ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

バルフィ!人生に唄えば

先週も『ホットロード』をスルーしたために、1週間ブログの更新ができませんでしたが、
今年はかなりの割合で日本映画の鑑賞をスルーしてきました。
中には観たい作品もありましたが、節約のために仕方なくスルーすることに。
そんな今年公開の日本映画も、ビデオリリースが続々と始まったので、
遅ればせながらレンタルで鑑賞しています。
でもいざ観てみると、スルーしてよかったと思える作品ばかりで…。

直近では品川ヒロシ監督の『サンブンノイチ』を鑑賞したのですが、
劇中で品川らしい興味深いセリフがあったので書いておきます。

自称映画好きって奴は、自分以外の奴は皆映画を観る目がないって思ってやがる。
テメェだって1本も、1分も、1秒も撮ったことないくせにだ。
カット割りがどうの、音楽がどうの、役者がどうの語るんだよ。
そのくせ他の奴の映画論は右から左、聞いちゃいない。(『サンブンノイチ』より)


うーん、映画撮ったこともないのに映画を語ってすみません、って感じですね。
なぜ品川が急に映画誌『キネマ旬報』に寄稿しはじめたのかと思ったら、
「自分は映画3本も撮ったから映画を語る権利がある」とでも言いたいのでしょう。
しかし品川の書く記事はかなり酷い、…というかペラいです。
最新号では『トランスフォーマー4』の批評を寄稿しているのですが、
「もう完全にガンダムつくれちゃうな」みたいな、全く内容のない記事で、
キャスト交代やダイノボットの登場にすら全く触れておらず、
ちゃんと作品を観て書いているのか怪しいと思えるほどペラいです。
まぁ品川程度の似非文化人芸人ではこの程度の記事しか書けなくても仕方ないが、
そんなものを掲載する『キネマ旬報』の凋落は非常に残念です。

ちなみに『サンブンノイチ』自体はそれなりに面白かったと思います。
ストーリーは不出来だったので、むしろ品川のコント演出のお陰で
かなり見れるようになっている気もします。
(品川は松本人志よりかは映画監督の才能がありそうです。)
今年春に開催された第6回沖縄国際映画祭でゴールデンシーサー賞を受賞した時は
「出た、また吉本興業お得意の身内贔屓だよ」と思ったものですが、
受賞に値するくらいの価値はあったかもしれません。

ということで、今日は第5回沖縄国際映画祭ゴールデンシーサー賞受賞作の感想です。
『サンブンノイチ』に比べても100倍いい映画ですが、こんな映画が毎年受賞できたら、
沖縄国際映画祭の権威ももう少し上昇すると思うんですけどね。

バルフィ!人生に唄えば
Barfi.jpg

2014年8月22日日本公開。
世界中で称賛されたインドのロマコメ映画。

バルフィ(ランビール・カプール)は、生まれたときから耳が聞こえないことで会話ができないものの、目線と身振り手振りで感情を表現し、街の人気者となっている。資産家との愛のない結婚に悩むシュルティ(イリアナ・デクルーズ)はバルフィに思いを寄せていた。一方、家族からの愛情に恵まれなかったジルミル(プリヤンカー・チョープラ)も、バルフィにだけは心を開き、次第に惹(ひ)かれていく。(シネマトゥデイより)



本作は2012年に国内はもちろん、世界的にも最もヒットしたインド映画であり、
インド映画の賞を総なめにする成績を収めています。
前述の沖縄国際映画祭ゴールデンシサー賞も含め、世界的にもとても評価が高く、
第85回アカデミー賞でも外国語映画部門のインド代表に選ばれています。
しかしオスカーノミネートには至らなかったようですが、
それは本作の出来に問題があるわけではなく、的外れな批判のせいでしょう。

