ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ストンプ・ザ・ヤード

先日、映画『STOMP THE YARD』見てきました。
全米初登場2週連続NO.1(らしい)のダンスバトルムービーです。
人気R&B歌手Ne-YoやChris Brownが映画初出演しています。
そんなに活躍はしませんがw

今、日本でもちょっとしたストリートダンスブームだと思ってたけど、
この映画は上映館も少ないし、ボクの見た時でもお客は10人いるかいないかくらい。
日本では全然注目されていませんね。
ボクもテレビCMで一度だけ見て存在を知りました。
なんとなくエミネム主演の『8Mile』のダンス版みたいなのだと思って見に行きました。

ストンプ・ザ・ヤード
Stomp the Yard

2007年9月15日日本公開。

LAのストリートダンスの天才DJ(コロンバス・ショート)は兄デュロン(クリス・ブラウン)らと組みダンスバトルに参戦。しかし負かした相手チームの逆恨みを買い闇討ちされ、相手チームの発砲により兄を殺されてしまう。DJはダンスバトルを受けたのは自分のせいだと自責の念にかられる。
DJは兄の夢だったアトランタの大学に通う事になり、そこで伝統的なダンス「ストンプ」に出会う。はじめはストンプを馬鹿にしていたDJだったが、なんだかんだでストンプのチームに入ることになり、そこで友情や協調性を得て成長していく。そして大会出場へ…


初っ端、ヒップホップダンスバトルシーンから始まり、
負けたチームが腹いせに勝ったチームを闇討ち、発砲。
あー、これはギャングスタ映画だな…と思ったんですが、
実際は学園青春ダンス映画です。

まぁありがちな『天使にラブソングを…』系統のストーリーです。
最終的にはストンプとストリートダンスが融合して…って感じの。
とはいえこのタイプのストーリーは大外れすることはないので充分楽しめますよ。
ちょっとしたメッセージみたいなものも込められています。

ちょっと参ったのは出てくる人がことごとく丸刈りのブラザーで見分けが付きにくい事。
敵と味方も服の色で判別しなきゃいけないくらいです。
時には主人公さえ見失ってしまったり…
後、アメリカの大学の制度とかが解りにくかったかな… 友愛会とか…
展開も速いので理解する暇がないです。

ストンプは派手なタップダンスみたいなもので映像よりも音響に迫力がありました。
なので見るなら絶対映画館の方がいいです。
でもそのダンスの優劣が、知らない人には全然わからないと思う…
どこが魅せ場なのかもわからなくて「あれ?もう終わり?」って感じ。
最後の全米大会ですらダンスそのものより、派手な演出の方に目が行きます。
ストリートダンスもそんなに凄いとは思いませんでした。
あれならたぶん日本のダンサーの方が上手いんじゃないかな?
まぁ日本のHIPHOPはもうすでに世界トップレベルですからね。(ラップ以外…)
それでも日本人ダンサーよりも黒人の方がサマになっちゃいますね。

伝統のダンスとHIPHOPダンスの融合といえば、日本でも『阿波DANCE』って映画がありましたね。
きっと悲惨な仕上がりだろうとは思うけど、レンタルされてたら見てみようかな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blrpn.blog.fc2.com/tb.php/11-7705705c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad