ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

LION/ライオン 25年目のただいま

今日の気になる映画ニュース。

なんでもアカデミー賞の長編アニメーション部門の選考ルールが改定され、
候補選びの段階から全アカデミー会員が投票できるようになったそうです。
今まではアニメーション映画関係者を中心に候補5本を選んでたみたいですが、
全会員が選ぶので公開規模が物を言うようになりそうで、
目に付きやすいハリウッド・メジャー作品が有利となり、
小規模公開になる日本のアニメ映画も不利になることが懸念されています。
確かにあり得る話で、日本アニメ映画界にとっては残念なことですが、
アカデミー賞はアメリカの映画賞だし、そこに割り込む必要はないとも思います。
どうせオスカーを受賞するのはメジャー作品に決まってるんだし。
2002年に『千と千尋の神隠し』が受賞したけど、
あの頃はハリウッドのCGI技術もまだまだだったから勝てただけだしね。

ただ、日本映画が候補入りするチャンスが減ってしまうと、
日本人のアカデミー賞への関心も低くなりかねず、
それはハリウッドにとっても日本にとってもあまりいい事ではないかな。
もう長編アニメーション部門の対象は完全にハリウッド作品だけにして、
外国語アニメーション部門でも新設してくれたらいいのに…。

ということで、今日はアカデミー賞作品賞候補作の感想です。
作品賞はもともと全会員によって候補が選ばれますが、
興収1600万ドル程度のマイナー作品だった本作が選ばれるんだから、
意外と長編アニメーション部門も公開規模に左右されないかも。
公開規模より公開時期(年末有利)が重要かも。

LION/ライオン 25年目のただいま
Lion.jpg

2017年4月7日日本公開。
続きを読む

FC2Ad