なんでも本作はアメリカで「パクリ映画だ」と非難されたそうで、
それがオスカーの選考に影響したとも言われているためです。
たしかに本作は『チャップリンの冒険』『街の灯』などチャップリン映画や、
『雨に唄えば』『プロジェクトA』『きみに読む物語』『妹の恋人』『アメリ』など、
世界各国の名作映画を彷彿とさせるシーンが随所に散りばめられています。
それはパクリではなくオマージュだと思うんですよね。
(ボクはわかりませんでしたが北野映画『菊次郎の夏』のオマージュもあるそうです。)
パクリなんてネガティブなものではなく、むしろ映画愛に溢れた演出で、
映画ファンであればむしろ喜ぶべきところで、非難なんて論外ですよ。
まぁたしかに、パクリとオマージュの線引きなんて曖昧だし、
インド映画にパクリが横行しているのも事実なので、
製作サイドの意識の甘さはあったかもしれません。
日本公開時みたいに端から「オマージュ溢れる作品」と宣伝しておけば、
パクリの誹りを受けることもなく、オスカーも取れたかもしれません。

そう、本作はオスカー外国語映画賞を取ってもおかしくないほどの名作です。
この素晴らしさは筆舌には尽くしがたいので、是非観てほしいです。
パクリなんて悪意は微塵も感じられない、心温まる物語になっています。
簡単に言ってしまえば、障害者同士のロマンスを描いた作品で、
題材としてはとてもセンシティブで描くのが難しそうですが、
障害をとてもポジティブに描いており、この言い方には語弊があると思うが、
彼らの障害が何だか羨ましく思えるほどです。
障害者ゆえのピュアさというか、とてもプラトニックな恋愛で、
こんな恋をしてみたかったと思わされます。
まぁ障害者とは言えど双方ともに美男美女なので「ただイケ」な気もするけど…。

主人公の青年バルフィは聴覚障害者で、生まれながらに耳が全く聴こえず、
そのためうまく話すことも出来ない聾唖者です。
名前も本当はマルフィなのに、上手く発音できずバルフィと名乗っています。
しかし彼は一般的な障害者のイメージとは全く違い、とても陽気な男で、
いつも悪戯ばかりしていますが町の人気者です。
読唇術が出来る上に、身振り手振りで言葉以上に雄弁に語れるので、
健常者との会話もそれほど困らないみたいです。
手話なんて全くわからないボクでも彼の手振りだけでほぼわかりました。
なので生活も健常者と何ら変わりないばかりか、
耳が聞こえないので騒音の酷い部屋にでも住めるメリットがあるくらいです。

本作はコメディ映画ですが、主人公が喋れないため、セリフによる笑いは少なく、
サイレント映画時代のような動きによる笑いが多くなります。
主人公バルフィも、それこそチャップリンみたいな動きで楽しませてくれますが、
実際に演技もチャップリンやバスター・キートンを参考にしたみたいです。
(それが一部からはパクリと言われるんだから困ったものですね。)
聾唖という不利な設定を逆手に取って、サイレント映画のよさを取り込むなんて、
なんとも素晴らしい演出で感心してしまいます。
セリフに頼らないためスラップスティック・コメディ(どたばた喜劇)に近いですが、
ヒンディー語がわからず字幕に頼るボクとしても、その方が楽しみやすいですし、
本作が国際的に評価されやすい一因でもあると思います。

ボクが本作の鑑賞を決めたのは、ゴールデンシーサー賞を受賞したからではなく、
主人公が喋れないという設定に興味を惹かれたからです。
インド映画といえば、歌とダンスが付き物ですが、
設定上、主人公のバルフィは唄うことができませんよね。
最近は唄わないインド映画もあるけど、「人生に唄えば」なんて邦題が付いてるので、
たぶん歌も満載な作品なのに、唄えない主人公で大丈夫なのかと気になりました。
そしていざ観てみたのですが、やっぱり主人公は唄えません。
ヒロインはちょっとだけ唄うけど、こちらも障害者なので酷い唄い方です。
でも、まるで喋れない主人公の気持ちを代弁するかのように、
BGMとして歌は沢山使用されています。
どれもポジティブで楽しい曲ばかりですが、特に面白かったのは冒頭の曲で、
「映画がはじまるよ♪携帯の電源は切りましょう♪」的な、
劇場マナーを喚起する歌詞という、オープニングに相応しい画期的な歌でした。
もうこれだけで本作が如何に笑えるコメディか期待できるというものです。

