ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

クリミナル 2人の記憶を持つ男

最近の気になる映画ニュース。

現地時間の一昨日、第89回アカデミー賞の受賞作が発表されましたが、
その一日前には恒例のゴールデン・ラズベリー賞の受賞作も発表されました。
最低映画の祭典、通称ラジー賞ですが、最低作品賞を受賞したのは
『Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party』。
ヒラリー・クリントンと民主党についてのドキュメンタリー映画らしいです。
この映画は大統領候補だったヒラリーを批判する内容だったらしく、
オスカー同様、トランプ大統領誕生の影響を受けての受賞でしょう。
日本ではまず劇場公開されないし、ビデオリリースや配信もされなさそうなので、
日本の映画ファンとしてはあまり面白味のない受賞結果でした。
ここは順当に、期待を裏切ってくれた『バットマンvsスーパーマン』が受賞して、
DCEUを立て直す機会になってくれるとよかったのに…。
まぁ『バトスパ』も最低助演男優賞、最低脚本賞など四冠なので、
とりあえずザック・スナイダーは責任を取りDCEUから退いてほしいです。

今日も映画の感想です。

クリミナル 2人の記憶を持つ男
Criminal.jpg

2017年2月25日日本公開。
続きを読む

ラ・ラ・ランド

今日の気になる映画ニュース。

現地時間の昨日、第89回アカデミー賞の授賞式が行われ、
作品賞は大本命『ラ・ラ・ランド』を降し『ムーライト』がオスカーに輝きました。
たしかに『ムーンライト』は対抗馬の中では最右翼だったものの、
前哨戦総なめの大本命『ラ・ラ・ランド』が順当に受賞すると思ってました。
ただ、投票するアカデミー会員は天邪鬼というか変なプライドがあって、
前哨戦の追従を嫌うので、『ラ・ラ・ランド』は前哨戦で勝ちすぎたのかも。
まるで昨年の大統領選のような、まさかの逆転劇でしたが、
人種差別、同性愛差別主義者のトランプ大統領誕生への反感から、
黒人映画かつゲイ映画の『ムーンライト』に票が集まったのかも。
更に近年囁かれる、同賞の白人偏重の批判を払拭したかったのかも。
トランプ大統領の移民政策に反対して授賞式をボイコットしたイラン人監督の
イラン映画『セールスマン』が外国語映画賞を受賞していますし、
演技部門に過去最多6人の黒人俳優がノミネートされ、うち2人が受賞しました。
(しかしどちらも助演どまりだったのは白人会員の本音の表れでしょう。)
アメリカの世相が結果に顕著に表れるのも同賞の面白味ではあるけども、
純粋に作品の出来で結果が決まらないのは困ったものです。
まぁ私は本作と『最後の追跡』しか作品賞候補を観てないので、
純粋に作品の出来で比べることもまだ出来ないですけどね。

ということで、今日は敗れた大本命の感想です。

ラ・ラ・ランド
La La Land

2017年2月24日日本公開。
続きを読む

素晴らしきかな、人生

昨日の気になる映画ニュース。

ジブリのアニメ映画『レッドタートル ある島の物語』が
第89回アカデミー賞の長編アニメ部門にノミネートされており、
日本では作品賞以上に大きく報じられていますが、
日本を見限ったジブリのフレンチ・アニメが受賞したところで日本は関係ないし、
そもそも私が観た限り、あの程度では受賞する可能性は極めて低いです。
大本命の『ズートピア』も私としては微妙でしたが…。

