無理のないありそうな話だし。
でも問題は登場人物です。
登場人物がそのキャラらしい動きをしないのでヤキモキ・イライラします…。
ストーリーがオリジナルだからこそ、キャラはそれらしくあってくれないと
まったく原作と関係のないモノになっちゃいますよね。

まずジャガー(要潤)ですが、これは意外と良かったです。
ちょっとワイルドすぎるんですが、原作でもジャガーは多面性があるので、
その1パターンだと思えばそんなに不自然でもないです。
要潤がアホらしいことをしてる画ってのも笑いを誘います。
ただガタイが良すぎて、他の人と並ぶと違和感があります。
キャラ付けですが原作よりもかなり控えめで少し変わり者の兄ちゃんって感じでした。

一番心配だったハマー(おぎやはぎ小木)ですが、やっぱり酷かったです。
見た目もハマーらしくないけど、それ以上に酷いのが喋り方。
台本通りやっただけでかわいそうだったけど、小木は一生分滑ったな…。
ハマー絡みでは痛々しさだけで笑えるところはなかったです。

高菜(高橋真唯)も高菜らしさがなくただのかわいい女の子。
ラストあたりの扱いも酷かったな…。

でも一番酷かったのはピヨ彦(大村学)です。
クドイはシツコイはアツクルシイはでウザイウザイ…。
他の人が淡々と演技してるなかであのテンションはキツイです。
イチバン常識的なキャラのはずのピヨ彦が誰よりもキモかったです。

他にもビリー、ハメ字郎、ハミィ、セガール、ジュライなどの御馴染みの人から、
乙女心ゆれ子、ションボ~リ山本などマニアックな人も出てて、
原作ファンへのファンサービスのつもりなんだろうけど、
悉くキャラ設定が破綻してるので、むしろ出ない方がファンサービスだったかも。
特にキム公(カルーセル麻紀)は何から何まで別人です。

(ここからはネタバレ含みます)
オリジナルキャラとしてキム公の手下「グリとグラ」ってのが出てくるんですが、
こいつらが「ピューと吹く!ジャガー」には似つかわしくないリアル外道キャラ。
原作ならイカツイキャラほど優しかったりギャップがあってそこが笑いを生むんだけど
こいつらは見た目通りの性格で殺人も厭わない残虐な奴なんですが、
そんなやつに影千代(板尾創路)とその彼女がボコボコにされるシーンはドン引きしました。
ピースフルな雰囲気に一気に冷や水をかけられたような感じで、
それ以降はもうどんなギャグシーンでも笑えなくなりました…。
そもそも影千代だって、背後からの奇襲くらいでやられるようなヤワなキャラじゃないよ。
変わり身の術でも使うかと思いきや次のシーンでは無残に血みどろになってるし。
よくもまぁここまで期待を裏切ってくれるもんです。(悪い意味で)
でも褒めるところがあるとすればこのグリとグラの片割れ役の有吉(元猿岩石)。
そのキレた静かな演技はなかなか迫力がありました。
できればこの作品じゃないとこで見たかったけど。

まぁいろいろ文句書いてきたけど、役者は言われた通りやってるだけだし仕方ない。
悪いのは監督と脚本家。普段はテレビ番組の裏方らしいです。
原作もせいぜい流し読みした程度なんじゃないかな。
たぶんあれならボクの方がまだまともな本書けるはず。
まぁ所詮はテレビ屋か、面白くないバラエティ番組でも作ってろって感じですかね。

はやく違う映画を見て目を洗浄しないと…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/14-0701426d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad