ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

NO

今日も映画の感想です。

NO ノー
No.jpg

2014年8月30日日本公開。
『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナルが主演の社会派ドラマ。

長らく軍事独裁を強いてきたアウグスト・ピノチェト政権の信任継続延長を問う国民投票が迫る、1988年のチリ。広告マンのレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、反独裁政権を掲げる信任継続反対派の中心人物である友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)から仕事を依頼される。それは、政権支持派と反対派双方に許されている、1日15分のテレビ放送を用いたPRに関して協力してほしいというものだった。レネの作るCMは徐々に国民の心をつかんでいくが、強大な力を持つ賛成派陣営の妨害に悩まされる。(シネマトゥデイより)



本作は第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたチリ映画です。
その時は(クソ退屈な)オーストリア映画『愛、アムール』に敗れましたが、
第65回カンヌ国際映画祭の独立賞である監督週間の最高賞、
アートシネマアワードを受賞したそうです。
ボクはチリ映画なんて初めて観たかもしれませんが、チリはスペイン語国なんですね。
そんな常識的なことも知らないので、チリの歴史なんて全く知っているはずもなく、
チリのピノチェト独裁政権を題材に、実話を基に描かれている本作は、
かなりハードルが高いのではないかと懸念しました。
恥ずかしながらピノチェトなる当時のチリ大統領のことは名前も聞いたことがないです。
そんなボクでも楽しめるかどうか、かなり懐疑的でしたが、
映画ファンとしてはアカデミー賞絡みの作品はやはり気になるので、
眠くならないようにコーヒーをシコタマ飲み、玉砕覚悟で観に行きました。
その結果、意外にもなかなか楽しめ、寝る暇なんてなかったです。
『愛、アムール』は睡魔が半端なかったですが、本作の方が確実に面白いです。

もちろん当時のチリ情勢を知っていれば、更に楽しめるに決まっていますが、
全く不勉強なボクでも十分わかるし、楽しめる物語でした。
1988年南米チリで、ピノチェト将軍の軍事独裁政権に対する批判の高まりから、
信任延長の是非を問う国民投票の実施が決定され、ピノチェト信任派のYES陣営と、
主人公レネら不信任派のNO陣営による宣伝合戦を描いた物語ですが、
メディア争いが中心で、そこまで政治的な内容ではなく、誰でも楽しめそうです。
出来レースと言われた絶対的不利な状況から、テレビ宣伝だけで形勢逆転する、
なんとも娯楽的で痛快な物語でした。
ただ、もっと娯楽的でもよかったかなとも思います。

独裁政権なのに反体制の宣伝ができるなんて、全然独裁じゃないですが、
どうも国際的に非難されたようで、反体制運動も認めざるを得なかったようです。
逆にその国民投票で信任を得れば、国際的にも正当性を認められることになるという
政権側の思惑もあったみたいですが、もちろんフェアな条件ではありません。
なんとピノチェト不信任派のNO陣営に与えられたのは、国民投票までの27日間、
誰も見てなさそうな深夜の15分の宣伝放送だけで…。
もちろん信任派のYES陣営にはそんな縛りはなく、好き放題宣伝できます。
それでもテレビで公然と政権批判できるのは15年ぶりのことで、
NO陣営はその15分に賭けるのです。

NO陣営は宣伝番組制作にあたり、コーラや電子レンジのCMを制作している
敏腕広告マンのレネを雇います。
彼はおそらくノンポリですが、NO陣営の中心人物ホセとの幼馴染の誼で、
協力することになっただけじゃないかな?
彼はフリーランスですが、広告会社に雇われてCM制作しているけど、
なんと雇い主のグスマンはピノチェト政権の閣僚に広報責任者に指名され、
YES陣営のキャンペーンに加担するんですよね。
雇い主に反旗を翻すなんて、レネはよほど腕に自信があるのでしょうね。
実際にグスマンは彼をNO陣営から抜けさせようと脅したりしますが、
解雇はせず、宣伝合戦の最中も一緒にドラマのCMを制作したりしています。
結局双方とも、仕事として宣伝キャンペーンに参加しているのでしょう。
でも政策なんかは関係なく、宣伝マン2人の意地の張り合いで政権が左右するなんて、
滑稽で面白いと思う反面、メディアって怖いなとも思います。
(ネタバレかもしれないが)もし加担する陣営が逆なら、逆の結果になったかもしれず、
ピノチェト独裁政権が更に8年更新されたかもしれなかったわけですからね。
まぁ本作は当時の国民投票の顛末を、メディア合戦に絞って描いているだけなので、
実際に政権打倒できた要因はもっと複合的なものだろうと思います。
15分の深夜放送だけではさすがに無理でしょう。

NO陣営に加わったレネは、用意された宣伝映像を見てダメ出しします。
その映像は、ピノチェトの軍事政権の悪辣さをアピールしたもので、
軍部による拷問や虐殺、政治犯の強制収容所などの映像や、
政権下での死者数や行方不明者数を強調したものです。
ボクとしてはこれもなかなか扇情的で、いいネガティブキャンペーンだと思いましたが、
レネは「もっと明るく楽しいものでなければ」とダメ出しするのです。
うーん、たしかに虐殺された死体の映像なんて気が滅入る番組、
わざわざ深夜に見たいなんて思いませんからね。
とにかくまずは視聴者に見てもらわないことには話になりませんし。

でもその映像を撮ったカメラマンのフェルナンドはダメ出しされたのが不愉快そうで…。
NO陣営の人たちも、本当に国民投票に勝てるとは考えておらず、
とにかくピノチェトのネガキャンして、国民を啓発できればいいと考えているみたい。
レネは現体制を叩くのではなく、「喜びはすぐそこ」をスローガンに、
体制打倒後の幸せを描いた未来志向の宣伝映像を制作します。
広告手法を用いた、キャッチーな歌やダンスが溢れる明るく楽しい映像ですが、
NO陣営内からも「まるでコーラのCMじゃないか」と批判の声も上がり…。
レネの方針に反して、真面目腐った退屈な演説映像なども撮られるのです。
ボクも個人的には選挙であれ国民投票であれ、
イメージ戦略よりも政策の中身で勝負してほしいと思っているので、
レネの方針にアレルギーを覚える真面目な人の気持ちもわからないでもないけど、
レネのように本当に勝利しようと考えれば、綺麗事だけでは無理なのも理解できます。
有権者の37%は諦めて無関心になり棄権する見込みだったみたいなので、
その未定層になんとか関心を持ってもらうためには、
政策論争よりも楽しい番組を見てもらい、投票を呼び掛ける方がいいでしょうね。

一方のYES陣営の宣伝は、とにかく将軍様を称えようというもので、
ピノチェトを称える格調高い賛歌を流しながら、彼の実績を称賛します。
「伸びゆく国 YES」をスローガンにしていますが、どうも本作を観るかぎりでは、
ピノチェット政権下で経済はかなり良くなったような印象を受けます。
資本主義が導入され、貧困が是正し、誰でも金持ちになれるようになったと…。
ボクは国が良くなるのなら、別に独裁でも構わないと思っているので、
この独裁政権も、人権問題以外は特に問題がないように思えました。
なんでもアメリカ政府はピノチェット政権を支援しているらしいし、
ヨハネ・パウロ二世もチリを訪問し、政権を支持しているような映像もあり…。
でも帰宅後よくよく調べてみると、やっぱり酷い世間だったみたいです。
就任後一時的に好景気をもたらし、「チリの奇跡」と称賛されたこともあるそうですが、
その後、失業者が急増し、格差が広がり、貧困率も4割に達し、経済はボロボロとか。
ヨハネ・パウロ二世も実はピノチェットを「単なる独裁者」と批判していたそうです。
そんな状況なら彼が国民投票に勝てるはずないだろうと思うのですが、
不思議と支持率も高かったみたいだし、棄権すると思われる未定層が多すぎるため、
当初は圧倒的にYES陣営有利の出来レースだったみたいです。

いよいよ第一回放送の日を迎えますが、宣伝映像の出来はNO陣営圧勝です。
YES陣営の将軍様を賛美するだけの映像なんてクソ退屈ですもんね。
反体制派のテロ活動により、全身大火傷した男性のインタビューなんかもあり、
気の毒だとは思ったけど、ケロイド状の顔面なんて痛々しくて見てられないです。
焦ったYES陣営は、レネの雇い主グスマンを広報責任者に任命します。
グスマンはレネの広告手法を真似し、NO陣営の比較宣伝や悪意あるパロディなど、
なかなか下衆な方法で対抗してくるのです。
NO陣営の宣伝で貧困層役で出演している婆さんは実は資産家だと暴露したり、
踊ってる出演者はマルクス主義者のテロリストだと捏造したりと酷いものです。
視聴者もバカじゃないので、そんな浅はかな手が通じるとは思えませんが…。

しかしもっと酷いのは、制作者たちに対する脅しや嫌がらせです。
レネも幼い息子と住む自宅に「売国奴」と落書きされたり、脅迫電話があったり…。
更に尾行して宣伝番組の素材テープを奪おうとまでしてきます。
NO陣営も素材テープを盗まれないようにダミーを用意して対策しますが、
放送する国営テレビ局にも手を回し、放送前のテープを検閲し、
ある判事の告発映像を違法だとイチャモンを付けて、放送させないようにします。
まるで自社の批判記事を掲載しない朝日新聞のように酷い検閲ですが、
NO陣営もただでは転ばず、「テレビは共犯者」「検閲にNO」と逆境を利用し、
結局はYES陣営が更に視聴者から反感を買うことになったでしょうね。

しかしNO陣営の宣伝で、未定層に対して何より効果的だと思ったのが、
チリの人気アーティストたちを起用した映像でしょうね。
表現の自由を求めるアーティストは当然不信任派が多いですから、
喜んでNO陣営に協力してくれ、宣伝にも出演してくれます。
「チャリティには興味ないけどジャニーズが出てるから24時間テレビ見る」的な感じで、
政治には興味なくても好きなアーティストが出演していたら見ちゃいますよね。
そんなアーティストたちが皆で楽しげにNOを連呼する歌を大合唱していれば、
未定層は刷り込まれてNOに投票しちゃうかもしれません。
個人的には政治にタレントを利用するのは反対ですが、賢い方法です。

NO陣営の躍進に焦り倒したYES陣営、というかピノチェト政権は、
なんと警察を動員して、NO陣営ら不信任派の集会を襲撃してくるのです。
ピノチェトは宣伝ではいつもの軍服でなくスーツを着るなどして、
軍国主義イメージの払しょくに躍起でしたが、ついに化けの皮が剥がれましたね。
最後の放送でもスーツを着て、紳士的に視聴者に語りかけていましたが、
もう手遅れで、巷のNOグッツは馬鹿売れし、流れは完全にNO陣営にあります。
しかし最後の最後に、何でそんな実力行使をしたんでしょうね?
どう考えても反感を買うだけだと思うのですが、最後に一矢報いたかったのかな?

投票日当日、もう完全にNO陣営の勝利だろうと思われましたが、
総務省の中間発表ではYES票が57%と…。
しかし最終的にはYESが43%、NOが54%で逆転し、ピノチェトの不信任が決定します。
でもこれは逆転ではなく、中間発表に不正があっただけだと推測されます。
ピノチェトはゴネますが、宮殿に召集された軍幹部たちが反発し、
結局失脚することになり、不信任派だったエルウィン氏が大統領となって、
独裁政権は倒れ、めでたしめでたしです。
その後、チリの情勢が良くなったかどうかが気になりますが…。
意外にもNO陣営勝利の立役者レネは、YES陣営責任者のグスマンの会社に残り、
また2人で仲良くドラマのCMを制作するんですよね。
いくらなんでもそんな展開はあり得ないと思いますが、
本作は歴史的事実以外は完全にフィクションなのかもしれませんね。

当時宣伝合戦があったことは事実であり、本作の宣伝映像もほぼ実物らしいです。
1988年当時の映像のため、今見るとさすがに古臭い印象を受けますが、
その違和感を極力抑えるべく、本作自体、古いカメラで撮られており、
あたかも当時撮られたかのような、古臭い映像になっているのです。
ある意味、ドキュメンタリーチックになるし、リアリティの演出には申し分ないが、
それが本作の内容にマッチしていたかはちょっと微妙だと思います。
レネは真面目腐った映像よりも、明るく楽しい映像を目指したわけですが、
本作もその演出のせいで真面目腐った印象を受ける上に、
BGMも一切使わず、本当にまるでドキュメンタリーですが、
内容は宣伝合戦の滑稽さを描いたコメディ向きの題材なので、
レネのようにもっとキャッチーな映像にして、ポップな音楽で彩れば、
もっと明るくて楽しいコメディ映画になったと思うんですよね。
とてもいいコメディ向きの題材なのに社会派ドラマにしてしまったことで、
ちょっと中途半端な印象を受けてしまったのが残念です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/1358-886fcda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad