FC2ブログ

ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

キャプテン・マーベル

今月からBS局の「Dlife」でマーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』のシーズン5の放送がスタートしました。昨年5月までアメリカで放送されていましたが、早くも日本で無料放送されるなんて意外です。Dlifeはディズニーの子会社が運営するチャンネルなので、ディズニー傘下マーベルのテレビドラマやテレビアニメをいち早く放送してくれるわけですが、昨年末あたりからかディズニー映画が全く放送されなくなった気がします。やはりこれもディズニー独自の有料配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」がスタートすることに関係があるのでしょうか。
ディズニーはNetflixとも昨年末に提携終了しており、自社作品をDisney+に集約させる目論見なのは間違いないでしょう。マーベル作品は見たいけどNetflixが嫌いだった私としては有難いことで、是非Disney+には加入しようと思っていました。ところがDisney+スタート目前にも関わらず、ディズニーは今月からNTTドコモと提携した日本向け動画配信サービス「DisneyDELUXE」をスタートさせるみたいです。そこに自社コンテンツを提供するらしいのですが、ということは日本ではDisney+を展開させないということでしょうね。DisneyDELUXEで『アベンジャーズ』のスピンオフドラマであるロキやスカーレット・ウィッチなどのDisney+制作オリジナルドラマがちゃんと配信されるのか、マーベル映画ファンとしてはとても不安です。(オリジナル作品なしで月額756円は高いです。)あとauユーザーとしてはdアカウントを取得するのも抵抗があるので、DisneyDELUXEが失敗して日本でもDisney+を展開するようになることを願います。

ということで、今日は『エージェント・オブ・シールド』の主人公コールソンも登場するマーベル映画の感想です。ちなみにマーベル・シネマティック・ユニバース作品として初めてNetflixで視聴できない作品だそうです。

キャプテン・マーベル
Captain Marvel

2019年3月15日日本公開。
続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース

通販で予約購入した『アベンジャーズ』シリーズことマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の10周年記念オフィシャルガイドブック『マーベル・シネマティック・ユニバース 10th anniversary_公式コレクターズエディション』が先ほど届きました。もっと前に届くと思っていたのですが、どうも発売日が延びたみたい。まだ熟読は出来ていませんが、値段(2160円)のわりには微妙な内容かな。先月購入したMCUの公式ファンブック(1490円)に毛が生えた程度です。
「『アイアンマン』から『キャプテン・マーベル』まで~MCU作品の全てがここに。」というキャッチコピーですが、公開前の『キャプテン・マーベル』の記事が薄いのは仕方ないけど、MCU16作目『スパイダーマン:ホームカミング』がまるで無かったかのように取り扱われてないのが残念でした。『スパイダーマン:ホームカミング』はソニー/コロムビア製作なので、ディズニーの息のかかった公式ブックに掲載されないのはある程度予想していたこととはいえ残念です。パラマウントやユニバーサル時代(第一フェーズ)の作品はちゃんと取り扱われているだけに、この1作だけが抜け落ちている違和感が強まります。(公式ファンブックの方も同様です。)
ヒーロー大集合なデザインの表紙で、アベンジャーズやガーディアン・オブ・ギャラクシーはもちろん、オコエ、ナキア、ヴァルキリー、ウォンまでいるのに、スパイダーマンの姿だけはないんですよね。こんな露骨な仲間外れをヒーロー作品がしていいのかと憤ってしまいます。
今月末には更に高価(通常版2700円)な公式辞典『マーベル映画のすべて』が発売されるので買う予定ですが、やはり公式本なので『スパイダーマン:ホームカミング』の掲載は期待薄かな。それで「マーベル映画のすべて」を名乗るなんてチャンチャラおかしいですが、そもそもマーベル映画なはずの『X-MEN』シリーズなども無視されてるしな。別にMCU作品のみの取り扱いでも構わないけど、それならそれで『エージェント・オブ・シールド』や『ディフェンダーズ』シリーズなどのMCUスピンオフドラマも網羅してほしいです。でもそういうのは公式だと逆に難しいのかもしれないですね。『映画秘宝』が別冊ムックで出してくれないかな。

ということで、今日は仲間外れにされたスパイダーマンの映画の感想です。

スパイダーマン:スパイダーバース
Spider-Man Into the Spider-Verse

2019年3月8日日本公開。
続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記

『ドラえもん』『スパイダーマン/スパイダーバース』『おそ松さん』『プリキュア』『LEGO(R)ムービー2』『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』などなど、3月4月は春休み、GWに向けてアニメ映画の公開ラッシュになります。私もアニメ映画は好きなのでいくつか観に行く予定なのですが、例年同日公開だった『名探偵コナン』と『クレヨンしんちゃん』が今年は一週違いの封切りになるみたいです。『クレヨンしんちゃん』がいつもより一週遅らせた感じですが何故でしょうね。近年なかなか好調な興収の『クレヨンしんちゃん』ですが、前作が90億円越えの好調すぎるバケモノ映画『名探偵コナン』との直接対決は厳しいと漸く気付いたのかな。しかしそれなら遅らせるよりも前倒しにした方がいいと思うんだけど。『ドラえもん』との間隔をなるべく取りたいのはわかるけど、ただでさえ主演声優交代一発目の劇場版で踏ん張り時なのに、『名探偵コナン』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』という洋邦のバケモノ映画に挟まれるスケジュールになり、かなり苦戦しそうな気がします。

映画ドラえもん のび太の月面探査記
ドラえもん2019

2019年3月1日公開。
続きを読む

アリータ/バトル・エンジェル

現地時間の24日、第91回アカデミー賞の授賞式が行われたようです。ハリウッド映画好きな私も例年はとても注目しているのですが、本年度はNetflix独占配信動画『ROMA/ローマ』がオスカー作品賞大本命だったこともあり、Netflixにも加入してなければネット動画を映画とは認めていない私は完全に関心を失ってしまっていました。しかし結果は真っ当な劇場公開映画である『グリーンブック』がオスカーを受賞。下馬評や前哨戦の結果から『ROMA/ローマ』の受賞は揺るぎないと思っていたので意外な結果でしたが、やはりアカデミー会員の中でもネット動画を映画扱いすることに抵抗を感じる人が多かったのではないかと思われます。アンチNetflixの私としては痛快な結果でしたが、監督賞や外国語映画賞などのオスカーを奪われてしまったのは残念。ネット動画ごときに映画の市民権を与えてしまったようなもので、今後も偽映画がアカデミー賞に絡んでくる機会が増えそうです。ネット動画はネット動画専門の賞とか、百歩譲ってエミー賞(テレビドラマの賞)で競うべきです。
それにしても本年度作品賞オスカーの『グリーンブック』は今週末日本公開で、話題性抜群の最高の公開タイミングですが、さすがはギャガ、受賞すると確信しての公開スケジュールだったのでしょうね。今週末は『移動都市/モータル・エンジン』観に行く予定でしたが旬な『グリーンブック』に変更しよう。(いや、混雑するだろうから週末はあえて避けるべきか。)

アリータ/バトルエンジェル
Alita Battle Angel

2019年2月22日日本公開。
続きを読む

劇場版シティーハンター/新宿プライベート・アイズ

今日はバレンタインデーだったみたいですね。今日は有給休暇を取ってずっと家にいたため、義理チョコすら貰えませんでした。今年は恋人もいないし、ゼロ個でフィニッシュかな。ホワイトデーが楽になってよかった。…という負け惜しみ。

ずっと家にいたというのは嘘で、毎月14日のお楽しみ「TOHOシネマズ・デイ」に行ってきました。先週末公開の『劇場版シティー・ハンター』を観たのですが、通常1800円のところ「TOHOシネマズ・デイ」だから1100円で鑑賞できたのですが、どうやら来週月曜日だとauスマートパスプレミアム会員は900円で鑑賞できるキャンペーンがあったみたい。鑑賞前に気付いていれば月曜日まで待ったのに失敗したな。

劇場版シティーハンター/新宿プライベート・アイズ
シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

2019年2月8日公開。
続きを読む

FC2Ad