それはそうと、先日LAで行われたアカデミー長編アニメ賞のイベントで、
『レッドタートル』を引っ提げて登壇したジブリの鈴木Pが、
宮崎駿が長編アニメに着手していることを発表しました。
どうせ復帰するとは思っていたが、引退表明した『風立ちぬ』からまだ4年、
彼の引退を理由にジブリの制作部門を畳んでからまだ2年半しか経っておらず、
復帰するには早すぎるし、特にジブリをリストラされた人たちが気の毒です。
そのリストラされた人たちが集まって立ち上げたスタジオポノックの
処女作『メアリと魔女の花』が今年7月に公開されるというのに、
応援どころかそんな話題を掻っ攫うような発表するなんて酷いです。
宮崎駿は負けず嫌いだから、元弟子の作品でも応援する気はないだろうな。
鈴木Pは「企画は昨年7月から」と妙に強調しているが、これもおそらく嘘で、
昨年8月の『君の名は。』への対抗心で着手したことを悟られたくないのだろう。
ジブリが消えたことで、ジブリ以外のアニメ映画にも手を出す客が増え、
ポスト宮崎駿争いで若手監督が群雄割拠し始めたところなのに、
宮崎駿の早すぎる復帰は日本アニメ映画界にとって如何なものか。
しかし御年76、昨年夏から着手したとして、復帰作が拝めるだろうか。

今日も映画の感想です。

素晴らしきかな、人生
Collateral Beauty

2017年2月25日日本公開。
続きを読む

マリアンヌ

今日の気になる映画ニュース。

つい一昨日、アメコミ映画「DCEU」シリーズ『ザ・バットマン』の監督要請を
マット・リーブス監督が固辞したというニュースが報じられました。
ワーナーは早く撮影開始したかったのですが、
リーブス監督は『猿の惑星:大戦記』のポスプロで忙しいと交渉決裂。
楽しみにしてたのに、これでまた公開日が延びるな、と思ったのも束の間、
今日になって一転、交渉成立したとの報が。
本来ならホッとするところですが、ゴタゴタの末の急転直下な成立で、
なにか釈然としないものを感じてしまいます。
一度は固辞したわけで、監督にとって『ザ・バットマン』の優先順位は高くないし、
固辞した理由である『猿の惑星』のポスプロが急に終わったとも考えにくく、
ポスプロがやっつけ仕事になったのではないかという疑念が湧きます。
(私は『猿の惑星』のことも楽しみにいているので。)
すんなり決まっていたら何の不満もなかったのですが…。

…いや、私は当初の予定通りベン・アフレックが監督するべきと思うので、
他の誰が監督になってもちょっと不満はあったかもしれません。
アフレックは主演、脚本、製作するんだから、ついでに監督もするべきです。
表向きは「演技に集中したい」という理由で監督を辞退しましたが、
監督と主演をした『アルゴ』はオスカーも受賞したし、彼なら両立出来るはず。
監督だけ他人に振るなんて、失敗した時の責任逃れに思えてしまいます。
まぁDCEUシリーズの既発3本は全て低評価なため、
予防線張りたい気持ちもわからないではないですが…。
とりあえずDCEUはザック・スナイダーを外さないとダメだと思うなあ。
オタクすぎる彼が関わると一般ウケしにくい作品になってしまうので。

ということで、今日も映画の感想です。

マリアンヌ
Allied.jpg

2017年2月10日日本公開。
続きを読む

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突

今日の気になるニュース。

昨日、NASAが39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する
七つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
そのうち三つか四つはハビタブル惑星だそうです。
ハビタブル惑星とは生命居住可能領域「ハビタブルゾーン」に存在する惑星で、
地球と似た条件なため地球外生命体がいる可能性があるそうです。
ハビタブル惑星は今までも発見されているが、一気に複数発見は異例で、
発見された数だけ地球外生命体の存在する可能性も増えるわけです。
とても夢のある話ですが、ちょっと遠すぎる惑星の話で、
我々が生きているうちに生命体の有無が確認されることはなさそうです。
結論を知ることが出来ない可能性を提示されるのはある意味生殺しで、
モヤモヤするのでその可能性を知りたくなかったような気も…。
こういうネタからインスパイアされて製作されるSF映画もありそうです。

ということで、今日は宇宙がテーマの映画の感想です。

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突
Ice Age Collision Course

2017年3月3日ビデオリリース
続きを読む

ナイスガイズ!