どたばた騒動や名作のパロディなど、笑えるシーンはたしかに多いですが、
それだけでは単なる面白いコメディであり、名作とは言えません。
本作が名作なのは、やっぱり感動的なロマンスだからです。
ピュアな障害者の、抱きしめたくなるような切ない恋物語です。
しかし、なにせインド映画は長いですから、それだけではまだ退屈するかも。
本作も(インド映画としてはむしろ短いものの)150分もあり、
中盤あたりで中弛みしそうになりますが、そこで衝撃的な事件が起こり、
ミステリーさながらの展開に突入し、全く飽きさせません。
アクション一辺倒で165分も続けた『トランスフォーマー4』に見習わせたいです。
以下、ネタバレ注意です。

ダージリンに住む聾唖の老人バルフィが入院したと知り、
住む元恋人シュルティが見舞いのためコルタカから訪れます。
本作はシュルティがバルフィとのことを回想する体裁の物語です。
シュルティは健常者なので、件のヒロインとは違いますが、
ある意味、喋れないバルティとヒロインの代わりに語る狂言回しで重要な役です。
おそらくサイレント状態の映画の中で最もセリフのある役でしょうが、
奇しくも演じている女優さんはテルグ語映画出身だったみたいで、
初のヒンディー語映画に苦労したみたいです。
インドは言語が多くて大変ですね。

時は遡り1978年コルタカ、シュルティはダッタ警部と一緒にバルフィの家を訪れ、
逃走劇の末にバルフィを逮捕し、取り調べが始まります。
なんでも銀行強盗と資産家令嬢誘拐の嫌疑が掛かっているらしく、
なぜ明るく優しいバルフィにそんな嫌疑が掛かったのか、
その経緯が1972年ダージリンでのバルフィとシュルティの出会いまで遡ります。
というように、本作は現在と1978年の回想と1972年の回想による三重の入れ子構造で、
時折年代が切り替わるので、序盤は正直ちょっとややこしいです。
でも終盤以降のミステリーではそれがとても活きているので、
終わってみればなかなかうまい構成だったのだと感心します。

婚約者との結婚を3カ月後に控えたシュルティですが、
1972年コルタカでバルティと出会い、ナンパされて、恋に落ちます。
バルティは聾唖者ですが、とても明るくて魅力的な青年なので、
彼女が惹かれてしまうのもわかる気がしますね。
しかし彼女の母親はバルフィが障害者であることや、
彼の父の仕事が運転手なことを懸念し、猛反対するのです。
うーん、差別的な気もするが、その親心もわからなくはないかな。
結局、バルティは憤りながらも身を引くのですが、
婚約している女性に求婚すること自体が無謀だったかもしれません。

シュルティは新生活のためコルタカに戻りますが、
追い打ちをかけるように、バルティにショックなことが起こります。
父が腎不全で倒れ、入院することになるのです。
もう少し発見が早ければ軽症で済んだかもしれませんが、
耳が聞こえないバルティは、夜に苦しみ悶える父親の物音が聞こえず、
翌朝まで父が倒れていることに気付かないんですよね。
同じ家にいるのに障害のせいで気付けなかったなんてショックも大きいでしょうね。
手術のためには2日以内に7000ルピー用意する必要があり、
悩んだバルフィは、資産家令嬢ジルミルを誘拐し、身代金を手に入れようと考えます。
しかし彼が屋敷に忍び込んだ時には、すでにジルミルは誘拐されていて…。
耳が聞こえない彼は捜査に来たダッタ警部の足音に気付かず、
捕まりますが、すぐに逃げ出して、今度は銀行強盗をするのです。
しかし、銀行の防犯ベルも聞こえず、またしてもダッタ警部に捕まります。
やっぱり読唇術が使えて会話には不自由しなくても、
耳が聞こえないというのはいろいろと(特に犯罪には)支障があるものですね。

