ブログデンティティー

blog-dentity since 2013

素晴らしきかな、人生

昨日の気になる映画ニュース。

ジブリのアニメ映画『レッドタートル ある島の物語』が
第89回アカデミー賞の長編アニメ部門にノミネートされており、
日本では作品賞以上に大きく報じられていますが、
日本を見限ったジブリのフレンチ・アニメが受賞したところで日本は関係ないし、
そもそも私が観た限り、あの程度では受賞する可能性は極めて低いです。
大本命の『ズートピア』も私としては微妙でしたが…。

それはそうと、先日LAで行われたアカデミー長編アニメ賞のイベントで、
『レッドタートル』を引っ提げて登壇したジブリの鈴木Pが、
宮崎駿が長編アニメに着手していることを発表しました。
どうせ復帰するとは思っていたが、引退表明した『風立ちぬ』からまだ4年、
彼の引退を理由にジブリの制作部門を畳んでからまだ2年半しか経っておらず、
復帰するには早すぎるし、特にジブリをリストラされた人たちが気の毒です。
そのリストラされた人たちが集まって立ち上げたスタジオポノックの
処女作『メアリと魔女の花』が今年7月に公開されるというのに、
応援どころかそんな話題を掻っ攫うような発表するなんて酷いです。
宮崎駿は負けず嫌いだから、元弟子の作品でも応援する気はないだろうな。
鈴木Pは「企画は昨年7月から」と妙に強調しているが、これもおそらく嘘で、
昨年8月の『君の名は。』への対抗心で着手したことを悟られたくないのだろう。
ジブリが消えたことで、ジブリ以外のアニメ映画にも手を出す客が増え、
ポスト宮崎駿争いで若手監督が群雄割拠し始めたところなのに、
宮崎駿の早すぎる復帰は日本アニメ映画界にとって如何なものか。
しかし御年76、昨年夏から着手したとして、復帰作が拝めるだろうか。

今日も映画の感想です。

素晴らしきかな、人生
Collateral Beauty

2017年2月25日日本公開。
続きを読む

マリアンヌ

今日の気になる映画ニュース。

つい一昨日、アメコミ映画「DCEU」シリーズ『ザ・バットマン』の監督要請を
マット・リーブス監督が固辞したというニュースが報じられました。
ワーナーは早く撮影開始したかったのですが、
リーブス監督は『猿の惑星:大戦記』のポスプロで忙しいと交渉決裂。
楽しみにしてたのに、これでまた公開日が延びるな、と思ったのも束の間、
今日になって一転、交渉成立したとの報が。
本来ならホッとするところですが、ゴタゴタの末の急転直下な成立で、
なにか釈然としないものを感じてしまいます。
一度は固辞したわけで、監督にとって『ザ・バットマン』の優先順位は高くないし、
固辞した理由である『猿の惑星』のポスプロが急に終わったとも考えにくく、
ポスプロがやっつけ仕事になったのではないかという疑念が湧きます。
(私は『猿の惑星』のことも楽しみにいているので。)
すんなり決まっていたら何の不満もなかったのですが…。

…いや、私は当初の予定通りベン・アフレックが監督するべきと思うので、
他の誰が監督になってもちょっと不満はあったかもしれません。
アフレックは主演、脚本、製作するんだから、ついでに監督もするべきです。
表向きは「演技に集中したい」という理由で監督を辞退しましたが、
監督と主演をした『アルゴ』はオスカーも受賞したし、彼なら両立出来るはず。
監督だけ他人に振るなんて、失敗した時の責任逃れに思えてしまいます。
まぁDCEUシリーズの既発3本は全て低評価なため、
予防線張りたい気持ちもわからないではないですが…。
とりあえずDCEUはザック・スナイダーを外さないとダメだと思うなあ。
オタクすぎる彼が関わると一般ウケしにくい作品になってしまうので。

ということで、今日も映画の感想です。

マリアンヌ
Allied.jpg

2017年2月10日日本公開。
続きを読む

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突

今日の気になるニュース。

昨日、NASAが39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する
七つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
そのうち三つか四つはハビタブル惑星だそうです。
ハビタブル惑星とは生命居住可能領域「ハビタブルゾーン」に存在する惑星で、
地球と似た条件なため地球外生命体がいる可能性があるそうです。
ハビタブル惑星は今までも発見されているが、一気に複数発見は異例で、
発見された数だけ地球外生命体の存在する可能性も増えるわけです。
とても夢のある話ですが、ちょっと遠すぎる惑星の話で、
我々が生きているうちに生命体の有無が確認されることはなさそうです。
結論を知ることが出来ない可能性を提示されるのはある意味生殺しで、
モヤモヤするのでその可能性を知りたくなかったような気も…。
こういうネタからインスパイアされて製作されるSF映画もありそうです。

ということで、今日は宇宙がテーマの映画の感想です。

アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突
Ice Age Collision Course

2017年3月3日ビデオリリース
続きを読む

ナイスガイズ!

今週末に日本公開となる『ラ・ラ・ランド』ですが、
もはやオスカー受賞を疑う余地のない状況になっています。
アカデミー賞史上最多ノミネートはもちろんのこと、
トロント映画祭、NY映画批評家協会賞、ワシントンDC映画批評家協会賞、
ボストン映画批評家協会賞、放送映画批評家協会賞、ゴールデングローブ賞、
ロンドン映画批評家協会賞、全米プロデューサー協会賞、英国アカデミー賞、
サテライト賞と、主だった前哨戦をほぼ総なめにしています。
面白くないほどの圧勝になりそうですが、アカデミー会員は天邪鬼が多く、
圧倒的前評判で絶対的大本命だった『アバター』を蹴ったこともあったので、
前評判が良すぎるというのも不利に働くかもしれませんね。
唯一の対抗馬はLA映画批評家協会賞や全米映画批評家協会賞、
全米脚本家組合省やゴールデングローブ賞を受賞した『ムーンライト』か。
黒人映画でゲイ映画という、知識人気取りが好きそうな内容だし、
万が一はあり得るけど、やはり万が九千九百九十九は『ラ・ラ・ランド』かな。
オスカー受賞作品なのでオスカー受賞前に観に行きましょう。

ということで、今日は『ラ・ラ・ランド』の主演俳優の主演作の感想です。

ナイスガイズ!
The Nice Guys

2017年2月18日日本公開。
続きを読む

ジョイ

昨日の気になる映画ニュース。

現地時間の一昨日、第67回ベルリン国際映画祭コンペ部門の結果が発表され、
金熊賞をハンガリー映画『On Body and Soul(英題)』が受賞したそうです。
当然まだ観てませんが、畜殺場舞台の奇妙なロマンス映画らしく面白そうかも。
日本からはSABU監督の『ミスター・ロン』が出品されていたが受賞を逃しました。
日本を舞台にした料理上手な台湾人殺し屋の物語らしくて、
ある意味面白そうですが、社会派が多いベルリン映画祭では場違いで、
端から受賞はありえないと確信できてしまいました。
どういう基準でコンペ部門出品作が決まるのか知らないけど、
金熊賞を狙えそうな社会派な日本映画を送り込めないものかな?
ここ暫く、日本映画は三大映画祭のグランプリから遠のいてますよね。
日本では日本映画の昨年の興収が、前年比123.5%と絶好調ですが、
それを牽引した『君の名は。』と『シン・ゴジラ』も海外では見向きされず、
日本映画が内向きになっているのが浮き彫りになっています。
ハンガリー映画は二年前に『サウルの息子』でパルムドールも獲ってるし、
数年前は『ニーチェの馬』も銀熊賞だったし、勢いがあって羨ましいです。

今日も映画の感想です。

ジョイ
Joy.jpg

2016年2月22日ビデオリリース。
続きを読む