ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ひるね姫 -知らないワタシの物語-

今日はプレミアムフライデーですね。
政府と経済界が勝手に毎月末金曜日をプレミアムフライデーに定め、
国民に普段よりもプレミアムな生活をしろと言って、
午後三時に仕事を終えることを推奨しています。
でも私の職場はそんなことお構いなしで、普段通りに仕事させられます。
いや、むしろ月末なので普段よりもちょっと忙しいくらいですが、
月末に忙しくなる職場って多いと思うけど、なぜわざわざ月末に定めたのか。
特に今日なんて、月末どころか年度末ですよ。
やっぱり政治家とか経済界のトップのようなセレブリティな連中は、
一般労働者とか現場のことなんて全く理解してないんでしょうね。

そんなわけで私にはプレミアムフライデーなんて縁がない、
と思ってましたが、どうやらMOVIXなど松竹系シネコンでは、
プレミアムフライデーの午後三時から映画が1100円になるそうで、
映画ファンとして安い期間が増えることは有難いことです。
でも現在、近所のMOVIXでは観たい映画が上映されておらず…。
今日公開の『ムーンライト』か『ジャッキー』でも上映されていたらよかったのに。
残念ながら今回のプレミアムフライデーは活かせそうにありませんが、
MOVIX以外のシネコンもこのサービスを導入してくれたらいいのに…。
そんなことをしたらシネコン従業員がプレミアムな生活できないけどね。
うーん、やっぱり矛盾をはらんだ制度ですね…。

今日も映画の感想です。

ひるね姫 -知らないワタシの物語-
ひるね姫 知らないワタシの物語

2017年3月18日公開。
続きを読む

フィフス・ウェイブ/トリプル9/きみがくれた物語

最近の気になる映画ニュース。

『トータル・リコール』の脚本家ゲイリー・ゴールドマンが
ディズニー長編アニメーション55作目『ズートピア』を著作権侵害で訴えたとか。
なんでも彼が2000年にディズニーの重役に対して提案した映画企画の
盗作だと主張しているみたいです。
それに対してディズニーは真っ向から否定しており、
「ヒット作を自分の手柄にしようとする無節操な試みだ」と批判しました。
そんな密室での提案を証明するのは難しいし、眉唾くさい気もしますが、
ディズニーにはパクリの前科があるから、絶対嘘だとも言い切れないかな。
有名なところでは『ライオン・キング』は『ジャングル大帝』のパクリだし、
『アトランティス』は『ふしぎの海のナディア』のパクリだし、
『オリビアちゃんの大冒険』の一部は『ルパン三世 カリオストロの城』のパクリ。
しかしディズニーはパクリを一切認めてませんからね。

そもそもディズニーは童話や伝説、神話などをアレンジしたものが多いけど、
パブリック・ドメインだからパクリだと訴えられないだけで、
アレンジ力は認めるが、ゼロから創造する力はあまりないのかもしれません。
だから札束で横っ面を叩いてピクサーやマーベル、ルーカス・フィルムを買収し、
「ヒット作を自分の手柄にしようとする無節操な試み」を行うのでしょう。
ただひとつ確かなのは、『ズートピア』はパクるほどの映画ではない。

今日はビデオ鑑賞した映画の感想です。

フィフス・ウェイブ/トリプル9 裏切りのコード/きみがくれた物語
The 5th Wave Triple 9 The Choice
続きを読む

キングコング/髑髏島の巨神

昨日の気になる映画ニュース。

11月公開が決まったアニメ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』ですが、
ちょっと懸念を感じずにはいられない状況になっています。
そもそもアニメという時点で懸念というか違和感はありましたが、
個人的に微妙だった庵野秀明の『シン・ゴジラ』の続編製作よりはマシかと
ある程度好意的に思うように心掛けていました。
『シン・ゴジラ』は日本ではヒットしたけど世界からは全く相手にされてないし、
ジャパニメーションとしてなら世界でも勝負できるかもと期待もしました。

