ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

ザ・サークル

最近の気になる映画ニュース。

『怪盗グルー』シリーズのイルミネーション・エンタテインメントが
任天堂のゲーム『スーパーマリオブラザーズ』の映画化に動いているとか。
これは気になる話題ですが、あまり賛成は出来ないかな。
マリオはゲームだと面白いけど、物語として面白いかどうかは微妙なので、
映画化して面白くなるようなものではないと思うんですよね。
マリオは93年にハリウッドで実写化されたものの駄作で大コケしたことで、
任天堂は映画化に消極的だったみたいですが、それは正解でしょう。
93年の実写映画が駄作だったのも作り手が下手だったのではなく、
そもそも題材が悪いのであり、誰が作っても大コケしたと思います。
イルミネーションはアニメ化するだろうから、絵的には実写よりマシでしょうが、
やっぱりそれほど面白い物語にはならない気がします。
むしろ面白くなるくらい改変されたらそれはマリオとは言えない気もするし。
イルミネーションは力があるのでオリジナルで勝負した方がいいし、
マリオは『シュガーラッシュ』の続編とかにゲスト出演する程度が丁度いいです。

今日はそんなマリオの話題も出てくる映画の感想です。

ザ・サークル
The Circle

2017年11月10日日本公開。
続きを読む

チャイルド・プレイ/チャッキーの狂気病棟

今日の気になるアメコミ映画ニュース。

DCEUのバットマン役ベン・アフレックが同役の卒業を示唆しているとか…。
DCEUも漸く軌道に乗ったところで、その主要キャラがキャスト変更なんて、
ちょっと最悪のタイミングだと思うのですが、どういうつもりなのか。
自身が監督するはずだったバットマンのスタンドアロン映画についても、
主演に集中したいからとメガホンを他に預けたはずなのに、主演もやめるのか。
もしかして『ジャスティス・リーグ』であまり手応えが得られなかったのかな?
ワンダーウーマン役ガル・ガドットばかり注目されて面白くなかったのかも。
まぁ正直私は端からベン・アフレックを起用するのは反対でした。
DCEUは何年も続く長期シリーズにするつもりだったはずなので、
そんなベテラン俳優を起用したら、体力の限界とかギャラの高騰で、
早期降板は避けられないと思ってましたからね。
スーパーマン役のヘンリー・カヴィルくらい若手の方がよかったです。
そういう意味ではガル・ガドットもちょっと薹が立ってるかな…。
まぁアメコミヒーローはキャラ自体に人気があるので、
中の人が変わってもそれほど影響ないのも事実なのですが、
だからこそ演じ甲斐がないと思ったのかもしれませんね。

ということで、今日は約30年間もキャストが続投する映画の感想です。

チャイルド・プレイ/チャッキーの狂気病棟
Cult of Chucky

2017年11月8日レンタル開始。
続きを読む

ジグソウ/ソウ・レガシー

『スター・ウォーズ』シリーズが新たな3部作を製作するようです。
現在は旧三部作(EP4~6)、新三部作(EP1~3)に続く、
続三部作(EP7~9)の真っ最中で、続三部作の2作目が来月公開ですが、
それも終わってないのに、次の三部作の製作を発表してしまうなんて、
ちょっと気が早いというか、焦りすぎな気がします。
続三部作と並行して何本ものスピンオフも進行しているはずですが、
いくら人気シリーズでも乱発しすぎると飽きられるかもしれません。
大枚叩いてドル箱シリーズを買収したディズニーとしては
骨の髄までしゃぶり尽くすつもりなのでしょうが、逆に言えば
儲かるうちに儲けるだけ儲けて使い捨てる気満々というようにも思えて、
このシリーズをあまり大切にしていない気がします。
新たな三部作はEP1~9の物語とは切り離されるものになるらしいですが、
『スター・ウォーズ』の人気はキャラの人気とイコールだと思うので、
キャラが刷新されたら最早別物だと思うんですよね。
そんな単なるスペースオペラがヒットするとは思えず、失敗濃厚でしょう。
ディズニーは20世紀フォックスから『X-MEN』シリーズも買収したらしい、
なんて噂も流れてますが、ちょっといい加減にした方がいいと思います。

ということで、今日はシリーズ化で失敗した映画の感想です。

ジグソウ/ソウ・レガシー
Jigsaw.jpg

2017年11月10日日本公開。
続きを読む

ノクターナル・アニマルズ

今日公開の『ザ・サークル』と『ジグソウ』、どちらも楽しみな作品なので、
さっそく観に行こうかと思ったのですが、どうも明日から一週間、
TOHOシネマズがシネマイレージ・ウィーク(会員は映画1100円)らしいので、
今日は観に行くのを我慢しました。
なんだか最近TOHOシネマズが会員獲得に躍起になっている印象ですが、
来年に会員サービスが一部改定(改悪)されるみたいで、
その改定内容では会員が増えると不利益を受けるのは確実なので、
正直あまり会員獲得計画がうまくいってほしくないと思っています。
まぁシネマイレージ・ウィークは嬉しいし、その恩恵は享受させてもらうけどね。

ということで、今日は近所のTOHOシネマズでは上映してなかったので
109シネマズで鑑賞した映画の感想です。

ノクターナル・アニマルズ
Nocturnal Animals

2017年11月10日日本公開。
続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら終わり

今年の流行語大賞のノミネート30語が発表されました。
すごい微妙なラインナップで今年は流行語が不作だったのがわかります。
その中で突出していると感じたのは、やはり「忖度」ですかね。
これは本当に流行ったし、これ以外に大賞なんてあり得ない気がします。
それにしても気になるのは、ノミネート30語に映画関連がないことです。
去年は『君の名は。』と『シン・ゴジラ』があったのに今年はゼロ。
それだけ映画も不作だったということかもしれないけど、
実写版『美女と野獣』は『シン・ゴジラ』なんかより圧倒的ヒットしてたはず。
『怪盗グルーのミニオン大脱走』も同様ですね。
こんな貧弱なラインナップならこれらが入る隙は十分ありそうなのに、
洋画だから差別されてるのか、結局は主催者ユーキャンの好みの問題か。

ということで、今日は今年大流行した映画の感想です。

IT/イット “それ”が見えたら終わり
It.jpg

2017年11月3日日本公開。
続きを読む

FC2Ad