ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

キング・アーサー

テレビゲーム『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』の発売日が決まってました。
9月21日のようで、マーベル好きな私としては発売日に買うつもりですが、
ついにプレイステーション4を買うことになりそうです。
ゲームソフト、プレステ4、対戦格闘ゲームだからコントローラーも必要で、
このゲームやるためだけに6万円程度の出費を覚悟しなきゃいけません。
でもそれも惜しくないくらい、このゲームには期待しています。
アイアンマンなどマーベルのアメコミキャラとリュウなどカプコンのゲームキャラが
共演する格闘ゲームの第4弾になるのですが、全作傑作でしたからね。

ただ今回ちょっと気になるのは、プレイアブルキャラのチョイスです。
正直カプコンサイドのキャラはどうでもいいので置いておくとして、
マーベルサイドのキャラはビッグスリー、ドクター・ストレンジらに加え、
新キャラとしてキャプテン・マーベルやガモーラ、ブラックパンサーが参戦します。
明らかにMCUを意識した人選ですが、一方でX-MENやFFのキャラの姿がなく、
本当にMCUのキャラだけに絞られてそうな予感が…。
超人気キャラであるウルヴァリンやデッドプールが外されるなんて悲しすぎます。
気になるのはスパイダーマンの姿もまだ見えないことですが、
MCUに参戦していてもキャラの権利はまだコロムビアにあるからか?
これでは『MARVEL VS. CAPCOM』ではなく『MCU VS. CAPCOM』です。
でもまだ全キャラ発表されたわけじゃないし、続報に期待します。
もしMCUのキャラオンリーでもきっと傑作に違いないし、やはり楽しみです。

どうせプレステ4買うなら、コーエーの「無双」シリーズも買おうかな。
縦マルチの『戦国無双 真田丸』のプレステ3版を買おうとしたけど、
スペック的に厳しいという噂だったので断念したし。
シリーズで初めてオープンワールドを採用する『真・三国無双8』も凄そうだ。
夢は広がるけどプレイ時間の確保がネックだな…。
今のうちに未視聴の海外ドラマを消化しておかないと…。

今日も映画の感想です。

キング・アーサー
King Arthur Legend of the Sword
続きを読む

怪物はささやく

今日の気になる映画ニュース。

アメリカでは『ワンダーウーマン』が絶好調のDCEUですが、
ザック・スナイダー監督が『ジャスティス・リーグ』から降板するらしいです。
突然の発表で驚きましたが、私は以前からアメコミが好きすぎるオタクには
万人受けするアメコミ映画は作れないと思っていたため、
スナイダー監督にはDCEUから手を引いてほしいと思っていたので朗報です。
…と言いたいところですが、降板理由がナーバスすぎて喜べません。
なんでも3月に20歳の娘さんが自殺したんだそうで、
今の精神状態では仕事に支障が出るため身を引くのだそうです。
ワーナーは公開延期も提案したそうですが、彼は拒否し、降板を選んだそうな。
きっと待っているファンのことも考えたんじゃないかな?
『アベンジャーズ』のジョス・ウェドンが引き継ぐそうで、これ以上ない後任です。
まぁ11月公開なのですでにほとんど出来上がってるとは思いますが。
そういえばダグ・リーマン監督も『ジャスティス・リーグ・ダーク』から降板するとか。
こちらは単にスケジュールの都合らしいけど、残念だな…。

今日も映画の感想です。

怪物はささやく
A Monster Calls

2017年6月9日日本公開。
続きを読む

Mr.&Mrs.スパイ

最近の気になるエンタメニュース。

海外ドラマ『24:レガシー』がシーズン1で打ち切りになることが決まったそうです。
海外ドラマはけっこう簡単に打ち切られちゃうから怖いですよね。
私も海外ドラマをそれなりに見てきましたが、その中で打ち切られることなく
円満終了したのは『ブレイキング・バッド』だけだったかもしれません。
まぁ打ち切られる前に私の方が視聴打ち切ったドラマも多いですが。
『24:レガシー』は一世風靡した『24 -TWENTY FOUR-』の新シリーズでしたが、
主人公は旧シリーズのキーファー・サザーランド演じるジャック・バウワーから
黒人若手俳優エリック・カーター演じる新キャラにバトンタッチされましたが、
「やっぱり主人公はジャック・バウワーじゃないと」と視聴者に思われたのかも。
今、私が見ている『ワンス・アポン・ア・タイム』も来シーズンから
主演女優ジェニファー・モリソンが降板することを明らかにしており、
それを機に人気が失墜、打ち切りなんてことにならないか心配になります。
とりあえず『ワンス』を見終ったら次は新ドラマ『レギオン』を見ようかな。