今週末に日本公開となる『ラ・ラ・ランド』ですが、
もはやオスカー受賞を疑う余地のない状況になっています。
アカデミー賞史上最多ノミネートはもちろんのこと、
トロント映画祭、NY映画批評家協会賞、ワシントンDC映画批評家協会賞、
ボストン映画批評家協会賞、放送映画批評家協会賞、ゴールデングローブ賞、
ロンドン映画批評家協会賞、全米プロデューサー協会賞、英国アカデミー賞、
サテライト賞と、主だった前哨戦をほぼ総なめにしています。
面白くないほどの圧勝になりそうですが、アカデミー会員は天邪鬼が多く、
圧倒的前評判で絶対的大本命だった『アバター』を蹴ったこともあったので、
前評判が良すぎるというのも不利に働くかもしれませんね。
唯一の対抗馬はLA映画批評家協会賞や全米映画批評家協会賞、
全米脚本家組合省やゴールデングローブ賞を受賞した『ムーンライト』か。
黒人映画でゲイ映画という、知識人気取りが好きそうな内容だし、
万が一はあり得るけど、やはり万が九千九百九十九は『ラ・ラ・ランド』かな。
オスカー受賞作品なのでオスカー受賞前に観に行きましょう。

ということで、今日は『ラ・ラ・ランド』の主演俳優の主演作の感想です。

ナイスガイズ!
The Nice Guys

2017年2月18日日本公開。
続きを読む

ジョイ

昨日の気になる映画ニュース。

現地時間の一昨日、第67回ベルリン国際映画祭コンペ部門の結果が発表され、
金熊賞をハンガリー映画『On Body and Soul(英題)』が受賞したそうです。
当然まだ観てませんが、畜殺場舞台の奇妙なロマンス映画らしく面白そうかも。
日本からはSABU監督の『ミスター・ロン』が出品されていたが受賞を逃しました。
日本を舞台にした料理上手な台湾人殺し屋の物語らしくて、
ある意味面白そうですが、社会派が多いベルリン映画祭では場違いで、
端から受賞はありえないと確信できてしまいました。
どういう基準でコンペ部門出品作が決まるのか知らないけど、
金熊賞を狙えそうな社会派な日本映画を送り込めないものかな?
ここ暫く、日本映画は三大映画祭のグランプリから遠のいてますよね。
日本では日本映画の昨年の興収が、前年比123.5%と絶好調ですが、
それを牽引した『君の名は。』と『シン・ゴジラ』も海外では見向きされず、
日本映画が内向きになっているのが浮き彫りになっています。
ハンガリー映画は二年前に『サウルの息子』でパルムドールも獲ってるし、
数年前は『ニーチェの馬』も銀熊賞だったし、勢いがあって羨ましいです。

今日も映画の感想です。

ジョイ
Joy.jpg

2016年2月22日ビデオリリース。
続きを読む

イーグル・ジャンプ

今日の気になる映画ニュース。

『X-MEN:アポカリプス』のジーン・グレイ役ソフィー・ターナーが、
あるインタビューで続編に続投すると答えたそうで、ちょっと驚きました。
『X-MEN:アポカリプス』は新三部作の完結編だと思っていたので、
彼女が続投云々より、続編が製作されることが決まっていることに驚きです。
でも主要キャストのジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、
ジェニファー・ローレンスは三作しか契約してないはずなので、
続編に出演するかは微妙です。(特にローレンスは無理っぽいな。)
ブライアン・シンガー監督は『X-MEN』のドラマのパイロット版も撮るようで、
MCUの『アベンジャーズ』と『エージェント・オブ・シールド』のように
映画とドラマのシェアードユニバースになるかも噂されてます。
更にドラマ版『X-MEN』はMCUのドラマ『インヒューマンズ』との
クロスオーバーが噂され、もし実現したら間接的に『X-MEN』もMCU入り?
映画『X-MEN』シリーズの看板ウルヴァリン演じるヒュー・ジャックマンが
今年公開の『ローガン』でシリーズ引退を発表してますが、
『デッドプール』との共演の噂も絶えないし、シリーズの動向に注目です。

ということで、今日はヒュー・ジャックマン出演作の感想です。

イーグル・ジャンプ
Eddie the Eagle

2017年2月8日ビデオリリース。
続きを読む

王様のためのホログラム

今日の気になるニュース。

先日、クアラルンプール国際空港で金正男が暗殺されたようです。
金正男は金正日総書記の長男で、金正恩第一書記の異母兄。
暗殺したのは北朝鮮の女工作員だったと報じられていますが、
北朝鮮及び金正恩が彼を殺す理由がよくわからず、何か裏がある気がします。
中国にも韓国にもメリットはないだろうし、一体誰が得をするのか
見た目は小汚いオッサンでしたが、いい歳してディズニー好きなこととか、
ちょっと共感を持てる人物だったので、少し残念な気も…。
今年は各国首脳やその関係者を狙った暗殺や暗殺未遂が相次ぐ予感がします。

今日も映画の感想です。

王様のためのホログラム
A Hologram for the King

2017年2月10日日本公開。
続きを読む

マザーズ・デイ

今日はバレンタインデーでしたが、チョコひとつも貰えず…。
ウチの職場は女性が多いが、その文化が根付いてないということにしておこう。
義理チョコ貰っても来月お返しするのも大変だし、逆に有難いのかもな。
…と負け惜しみを言っておこう。
先週末には彼女からチョコ貰えたし、それだけで十分です。
有名店のチョコだったみたいだけど、チョコの味の差が全くわからないので、
私なんかが高いチョコを食べるのは勿体ない気がしてしまいます。

ということで、今日は『バレンタインデー』の監督による最新作の感想です。

マザーズ・デイ
Mothers Day

2017年1月31日日本公開。
続きを読む

DOPE/WE ARE YOUR FRIENDS/ロング・トレイル!

今日の気になる映画ニュース。

清水富美加なる若手女優の芸能界引退が大きな話題になってますね。
私は覚えてる限りでは彼女の出演ドラマや映画を見たことがないので、
初めて聞く名前で、無名女優の引退がなぜ話題になるのか不思議でしたが、
世間的にはかなり人気のある有望な若手女優だったみたいで、
彼女を起用したCMや映画関係者は対応に追われてるらしいです。
でもCMはどうだか知りませんが、映画に関して言えば、今後公開の出演作は
『暗黒女子』『笑う招き猫』『東京喰種トーキョーグール』と、
凡そヒットの見込みのないマイナー作で、どうせ宣伝もロクにしないだろうし、
彼女がプロモーション活動に参加しなくても大して問題ない気がします。
むしろ引退騒動で話題になったことで、タダで宣伝できたようなものでしょう。
特に彼女から「人肉を食べる役なんてしたくなかった」と言われ、
引退理由の一因になった『東京喰種トーキョーグール』はオイシイです。
ついでに彼女の事務所から損害賠償も取って、赤字を減らせばいいです。

しかし、引退理由がカルトの噂も絶えない某新興宗教で出家するためとか…。
もし引退撤回しても、もう彼女のイメージは地に堕ちたし、
どうせ干されて引退同然の状態になるのは目に見えてます。
彼女同様、某教団のイメージも確実に悪化したし、社会的にはプラスか。
某教団は引退を否定しているらしいが、人気女優を出家させ広告塔にして、
信者集めに利用するつもりが、完全に裏目に出ましたね。
「信条上合致する映画やドラマなどには出演させる」と言っていますが、
そんなもの自教団製作の(信者しか観ない)伝道映画しかないだろ。
俳優活動も始めた教祖の息子の相手役でもさせられるんじゃないかな。

今日も映画の感想です。
劇場公開時に観れずDVD鑑賞したハリウッド映画3本の寸評です。

DOPE ドープ!!/WE ARE YOUR FRIENDS/ロング・トレイル!
Dope.jpg We Are Your Friends A Walk in the Woods
続きを読む

最後の追跡

今日の気になる映画ニュース。

『エイリアン2』の監督でもある巨匠ジェームズ・キャメロン監督が、
シリーズの生みの親リドリー・スコット監督の新シリーズに苦言を呈したそうな。
「あのシリーズは散漫になりすぎ」「今更新作を作る意義があるのか甚だ疑問」
などと辛口コメントをよせているそうです。
スコット監督のシリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』は5月に全米公開で、
まだ公開前からそんな批判しないでもいいじゃないかと思ってしまいますが、
たしかに同作はシリーズ一作目と前日譚『プロメテウス』を繋ぐ三部作の一作目で、
公開前から三部作構想とは大風呂敷を広げすぎな気もします。
(『プロメテウス』を含めて前日譚三部作というのなら納得ですが…。)
ただキャメロン監督の『アバター』の続編なんて四部作構想ですからね。
(もちろん四部作にシリーズ一作目『アバター』は含みません。)
『アバター』は大ヒットしたけど、製作の遅延でもう7年以上のブランクがあるし、
5年前の『プロメテウス』の続編『エイリアン:コヴェナント』よりも今更です。

