FC2ブログ

ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

マーベルコミックのアメコミ映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』が先週末に公開されましたが、その翌週末に同じくマーベルのアメコミ映画『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』が公開されました。実は先々週末に公開された『メン・イン・ブラック:インターナショナル』もマーベル系アメコミ映画で、マーベル映画が3週連続で公開されたとことになります。マーベル映画ファンとしては毎週末が待ち遠しい楽しい3週間でしたが、マーベル映画同士で客の奪い合い、潰し合いが起きないかと全作ヒットを願うファンとして心配しちゃいました。今年の上半期は異常なまでにアメコミ関連映画の公開ラッシュで、『ミスター・ガラス』『アクアマン』『スパイダーマン:スパイダーバース』『キャプテン・マーベル』『バンブルビー』『レゴ(R)ムービー2』『シャザム!』『アベンジャーズ/エンドゲーム』そして『メン・イン・ブラック:インターナショナル』『X-MEN:ダーク・フェニックス』『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』とメジャー作品だけでも11本を数えます。ここまでアメコミ映画が固まってしまったのはやはり『アベンジャーズ/エンドゲーム』を意識してのことだと思われ、その公開に伴い世間のアメコミ映画熱が最高潮になると予測し、その近辺に便乗が集中したのではないでしょうか。アメコミ映画ファンとしては楽しい楽しい半年間でしたが、一般映画ファンが食傷気味になるんじゃないかと心配しちゃいます。この調子だと今年だけでアメコミ映画何本公開されるんだ、と思われるかもしれませんが、下半期に公開予定なのは9月の『ヘルボーイ』と10月の『ジョーカー』だけみたいです。半年で2本なら普通なんだけど、この怒涛の公開ラッシュの後となるとちょっと物足りなさを覚えてしまいます。

ということで、今日は上半期ラストのアメコミ映画『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』の感想です。スパイダーマンは上半期だけで3本の映画に登場したことになります。あ、何気にニック・フューリーも3本登場してますね。

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム
Spider-Man Far From Home

2019年6月28日日本公開。
続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス

今月11日に発売された『週刊文春シネマ特別号「X-MEN」シリーズ最強ガイドブック』がマジで最強でした。『X-MEN:ダークフェニックス』公開に合わせて発売されたムック本ですが内容が濃くて面白くて素晴らしいです。『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開前にも様々なMCUガイドブックが発売されましたが、正直どれも満足できる内容ではなく、このムック本を読んで、我々アメコミ映画ファンはこういう本を待ち望んでいたんだと感心しました。永久保存版な内容なのでアメコミ映画ファン必読です。正直、文春砲でお馴染みの「週刊文春」なんて下衆な雑誌だと思ってたけど、こういう素晴らしいムック本も作ってたんですね。取材力や構成も素晴らしいけど、なんと言っても読ませる文章が凄いです。さすがは週刊誌のライター、映画雑誌や映画批評家よりもシニカルで文章力があります。MCUのガイドブックも作ってほしいです。
ちなみに今週末はMCU最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開ですが、それに合わせて明後日、映画雑誌「SCREEN」の増刊号「最強!アメコミ・ヒーローズ2019」が発売されます。アメコミ映画情報も多い「SCREEN」は毎月購読しているのでこれも楽しみです。ついでに公開当日には講談社からスパイダーマンの邦訳解説本『図解スパイダーマンストーリー』や空想科学シリーズの「マーベル空想科学読本」も発売され、これも面白そうです。

今日もアメコミ映画の感想です。

X-MEN:ダーク・フェニックス
Dark Phoenix

2019年6月21日日本公開。
続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル

現在TOHOシネマズはシネマイレージ・ウィーク・キャンペーン中です。カード会員なら毎週火曜日に映画1400円になるシネマイレージ・デイを20日(木)から24日(水)までの一週間に拡大する毎年恒例のキャンペーンですが、なんと期間中の料金も1400円ではなく1200円になります。これはお得なのでしょうが、例年は1100円だったのでお得感が薄いです。TOHOシネマズは今月から料金を値上げし、月に二日のお楽しみだったファースト・デイやTOHOシネマズ・デイまで1200円にしてしまいました。それによってTOHOシネマズで(映画の日以外で)最も安く見れるサービスは料金据え置きのauマンデイになりました。auマンデイはauスマートパス会員なら毎週月曜日が1100円になるというもので、TOHOシネマズのサービスというよりはauサイドの特典です。私はauユーザーなのでこの特典を利用していますが、これもいつ値上げされるのだろうと戦々恐々です。現在は一般料金1900円ですが、消費増税に便乗して2000円に値上げするつもりだろうな。

ということで、今日はTOHOシネマズ・デイの先週金曜日に公開された映画の感想です。もちろん公開日はスルーして翌週月曜日のauマンデイに見に行きました。

メン・イン・ブラック:インターナショナル
Men in Black International

2019年6月14日日本公開。
続きを読む

アラジン

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見て以来、最大の趣味だった映画観賞へのモチベーションが下がり続けています。私が映画に嵌ったのは10年ほど前で、ちょうど『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』が公開された頃で、私の映画ライフは『アベンジャーズ』シリーズと共にあったといっても過言ではないけど、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で(MCUは続くが)『アベンジャーズ』シリーズが完結してしまい、なんだか気が抜けてしまった感じです。今月に入ってからはまだ2本しか見てないし、映画鑑賞は一生の趣味になると思ってたのですが…。いや、今は単に「アベンジャーズ」ロス症候群で半年もすれば持ち直すのかも。

今日も映画の感想です。

アラジン
Aladdin.jpg

2019年6月7日日本公開。
続きを読む

ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ

先月は過去最低の月2本しか記事を投稿できませんでした。映画は毎週1~2本見に行っているのですが、海外ドラマやアニメを見るのに忙しくて執筆時間が作れません。というのも、新たに2つの動画配信サービスに加入しちゃったんですよね。
今まではプライムビデオにしか入ってなかったんですが、TSUTAYAの宅配レンタルを解約したことで月々約2000円浮いたので、月額800円のNetflixと月額400円のdアニメストアに加入しちゃいました。正直、動画配信はあまり好きではないのですが円盤8枚で2000円の宅配レンタルはコスパが悪すぎて、見放題の動画配信に切り替えてしまいました。まだ差額800円ほどあるので、Disney+にも加入する予定です。(いつサービス開始されるか不明ですが。)
そう考えると映画館の鑑賞料金ってコスパ最悪ですよね。にもかかわらずTOHOシネマズは今月から100円値上げです。一般料金1900円って、映画一本の料金で見放題の配信サービスにどれだけ加入できるんだ。このままだと映画館が動画配信サービスに淘汰されるんじゃないかと心配になります。

ということで、今日は約4週間ぶりの映画の感想です。1週間前に見た映画ですが、毎日少しずつ書いてやっと書きあがりました。今月は最低4本は投稿したいです。

ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ
Godzilla King of the Monsters

2019年5月31日日本公開。
続きを読む

FC2Ad