しかし「三部作になる」なんて聞いてませんよ…。
『ゴジラ』初の三部作ですが、『モスラ』や『ガメラ』の三部作のように、
一作で完結する物語が3本作られるわけではなく、
ひとつの物語を3つに分けただけの3部作であることは想像に難くないです。
その物語が分割せざるを得ないような内容の濃い長編であるならまだしも、
東宝はヒットが見込める作品はすぐ分割し、2倍、3倍稼ごうとするため、
『GODZILLA -怪獣惑星-』にも白羽の矢が立ってしまったのでしょう。
(アニメ業界も三部作商法が大好きですね。)
もしかすると60分程度の中編が3本になる可能性もありますね。

端から前後編や三部作を謳う作品はライトな層から敬遠されるので、
三部作映画がヒットするのは極めて難しく、これも例に漏れなさそう。
第一部にはそこそこ客は入るかもしれないが、そこで見限られるでしょう。
なにしろ脚本が『まどマギ』の虚淵玄なので楽しい物語になるはずはなく、
鬱屈した後味の悪い展開になるのは想像に難くないです。
それどころか観客を置いてけぼりにするカオスな超展開も予想されます。
『エヴァンゲリオン』ファンを中心に絶賛される『シン・ゴジラ』同様、
『まどマギ』ファンからは好意的に迎えられるかもしれないけど、
怪獣映画ファンからは総スカンくらいそうな気がしますね。
いや、アニメファンと怪獣映画ファンって意外と親和性高いから大丈夫かな?
まぁヒットするのに必要なライトな一般客の動員は絶望的ですけどね。

ということで、今日はゴジラ関連作の感想です。

キングコング/髑髏島の巨神
Kong Skull Island

2017年3月25日日本公開。
続きを読む

パッセンジャー

学生たちは春休みなのでしょうが、今年の春休み映画は熱いですね。
特に『キングコング/髑髏島の巨神』、『LEGOバットマン THE MOVIE』、
そして『ゴースト・イン・ザ・シェル』に期待しています。
あ、『ゴースト・イン・ザ・シェル』は春休み映画というかGW映画になるのかな?
GW映画も『美女と野獣』や『ワイルド・スピード ICE BREAK』など超熱いです。
今から夏休みまでが、最も映画が盛り上がる時期だと思いますが、
今年の春夏の洋画ラインナップは凄まじく、暑い夏になりそうです。

今日も映画の感想です。

パッセンジャー
Passengers.jpg

2017年3月24日日本公開。
続きを読む

アンダーワールド/ブラッド・ウォーズ

今日の気になる映画ニュース。

『ターミネーター:新起動』の続編2本の製作が打ち切られたそうです。
一昨年に三部作としてリブートしたところだったのに残念です。
『ターミネーター』の生みの親ジェームズ・キャメロンから称賛されるも
批評家から酷評されたため、続編の意欲を失ったそうですが、
結局『ターミネーター4』よりも成績が悪かったのが響いたのかな。
リブート失敗したら再リブートされるのは難しくなるだろうに、
こんなことならリブートなんかしないで『T4』の続編作ればよかったのに。

今日も映画の感想です。

アンダーワールド/ブラッド・ウォーズ
Underworld Blood Wars

2017年1月7日日本公開。
続きを読む

SING シング

先日『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』を
なりゆきで鑑賞しましたが、久々の実写邦画だったけど、わりとよかったです。
副題で壮絶にネタバレしていなければ更によかった気もしますが、
その副題に興味をそそられて観たのも事実なので難しいところです。
ただ「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃった」のは事実でしょうが、
「ホントの話」と言うには脚色されすぎているような気もしますね。
おそらく全米制覇という結果以外は全てフィクションじゃないかな?
女子高生のチアダンスもそれほど素晴らしかったとも思えなかったし、
これで全米制覇できるとしたら、かなりレベルが低い大会なんですね。
アメリカはチアリーディングの本場だからチアダンスはマイナー競技なのかも?
以上、邦画のプチ感想でした。

ということで、今日も洋画の長文感想です。

SING シング
Sing.jpg

2017年3月17日日本公開。
続きを読む

ブルックリン/ワタシが私を見つけるまで/ベン・ハー

今日の気になる映画ニュース。

米脚本家組合が再びストライキするかもしれないらしい。
2007年のストの時には、映画の製作延期やドラマの撮影中止などが頻発し、
ゴールデングローブ賞の授賞式も中止になったり、
映画会社の従業員が大量解雇されたりと大変な事態になりました。
授賞式の中止や従業員の解雇なんかは正直他人事だけど、
好きな映画が延期になったり、好きなドラマが打ち切られるのは困るので、
ストはなんとか回避してほしいと思います。