またしても脱走するバルフィですが、逃走途中でバンに監禁されているジルミルを発見。
救出し、自宅に連れて行きますが、これ幸いと彼女の父の資産家に
7000ルピーの身代金を要求する脅迫状を送ります。
1978年の取り調べの時は、バルフィの銀行強盗と誘拐は冤罪だと思ったけど、
まさか本当にどちらもやっていたとは意外でした。
ただ脅迫状は二種類あり、片方は7000ルピー要求するバルフィのものですが、
もうひとつ10万ドル要求する謎の脅迫状も届いていて…。
資産家からまんまと7000ドル手に入れたバルフィは、父の入院する病院へ直行するも、
時すでに遅く、父は亡くなっており…。
その病院に支払われた金から、バルフィが誘拐犯だと手配されるのです。

父を亡くしたバルフィは、資産家令嬢ジルミルを彼女の家に送り届けるのですが、
彼女はバルフィのもとを離れようとはせず、ずっと後をついてきます。
ジルミルは自閉症を患っており、6歳から施設に預けられていましたが、
1972年、たぶん22歳くらいで自宅に連れ戻されます。
祖父が亡くなり、祖父の莫大な資産が信託金として彼女に相続されたためでしょう。
自閉症の彼女は他人を拒絶し、両親のことも怖がりますが、
施設のダージュー先生と自宅屋敷の婆やには懐いているみたいです。
ところが短い監禁生活の間に、優しいバルフィのことも好きになったみたいで、
誘拐から解放されても彼のそばを離れようとしません。
困ったバルフィですが、彼もジルミルを愛おしく思うようになります。

このジルミルですが、とても魅力的なヒロインです。
カーリーヘアで可愛らしい外見もさることながら、
自閉症で内面が幼いためか、純粋で天真爛漫でまるで天使のようです。
バルフィも彼女を女性というよりも娘のように感じたのだろうと思います。
ただまともに話せないので、喋ると残念な感じになっちゃいますが、そこがリアルです。
彼女を演じた女優の自閉症の演技は素晴らしいと思いました。
その女優はディズニーアニメ『プレーンズ』でインド出身のヒロインを演じていたそうで、
ハリウッドなど国際的な舞台でもこれから活躍しそうですね。
本作ではほとんど喋らないし、『プレーンズ』は吹替上映のみだったけど、
実際の彼女はどんな声なのかちょっと気になりますね。

逃亡生活中のバルフィは、離れないジルミルを連れてコレカタにやって来ます。
コレカタにいる元恋人シュルティを頼るつもりだったのかもしれません。
6年後、コルカタに住みついたバルティは偶然シュルティと遭遇します。
夫との愛のない生活に不満だったシュルティはまたバルフィに惹かれ、
バルフィもヨリを戻したいと思っていますが、彼女は夫と別れることは出来ず、
バルフィも彼女にジルミルを紹介して、友達関係になるのです。
彼はシュルティを諦めたことで、ジルミルを女性として愛するようになりましたが、
逆に今カノを紹介された元カノのシュルティはちょっとショックだったみたいです。
しかしそれは元カノを紹介されたジルミルも同じで、三人で遊びに行ったりしますが、
やたらイチャつくバルフィとシュルティに嫉妬し、彼女は姿を眩ませます。
バルフィはちょっと鈍感すぎますよね。
この直後、ジルミルの親の元に身代金10万ルピー要求する脅迫状が届き、
どうやらジルミルが何者かに誘拐されてしまったようです。

