ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

アンダーワールド/ブラッド・ウォーズ

今日の気になる映画ニュース。

『ターミネーター:新起動』の続編2本の製作が打ち切られたそうです。
一昨年に三部作としてリブートしたところだったのに残念です。
『ターミネーター』の生みの親ジェームズ・キャメロンから称賛されるも
批評家から酷評されたため、続編の意欲を失ったそうですが、
結局『ターミネーター4』よりも成績が悪かったのが響いたのかな。
リブート失敗したら再リブートされるのは難しくなるだろうに、
こんなことならリブートなんかしないで『T4』の続編作ればよかったのに。

今日も映画の感想です。

アンダーワールド/ブラッド・ウォーズ
Underworld Blood Wars

2017年1月7日日本公開。
続きを読む

SING シング

先日『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』を
なりゆきで鑑賞しましたが、久々の実写邦画だったけど、わりとよかったです。
副題で壮絶にネタバレしていなければ更によかった気もしますが、
その副題に興味をそそられて観たのも事実なので難しいところです。
ただ「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃった」のは事実でしょうが、
「ホントの話」と言うには脚色されすぎているような気もしますね。
おそらく全米制覇という結果以外は全てフィクションじゃないかな?
女子高生のチアダンスもそれほど素晴らしかったとも思えなかったし、
これで全米制覇できるとしたら、かなりレベルが低い大会なんですね。
アメリカはチアリーディングの本場だからチアダンスはマイナー競技なのかも?
以上、邦画のプチ感想でした。

ということで、今日も洋画の長文感想です。

SING シング
Sing.jpg

2017年3月17日日本公開。
続きを読む

ブルックリン/ワタシが私を見つけるまで/ベン・ハー

今日の気になる映画ニュース。

米脚本家組合が再びストライキするかもしれないらしい。
2007年のストの時には、映画の製作延期やドラマの撮影中止などが頻発し、
ゴールデングローブ賞の授賞式も中止になったり、
映画会社の従業員が大量解雇されたりと大変な事態になりました。
授賞式の中止や従業員の解雇なんかは正直他人事だけど、
好きな映画が延期になったり、好きなドラマが打ち切られるのは困るので、
ストはなんとか回避してほしいと思います。

なんでも配信サービスなどの配分増を求めているらしいですが、
私も映画の面白さを最も左右するのは脚本だと思うし、
脚本家は監督以上に重要だと思うので、十分な報酬は払うべきでしょう。
逆に俳優はちょっと貰いすぎな気がするので、そこから回せばいいです。
ただ契約更改の3年ごとにストをチラつかせられると
映画の公開を楽しみにしている客が迷惑するし、
映画産業の衰退にも繋がりかねないのでほどほどにした方がいいけど。
まぁ映画は企画のストックがあるから、ドラマほど影響はないらしいけど。

今日はビデオ鑑賞した映画3本の感想です。

ブルックリン/ワタシが私を見つけるまで/ベン・ハー
Brooklyn.jpg How to Be Single Ben-Hur.jpg
続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

今日の気になる映画ニュース。

2024年の夏季五輪の招致を目指すロサンゼルス五輪招致委員会が
ユニバーサル、ディズニー、20世紀フォックス、ワーナーの
ハリウッド・メジャー4社のバックアップを得たと発表したそうです。
もし招致が決まれば、開会式や閉会式に大人気ハリウッド俳優や
大人気ハリウッド・キャラクターが大量に登場したりするのかも。
ロンドン五輪でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドが登場したけど
それの何十倍も豪華な演出になりそうで、凄いことになりそうな予感です。
パリとの一騎打ちになるらしいが、これは大きなアドバンテージでしょう。

私もロサンゼルス五輪、いや、ハリウッド五輪は是非観てみたいですが、
これが本当に決まると、2020年の東京五輪の世界的注目度が下りそうで…。
ちょうど東京五輪への期待が高すぎるあまり、日本でリオ五輪が
あまり話題にならなかったような状況が世界的に起こりそうな気がします。
日本もリオ閉会式の引き継ぎ式でマリオとか日本のキャラを大量投入して、
世界中の注目を集めることに成功しましたが、
ハリウッドのコンテンツ力は日本の比ではないですからね…。
アベンジャーズとX-MENとジャスティス・リーグとか、
ミッキーマウスとミニオンとか、スタジオを越えた共演が実現しそう。
映画ファンとして、いつかハリウッド五輪は実現してほしいと思いますが、
東京五輪が霞むと残念なので、とりあえず2024年はパリ五輪がいいかな…。

今日も映画の感想です。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
Demolition.jpg

2017年2月18日日本公開。
続きを読む

モアナと伝説の海

1966年から続いくテレ朝の映画枠『日曜洋画劇場』が終了したそうな。
2013年から不定期放送になったので、近々こうなるとは思っていたが、
日本人の洋画離れを象徴する出来事のようで、
洋画ファンとしては残念というか、危機感を覚えてしまいます。
まぁ洋画ファンはビデオレンタルやNetflixを利用すればいいだけですが、
無料で気軽に洋画を見られる機会が減り新規ファン獲得が難しくなったかも。
まぁ最近の『日曜洋画劇場』は邦画ばかり放送している印象だったので、
終了するまでもなく有名無実化してましたけどね。
『金曜洋画劇場』としての最後の放送も『相棒』の劇場版になりそうだし、
どうせ今後もテレ朝製作の邦画はこの枠で流すでしょう。

一方、フジテレビの一応映画枠『土曜プレミアム』では
『アナと雪の女王』を地上波初放送し、平均19.7%の高視聴率を記録しました。
本編はノーカットだったけど、エンディングで番宣まがいの演出をしたため、
かなり叩かれているみたいで、せっかくの高視聴率も喜べない状況です。
結局、日本のテレビ局風情に取り扱うのは荷が重いのでしょう。

今日も映画の感想です。

モアナと伝説の海
Moana.jpg

2017年3月10日日本公開。
続きを読む

FC2Ad