FC2ブログ

ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

MEG ザ・モンスター

TOHOシネマズのフリーパス行使中なので上映作を片っ端から見ています。私はいつも洋画ばかり見ているので、これほど邦画を見るのは久しぶり。邦画の不出来に愛想を尽かして洋画しか見なくなったけど、最近見た邦画は佳作が多い気がします。見た邦画の感想記事まで書いてる時間がないで残念です。寸評だけでも書こうかな。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は韓国映画の日本リメイクと聞いていたので期待していませんでしたが、かなり良かったです。90年代の日本のポップカルチャーがうまく落とし込まれていて、韓国映画を上手くローカライズしているなと感心しました。私も90年代が青春時代だったのでジャストミートな内容で楽しめましたが、いよいよ映画にノスタルジーを感じる世代になったのかと感慨深いです。ここまで可愛い篠原涼子を見たのはかなり久しぶりです。兵庫県民としては淡路島への偏見は違和感がありましたが…。
『累-かさね-』は魔法の口紅でキスすることで顔を入れ替えられる女の子2人の物語で、これもそこそこ面白かったのですが、長らく邦画から離れていたうちに若手俳優が疎くなってしまい、主演女優2人の顔が見分けられないのが困りました。土屋太鳳と芳根京子のW主演ですが、未だにどちらが累役だったのかわからず…。どちらも美人ですが、整った顔というのは似てしまうものです。設定としても片方だけが美女の方がいいと思うんだけど。
『泣き虫しょったんの奇跡』は棋士・瀬川晶司五段の自伝を映画化したもので、将棋ブームの昨今、タイムリーな作品です。ただ、私自身は将棋ブームに全く乗ってないので、主人公含め登場する棋士のことは誰も知らず…。でも地味目な作品なのに主演の松田龍平をはじめキャストがやたら豪華で驚きました。染谷将太、妻夫木聡、藤原竜也など主演級俳優が端役で次々出てくるんですよね。内容も面白かったけど、中盤の展開は息苦しくなるほど重く、ちょっとしんどかったです。

ということで、今日も洋画の感想です。

MEG ザ・モンスター
The Meg

2018年9月7日日本公開。
続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

TOHOシネマズのフルーパスを行使した日から、ほぼ毎日映画館に通っているのですが、一昨日は行くことが出来ませんでした。その日はたまたま仕事が休みだったので、なんなら映画ハシゴしようと思っていたのですが、例の台風21号に我が町も襲われ外出することが出来ず…。いや、そんな中でも行くつもりだったのですが、映画館が臨時休業してしまったのでどうすることも出来ず、停電してビデオすら見れない自宅で休日を浪費するしかなく…。でも報道で見る限りでは予想以上の大災害だったみたいなので、のん気に映画なんて見に行ってたら酷い目に遭ってたかもしれません。うちのアパートの屋根も一部飛ばされたみたいだし。自然災害だから仕方ないけど、関空のタンカー事故は完全に人災ですね。

今日も映画の感想です。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
Borg McEnroe

2018年8月31日日本公開。
続きを読む

アントマン&ワスプ

来年早々撮影開始予定だった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』三作目が製作中止になったそうです。発端は前二作を監督し、三作目も監督するはずだったジェームズ・ガン監督の、過去の不適切ツイートを問題視したディズニーが、先々月にガン監督を解雇。その直後からキャストやファンから彼の復帰を望む声が多数あがり、ディズニー会長はガン監督と直接会談すると発表。しかしそれはファン向けのポーズで、ディズニー側に再雇用する気なんて端からなく、結局復帰は流れて製作中止です。いやはや、懸念していたことがついに現実になってしまったと思いました。
不適切ツイートが問題視された時点でガン監督が解雇されることは予想していました。私が懸念し始めたのはもっと前で、偽善企業ディズニーがマーベル・スタジオを買収した時点で、いつかはこういう問題が起こるのではないかと思ってたんですよね。つまりディズニーは作品の出来よりも潔癖さを優先するということです。ガン監督はシリーズの脚本も兼任しており、彼じゃなければここまでの人気シリーズにはなっておらず、監督交代すれば面白くなくなるのは誰の目にも明らかですが、ディズニーはそんな功績も無視し、1作目よりもはるか昔に書かれた不適切ツイートを問題視したわけです。ツイート内容は小児性愛やレイプなどをジョークにしたもので、たしかに褒められたものではありませんが、別に彼が少女をレイプしたわけではなく単なるブラックジョークです。
ディズニーは20世紀フォックスにも買収を仕掛けていますが、それが実現すれば『X-MEN』シリーズもディズニー製作になります。当然『X-MEN』シリーズには『デッドプール』も含まれますが、こんな潔癖なディズニーが差別ネタなど不適切が売りの『デッドプール』を製作できるはずありません。そんなファンの懸念をディズニーは否定していて、これまでの路線を変えないと明言していますが、それはそれでダブルスタンダードですよね。
本来アメコミとはそんなに潔癖なものだけではないはずで、それがディズニーの手に渡ることがアメコミファンにとって如何に不利益なことか、今回の製作中止騒動で再認識させられました。

ということで、今日はディズニー/マーベル製作のアメコミ映画の感想です。

アントマン&ワスプ
Ant-Man and the Wasp

2018年8月31日日本公開。
続きを読む

マンマ・ミーア!/ヒア・ウィー・ゴー

TOHOシネマズのフリーパスで『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』を見ました。テレビドラマの劇場版ですがテレビドラマは見てません。でも無料だからいいかと思って見たけど、想像していた内容とけっこう違いました。てっきり山下智久の主演作かと思ってましたが、新垣結衣と戸田恵梨香のW主演みたいな感じですね。あと思ったよりグロいのも驚きました。特に頭に包丁が突き刺さったおばさんが出てきた時はドン引きしてしまい、話が全く入って来なくなりました。ホラー映画でグロがあるのは全く平気なのに予期せぬグロがこんなにダメージ大きいなんて…。
あと『検察側の罪人』も見ました。木村拓哉と二宮和也のW主演作ですが、例のSMAP解散騒動以降、キムタクにはいいイメージがなかったので楽しめないかなと思いましたが、この作品ではイメージ通りのダーティな役柄で違和感なく楽しめました。むしろ二宮和也の方が物足りなかったかも。もっとキムタクとバチバチにやり合うのかと思ってましたが、キムタク単独主演作といっても過言でないくらいの差があり…。まぁあのキムタクが後輩と対等な役柄を承服するはずないか。

邦画の感想はそこそこに、今日も洋画の感想です。

マンマ・ミーア!/ヒア・ウィー・ゴー
Mamma Mia! Here We Go Again

2018年8月24日日本公開。
続きを読む

オーシャンズ8

アカデミー賞に「人気映画賞」が新設されるそうで、映画関係者や映画ファンから懸念の声が上がっていますが、私もこれは賛同しかねます。一昨年度は作品賞候補中最低興収だった映画がオスカー受賞するなど、アカデミー会員の投票で決まる受賞作と一般客の好きな作品の乖離が大きくなり、授賞式の視聴率が低迷。それを打開するために一般客好みのヒット作だけを集めた部門を新設する運びになったわけですが、まるでヒット作を作品賞から除外したいみたいで違和感は否めません。それならいっそのこと作品賞も名称変更して「マイナー映画賞」にでもすればいいです。そして「人気映画賞」「マイナー作品賞」「長編アニメーション賞」の受賞作で決戦投票してその年度の作品賞オスカーを決めるのも面白いかもね。もっと単純に一般客が選ぶ「観客賞」を新設してもいいかもしれませんね。

ということで、今日はファッション界のアカデミー賞とも称させるメットガラが舞台の映画の感想です。オスカー女優も3人出演しています。

オーシャンズ8
Oceans Eight

2018年8月10日日本公開。
続きを読む

FC2Ad