ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

コンカッション

今日の気になる映画ニュース。

第89回アカデミー賞授賞式で作品賞の誤発表が起きた問題で、
ミスした担当者2人を授賞式から出禁にしたそうです。
作品賞は『ムーンライト』でしたが、『ラ・ラ・ランド』と発表され、
『ラ・ラ・ランド』陣営が檀上し、喜びのコメント中に訂正されたわけですが、
担当者はプレゼンターに作品賞の結果が書かれた封筒を渡すはずが、
間違って主演女優賞の結果が書かれた封筒の予備を渡してしまったみたい。
誰にでも起こり得るイージー・ミスなので、ちょっと可哀想な気もしますが、
オスカー受賞は人生を大きく変えるほどの影響力があるので、
『ラ・ラ・ランド』陣営の落胆を思えば出禁くらいでは甘すぎる気もします。
気丈に振る舞う『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが逆に痛々しくて…。
ただ私は、プレゼンターも不注意すぎて同罪だと思うんですよね。
プレゼンターは俳優ウォーレン・ベイティと女優フェイ・ダナウェイでしたが、
開封して異変に気付いたベイティが、ダナウェイに見せると、
彼女がそのまま読み上げてしまったらしく、彼女の確認ミスではないか。
なんでもプレゼンター2人は授賞式前にどちらが発表するかで揉めていたらしく、
ベイティはリハーサルにも参加しなかったそうで、そんな2人の関係性が、
今回のミスに繋がったような気もするし、彼らも出禁にするべきです。
ただ私的には『ムーンライト』がオスカー受賞したこと自体がミスだと思います。

今日も映画の感想です。

コンカッション
Concussion.jpg

2016年10月29日日本公開。
続きを読む

FC2Ad