以前キャメロン監督は『ピラニア』のリメイク『ピラニア3D』も批判しました。
彼はシリーズ二作目『殺人魚フライングキラー(ピラニア2)』の監督でしたが、
若手時代の監督作で納得できる出来ではなく、黒歴史化していたため、
『ピラニア3D』の登場で再び『殺人魚フライングキラー』が注目されるのが
我慢できなくて、つい批判してしまったのだろうと思われます。
今回の『エイリアン』新シリーズ批判も、実は根は一緒なのかもしれません。
キャメロン監督は自分が撮った『エイリアン2』に満足してなかったから、
『エイリアン』シリーズ自体続けないでほしいと思ったのかもしれません。
キャメロンVSスコットが勃発したら面白くなりそうだ。

今日も映画の感想です。

最後の追跡
Hell or High Water

2016年11月18日日本配信。
続きを読む

ネイバーズ2

今日の気になる映画ニュース。

『ワールド・ウォー Z』の続編の全米公開予定が白紙になったそうです。
今年6月9日の予定でしたが、けっこう土壇場での延期ですね。
4カ月前なら、もうほぼ完成していると思われるのに、
監督の降板で後任が決まらず、来年か再来年に延期されるそうです。
もう前監督がほぼ作り上げてると思うし、後任監督も大して仕事ないから、
主演のブラピが後を引き継いで、完成させちゃえばいいと思うんだけど。
でも正直、前作は大規模なだけの退屈なゾンビ映画だったので、
このままお蔵入りでも別に構わないと思ってしまいます。
前作はゾンビ映画であることを伏せて公開して大ヒットしたわけだけど、
もうみんな知ってるからゾンビ映画ファンくらいしか観ないんじゃないか?
なんか海外ドラマ『ウォーキング・デッド』が面白すぎるのか、
他のゾンビ作品にあまり面白味を感じなくなっちゃったしな。

とうことで、今日は大ヒット・ハリウッド映画の続編の感想です。

ネイバーズ2
Neighbors 2 Sorority Rising

2017年2月8日DVDリリース。
続きを読む

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行

今日の気になる映画ニュース。

サンダンス映画祭でプレミア上映され話題となった
『The Big Sick』の配給権をアマゾン・スタジオが獲得したそうです。
ロマコメらしいという情報しかなく、どんな作品だかわかりませんが、
ソニーやフォックスも入札する争奪戦だったみたいなので佳作なのでしょう。
ぜひ日本でも劇場公開してほしいですが、アマゾンが獲得したとなると、
アマゾン・プライム・ビデオでの独占配信になりそうな懸念を感じます。
劇場公開は無理でも、せめてDVDレンタルくらいしてほしいのですが…。
アカデミー賞作品賞にNetflix独占最新の『最後の追跡』が候補入りしたりと、
最近はどこも会員獲得のために話題作の囲い込みに躍起ですが、
やれアレはHulu独占だ、やれコレはU-NEXT独占だ、やれソレはdTV独占だ、
みたいなことが増えると、映画ファンとしては辛いものがあります。
個々の月額料金は出せない額ではないけど、何社も加入したら結構な出費。
見たい独占作品も各社毎に数本くらいしかないし、月額払うのも馬鹿らしく、
こうなったら各社の会員の知人を作って見せてもらうしかないですね。
今のところNetfilx会員の知人しかいませんが…。

ということで、今日はDVDレンタルで見たロマコメの感想です。

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行
Mike and Dave Need Wedding Dates

