ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

モンスタートラック

今日の気になる映画ニュース。

『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した
アブデラティフ・ケシシュ監督がパルムドールのトロフィーを
オークションにかけると発表したそうです。
栄誉ある世界三大映画祭の最高賞のトロフィーを売り捌くなんて驚きですが、
たしかに彼のトロフィーに限ってはそれほど栄誉はないかもしれません。
彼が受賞した第66回大会では、審査員長だったスピルバーグ御大が
本来監督にのみ贈られるパルムドールを、主演女優2人に贈りたいと言い出し、
御大には誰も逆らえず、主演女優2人と監督が受賞する異例の事態に。
その年のパルムドールが3本あるというだけでも価値は薄まるが、
この経緯から主演2人の体当たり演技に対しての受賞なのは間違いなく、
監督はお情けで受け取っただけなのは、誰の目にも明らか。
後に監督は主演2人からも撮影手法を批判され不仲が囁かれますが、
そんな憎き相手のオマケで貰ったパルムドールなんて屈辱しかないでしょう。
売却理由を「新作の資金難で仕方なく…」と言ってるみたいですが、
こんなもの、手元に置いておきたくないという気持ちもあるんじゃないかな?

そもそもパルムドール自体に価値があるかも微妙なところで、
受賞監督でも新作が満足に取れないほど資金が集まらないわけで…。
まぁパルムドール作品は、『アデル』含め面白いと思ったことがほとんどないが、
芸術性だけで集客できない作品が多いですからね。
金にならない映画、及び監督に出資してくれる人は少ないでしょう。
ひとつ言えるのはケシシュ監督は二度とカンヌからお呼びは掛からないし、
受賞させ甲斐がないので、他の映画賞からも無視されるでしょう。
スピルバーグ御大から頂いたパルムドールを蔑ろにしたら、
映画界も御大を忖度して、彼は干されてしまうかもしれませんね。
パルムドール売却した金で作った新作が誰もが認める素晴らしい作品なら
また話は違うでしょうが、彼の動向には暫く注目です。

今日も映画の感想です。

モンスタートラック
Monster Trucks

2017年6月7日リリース。
続きを読む

FC2Ad