なんでも配信サービスなどの配分増を求めているらしいですが、
私も映画の面白さを最も左右するのは脚本だと思うし、
脚本家は監督以上に重要だと思うので、十分な報酬は払うべきでしょう。
逆に俳優はちょっと貰いすぎな気がするので、そこから回せばいいです。
ただ契約更改の3年ごとにストをチラつかせられると
映画の公開を楽しみにしている客が迷惑するし、
映画産業の衰退にも繋がりかねないのでほどほどにした方がいいけど。
まぁ映画は企画のストックがあるから、ドラマほど影響はないらしいけど。

今日はビデオ鑑賞した映画3本の感想です。

ブルックリン/ワタシが私を見つけるまで/ベン・ハー
Brooklyn.jpg How to Be Single Ben-Hur.jpg
続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

今日の気になる映画ニュース。

2024年の夏季五輪の招致を目指すロサンゼルス五輪招致委員会が
ユニバーサル、ディズニー、20世紀フォックス、ワーナーの
ハリウッド・メジャー4社のバックアップを得たと発表したそうです。
もし招致が決まれば、開会式や閉会式に大人気ハリウッド俳優や
大人気ハリウッド・キャラクターが大量に登場したりするのかも。
ロンドン五輪でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドが登場したけど
それの何十倍も豪華な演出になりそうで、凄いことになりそうな予感です。
パリとの一騎打ちになるらしいが、これは大きなアドバンテージでしょう。

私もロサンゼルス五輪、いや、ハリウッド五輪は是非観てみたいですが、
これが本当に決まると、2020年の東京五輪の世界的注目度が下りそうで…。
ちょうど東京五輪への期待が高すぎるあまり、日本でリオ五輪が
あまり話題にならなかったような状況が世界的に起こりそうな気がします。
日本もリオ閉会式の引き継ぎ式でマリオとか日本のキャラを大量投入して、
世界中の注目を集めることに成功しましたが、
ハリウッドのコンテンツ力は日本の比ではないですからね…。
アベンジャーズとX-MENとジャスティス・リーグとか、
ミッキーマウスとミニオンとか、スタジオを越えた共演が実現しそう。
映画ファンとして、いつかハリウッド五輪は実現してほしいと思いますが、
東京五輪が霞むと残念なので、とりあえず2024年はパリ五輪がいいかな…。

今日も映画の感想です。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
Demolition.jpg

2017年2月18日日本公開。
続きを読む

モアナと伝説の海

1966年から続いくテレ朝の映画枠『日曜洋画劇場』が終了したそうな。
2013年から不定期放送になったので、近々こうなるとは思っていたが、
日本人の洋画離れを象徴する出来事のようで、
洋画ファンとしては残念というか、危機感を覚えてしまいます。
まぁ洋画ファンはビデオレンタルやNetflixを利用すればいいだけですが、
無料で気軽に洋画を見られる機会が減り新規ファン獲得が難しくなったかも。
まぁ最近の『日曜洋画劇場』は邦画ばかり放送している印象だったので、
終了するまでもなく有名無実化してましたけどね。
『金曜洋画劇場』としての最後の放送も『相棒』の劇場版になりそうだし、
どうせ今後もテレ朝製作の邦画はこの枠で流すでしょう。

一方、フジテレビの一応映画枠『土曜プレミアム』では
『アナと雪の女王』を地上波初放送し、平均19.7%の高視聴率を記録しました。
本編はノーカットだったけど、エンディングで番宣まがいの演出をしたため、
かなり叩かれているみたいで、せっかくの高視聴率も喜べない状況です。
結局、日本のテレビ局風情に取り扱うのは荷が重いのでしょう。

今日も映画の感想です。

モアナと伝説の海
Moana.jpg

2017年3月10日日本公開。
続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

最近の気になる映画ニュース。

本家アカデミー賞に続き、先週、日本アカデミー賞も発表されました。
そもそも全く価値を認めていない映画賞ではありますが、
最優秀作品賞を含め『シン・ゴジラ』が7冠を達成したようで、
賛否両論ある作品で私は圧倒的"否"側の人間だったため、
またしても全く共感できない結果になってしまいました。
昨年は日本映画をあまり観れてなくて、ノミネート作(優秀作品賞受賞作)も
『シン・ゴジラ』と『怒り』しか観てないが、それでも『怒り』が圧勝な気が…。
ただ『シン・ゴジラ』は昨年最もヒットした実写日本映画なので、
それが最優秀に選ばれるのはある意味順当なことな気もします。
候補作中最もマイナーな作品が選ばれた本家アカデミー賞より納得かも。
ただ最優秀長編アニメーション賞は昨年最もヒットした『君の名は。』ではなく、
『この世界の片隅に』が受賞しており、ちょっと意外だったかも。
でも『君の名は。』はアニメで初の最優秀脚本賞を受賞していて、
こちらの方が快挙と言えるかもしれません。
まぁ所詮は無価値な映画賞での快挙なので無価値ですが。

ということで、今日は今年初めての日本映画の感想です。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
ドラえもん2017

2017年3月4日公開。
続きを読む

アサシン クリード

昨日、任天堂の新ハード「Nintendo Switch」が発売されました。
この新ハードのことは今年になって知ったのですが驚きました。
前ハード「WiiU」が発売されたのは、ついこの前の事だと思っていたので、
もう切り捨てて新ハードに乗り換えるのか、と…。
WiiUは世間から完全に失敗作扱いを受けているようで、
たしかにWiiUを欲しいと思ったことは一度もなかったかも…。
それは欲しいソフトが全く出ない、いや、欲しくないソフトすら出ない、
あまりに貧弱過ぎるソフト・ラインナップのせいだと思いますが、
現在のSwitchのラインナップを見ても、その二の舞になりそうな予感です。

なんだか任天堂のハードの進化って、映画館の進化に似てる気がします。
映画館もデジタル3D、MX4D(4DX)と体感性を高める進化をしましたが、
正直多くのお客さんはそこまで体感性を求めてなくて、
結局は落ち着いてじっくり観れる通常の2D上映を好む、みたいな。
私はゲームもひとりでじっくり派なので、ジョイコン的な進化は無用です。
新しい遊び方を提案するのはいいけど、またすぐ新しい遊び方を思いついて、
新ハードに乗り換えそうで怖いし…。
ちなみに今一番欲しいハードは退化の極み「ニンテンドークラシックミニ」です。
いつになったら普通に買えるようになるんだろう?

ということで、今日はゲーム原作の映画の感想です。

アサシン クリード
Assassins Creed

2017年3月3日日本公開。
続きを読む

コンカッション

今日の気になる映画ニュース。

第89回アカデミー賞授賞式で作品賞の誤発表が起きた問題で、
ミスした担当者2人を授賞式から出禁にしたそうです。
作品賞は『ムーンライト』でしたが、『ラ・ラ・ランド』と発表され、
『ラ・ラ・ランド』陣営が檀上し、喜びのコメント中に訂正されたわけですが、
担当者はプレゼンターに作品賞の結果が書かれた封筒を渡すはずが、
間違って主演女優賞の結果が書かれた封筒の予備を渡してしまったみたい。
誰にでも起こり得るイージー・ミスなので、ちょっと可哀想な気もしますが、
オスカー受賞は人生を大きく変えるほどの影響力があるので、
『ラ・ラ・ランド』陣営の落胆を思えば出禁くらいでは甘すぎる気もします。
気丈に振る舞う『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが逆に痛々しくて…。
ただ私は、プレゼンターも不注意すぎて同罪だと思うんですよね。
プレゼンターは俳優ウォーレン・ベイティと女優フェイ・ダナウェイでしたが、
開封して異変に気付いたベイティが、ダナウェイに見せると、
彼女がそのまま読み上げてしまったらしく、彼女の確認ミスではないか。
なんでもプレゼンター2人は授賞式前にどちらが発表するかで揉めていたらしく、
ベイティはリハーサルにも参加しなかったそうで、そんな2人の関係性が、
今回のミスに繋がったような気もするし、彼らも出禁にするべきです。
ただ私的には『ムーンライト』がオスカー受賞したこと自体がミスだと思います。

今日も映画の感想です。

コンカッション
Concussion.jpg

2016年10月29日日本公開。
続きを読む

FC2Ad