2017年1月6日DVDレンタル開始。
続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

今日の気になる映画ニュース。

『GODZILLA/ゴジラ』ともクロスオーバー(Monster Verse)が決定している
『キングコング/髑髏島の巨神』に、あのMIYAVIがカメオ出演しているそうです。
本来なら日本人の起用は喜ぶべきところですが、これは不愉快です。
MIYAVIといえば反日映画『アンブロークン』に出演した売国俳優ですよね。
いや、日本人でもなければ俳優ですらない帰化人二世ミュージシャンか。
集客力もない反日素人俳優をわざわざ起用するのは日本への当て擦りですが、
さすがは中国資本に乗っ取られたレジェンダリー・ピクチャーズ製作ですね。
楽しみだったクロスオーバーも、ゴジラを蹂躙する内容になりそうで怖いな。

そういえばキングコングは『LEGOバットマン』にも出演するみたいですね。
この作品も吹き替えに小島よしおやおかずクラブら芸人を起用したことで
かなり顰蹙を買ってるみたいで、撤回署名も集められているとか。
たぶん字幕版は公開されないので私も懸念を感じています。
どっちの映画にしてもわざわざ客離れを煽る起用してどうするんだ。

今日も映画の感想です。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
Miss Peregrines Home for Peculiar Children

2017年2月3日日本公開。
続きを読む

オープン・シーズン4/ラチェット&クランク/父を探して

第44回アニー賞で1000館以下の小規模作品から選ばれる
長編インディペンデント作品賞を『レッド・タートル』が受賞したそうです。
フランス映画ですがジブリ共同製作なので吉報として報じられていますが、
対抗馬には新海誠の『君の名は。』や原恵一の『百日紅 Miss HOKUSAI』もあり、
列記とした日本アニメ映画もあったなかでの受賞なので全然吉報じゃないです。
そもそも長編インディペンデント作品賞自体が昨年から新設された部門ですが、
やはり『ズートピア』や『ファインディング・ニモ』、『カンフーパンダ3』などの
ハリウッド・メジャー作品と争わないと何も意味がないと思うんですよね。
候補5本中2本が日本映画、1本が日仏合作なんて、どこの国の賞だと。
でも『君の名は。』もあんな駄作に負けて、こんなショボい賞を逃すようでは、
アカデミー長編アニメ賞ノミネートを逃すのも当然だな。

ということで、今日は昨年度のアニー賞長編インディペンデント作品賞を含む
3本の外国アニメ映画の感想です。(すべてDVDで鑑賞しました。)

オープン・シーズン4/ラチェット&クランク/父を探して
Open Season Scared Silly Ratchet and Clank Boy and the World

続きを読む

スノーデン

風邪ひきました。
インフルエンザではないと思うんだけど…。
とりあえず豆撒いて、恵方巻食べて邪気払い。

スノーデン
Snowden.jpg

2017年1月27日日本公開。
続きを読む

マグニフィセント・セブン

最近の気になる映画ニュース。

ソニー・ピクチャーズが買収されるかもしれないそうです。
なんでもソニー・エンタテインメントのCEOが辞職したことで新体制となり、
映画部門であるソニー・ピクチャーズを売却する可能性があると…。
私としては、これはいいことだと思いました。
ソニー・ピクチャーズは、コロムビア映画をソニーが買収して設立しましたが、
当時バブル景気だった日本企業は外国資本を買い漁っていて、
その一例がこれで、アメリカの映画ファンからのバッシングされました。
というか、今でも遺恨があるアメリカ人はけっこういると思うんですよね。
今では中国資本がレジェンダリー・ピクチャーズを買収したりだとか、
当時のソニーのような真似をしているが、やはり見苦しいと思ってしまうし…。
ただ、有力な売却先はアメリカの大手メディアCBSのですが、
同社の映画部門製作の『最後の追跡』が本年度オスカー作品賞候補になったりと、
勢いのある会社ではありますが、その『最後の追跡』はNetflix独占なので、
もしそういうスタンスだと劇場観賞派としては辛いものがあります。
でもCBSが買わなければ、また中国資本に掻っ攫われそうだし、
やっぱりソニーが手放さない方がいいかな?

ということで、今日はソニー・ピクチャーズ作品の感想です。

マグニフィセント・セブン
The Magnificent Seven

2017年1月27日日本公開。
続きを読む

FC2Ad