今日も映画の感想です。

Mr.&Mrs.スパイ
Keeping Up with the Joneses

2017年6月21日リリース。
続きを読む

パトリオット・デイ

最近の気になる映画ニュース。

先月、韓国の巨匠ポン・ジュノ監督のNetflix作品『オクジャ』が
カンヌ映画祭のコンペ部門にノミネートされておきながら、
国内の映画館で上映されてないことを理由に選考除外されましたが、
(事実上、来年からNetflix作品はノミネートもされない。)
今度は韓国の映画館からも締め出しを受けているみたいです。
正直私はカンヌ映画祭も韓国も好きではありませんが、
このNetflix問題についてはカンヌと韓国が正しいと思います。
Netflixはストリーミング配信を何よりも優先するNetflixファーストで、
劇場公開は最悪でも配信と同時じゃないと認めないという方針。
しかしやはり映画は映画館で上映されるからこそ映画なのであって、
ネットで配信されたものは単なるネットドラマだと思うんですよね。
ネットで同時配信が普及してしまえば映画館にとっては死活問題だし、
それで映画館が潰れたら映画文化にとってもマイナスだと思うので、
映画ファンとしてはNetflix作品を映画と認めないカンヌや韓国の姿勢は
支持したいし、今後アカデミー賞や日本もそうするべきだと考えます。
でも私も近々Netflixに加入するつもりです。

今日も映画の感想です。

パトリオット・デイ
Patriots Day

2017年6月9日日本公開。
続きを読む

モンスタートラック

今日の気になる映画ニュース。

『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した
アブデラティフ・ケシシュ監督がパルムドールのトロフィーを
オークションにかけると発表したそうです。
栄誉ある世界三大映画祭の最高賞のトロフィーを売り捌くなんて驚きですが、
たしかに彼のトロフィーに限ってはそれほど栄誉はないかもしれません。
彼が受賞した第66回大会では、審査員長だったスピルバーグ御大が
本来監督にのみ贈られるパルムドールを、主演女優2人に贈りたいと言い出し、
御大には誰も逆らえず、主演女優2人と監督が受賞する異例の事態に。
その年のパルムドールが3本あるというだけでも価値は薄まるが、
この経緯から主演2人の体当たり演技に対しての受賞なのは間違いなく、
監督はお情けで受け取っただけなのは、誰の目にも明らか。
後に監督は主演2人からも撮影手法を批判され不仲が囁かれますが、
そんな憎き相手のオマケで貰ったパルムドールなんて屈辱しかないでしょう。
売却理由を「新作の資金難で仕方なく…」と言ってるみたいですが、
こんなもの、手元に置いておきたくないという気持ちもあるんじゃないかな?

そもそもパルムドール自体に価値があるかも微妙なところで、
受賞監督でも新作が満足に取れないほど資金が集まらないわけで…。
まぁパルムドール作品は、『アデル』含め面白いと思ったことがほとんどないが、
芸術性だけで集客できない作品が多いですからね。
金にならない映画、及び監督に出資してくれる人は少ないでしょう。
ひとつ言えるのはケシシュ監督は二度とカンヌからお呼びは掛からないし、
受賞させ甲斐がないので、他の映画賞からも無視されるでしょう。
スピルバーグ御大から頂いたパルムドールを蔑ろにしたら、
映画界も御大を忖度して、彼は干されてしまうかもしれませんね。
パルムドール売却した金で作った新作が誰もが認める素晴らしい作品なら
また話は違うでしょうが、彼の動向には暫く注目です。

今日も映画の感想です。

モンスタートラック
Monster Trucks

2017年6月7日リリース。
続きを読む

FC2Ad