行方不明のジルミルを必死に捜し回るバルフィですが、
ジルミルの身元やバルフィが指名手配中なのを知らないシュルティは、
警察にジルミルの捜索願を出してしまうのです。
そのことでバルフィがコスタカに潜伏しているとダージリン警察のダッタ警部にばれ、
序盤のダッタ警部とシュルティがバルフィ宅を訪れるシーンに続きます。
前述のようにバルフィは逮捕され、取り調べを受けるのですが、
その間に、ダージリンのヌアクプル橋では身代金の受け渡しが行われ、
ジルミルの親は犯人に10万ルピー渡しますが、犯人はジルミルを解放せず、
彼女を監禁している車ごと川に沈めてしまうのです。
まさかの殺人事件勃発にはビックリしました。
犯人が全くわからない警察署長は、面子を守るためバルフィを犯人に仕立てることに。
バルフィは事件当時、取り調べ中だったので完璧なアリバイがあるのに…。
なんとそんなバルフィにダッタ警部が脱走の手引きをして逃がしてやります。
ずっとバルフィを追っていた敵役のダッタ警部ですが、実は正義感の強く、
署長の不正も許さない素晴らしい警官で、彼のまさかの救援はちょっと感動しました。

バルフィはジルミルがまだ生きており、施設に帰ったのではないかと考えます。
ボクも勝手にジルミルが川に沈められたと思い込んでいましたが、
死体も上がってないみたいなので、たしかに生きている可能性もありますね。
バルフィはシュルティと一緒に施設に行きますが、
施設長のダージュー先生は断固として認めず、彼らを追い返します。
ダージュー先生は天使のようなジルミルを溺愛していたのでますます怪しいですが、
案の定、ジルミルは施設の二階に匿われていました。
どうやらジルミルの父は、彼女から祖父の信託金を横領するために狂言誘拐を企て、
川に車を沈め、施設に再び預けることで彼女の死を偽装したみたいです。
ダージュー先生は彼女が再び施設に戻るのを喜び、協力していたのでした。
うーん、さすがに死体が見つからなければ、警察も怪しむと思うし、
成功率の低そうな計画ですが…。

バルフィは諦めて施設から去ろうとしますが、バルフィが来たことに気付いたジルミルは、
二階の窓から必死にバルフィの名前を叫ぶのです。
しかしその声は耳の聞こえないバルフィには届くはずもなく…。
でも一緒に来ていたシュルティがその叫びを聞き、バルフィに教えてあげ、
バルフィとジルミルは再会することができたのです。
2人の再会も感動的だけど、この時のシュルティの気持ちが一番泣けますね。
バルフィに未練がある彼女は内心ジルミルが消えたことを喜んでいたので、
ジルミルの叫びをバルフィに伝えなければ、またヨリを戻せたかもしれないのに、
2人の幸せを想って、ちゃんと正直に教えてあげたわけです。
ダージュー先生も2人の強い想いを知り、これ以上の妨害はせず、
バルフィとジルミルは結ばれたみたいです。
一方のシュルティは夫から離縁されてしまいます。

そして現在、老いたバルフィが危篤で入院し、シュルティがお見舞いに訪れます。
病室にはジルミルもいて、ずっと連れ添い、幸せな人生だったのだろうと窺えます。
でも夫に先立たれるなんて、自閉症のジルミルの今後が思いやられ、
ちょっと寂しい気持ちになりましたが、彼女は夫の臨終の床に添い寝し、
どうやらそのまま2人仲良く亡くなってしまったみたいです。
元気な彼女が急に死ぬ理由がわからないし、デッドエンドだったわけですが、
生涯添い遂げることができ、2人にとっては最高のハッピーエンドかな。
生涯バルフィを想い続けていたシュルティも、もっと幸せになってもいい気がするけど。

とても笑えて泣ける、いい映画でしたが、やはりちょっと引っ掛かるのは、
7000ルピーの誘拐と銀行強盗未遂をやらかしたバルフィがお咎め無しっぽいことです。
障害者だから減刑されたのではないかと勘繰ってしまいます。
あと現代のバルフィたちの老けメイクはもっと頑張った方がいいです。
1978年から30年以上経つのに、白髪にしただけで顔は全く老けてないので、
ちょっと違和感がありました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/1350-1fc6e68e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad