ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

20センチュリー・ウーマン

今日感想を書く映画で、今年劇場鑑賞した映画50本目になります。
鑑賞作品をかなり絞っているつもりでしたが、昨年とほぼ同じペースなので、
年間鑑賞本数も昨年同様130本前後になりそうです。

最近の気になる映画ニュース。

アメリカでは『ワンダーウーマン』が特大ヒットを飛ばしているみたいで、
オープニング成績だけで1億ドルを越えてしまったとか…。
まぁ腐ってもアメコミ映画だし、全米オープニング1位は予想してたけど、
ここまでの特大ヒットになるとは予想外でした。
これまで女性主人公のアメコミ映画もいくつかありましたが、
2004年の『キャットウーマン』の全米総興収4000万ドルが最高の成績でした。
やっぱりアメコミは男の子の文化で、女性キャラはウケないんだな、
と思っていたのですが、『ワンダーウーマン』は総興収3億狙えるスタートで、
どうやら『キャットウーマン』当時とは事情が違うみたいです。
たしかに『スターウォーズ』も二作連続女性主人公で成功してるし、
アメコミドラマでも『スーパーガール』が人気ですからね。
固定客の男性客に加え、女性主人公で女性客を取り込めたのが勝因か?
この流れで女性主人公アメコミ映画が増えそうな気がしますが、
男である私個人としてはアメコミ映画が女性向けに傾くことは歓迎できません。
フェミニスト映画ほど面白くないものはないので。

ということで、今日はフェミニスト映画の感想です。
このところずっと佳作が続いてたのに…。

20センチュリー・ウーマン
20th Century Women

2017年6月3日日本公開。
続きを読む

FC2Ad